H1cbkrrg4zz6vsd42arz

北海道

CATEGORY | 北海道

帯広氷まつり【2019年】どうやって行く?日程&アクセスの詳細情報

2019.01.10

北海道帯広市で開催される「帯広氷まつり」は冬の人気イベントとして多くの観光客で賑わいます。2019年の日程と会場やアクセス、駐車場の情報を含めて「帯広氷まつり」で実施される各種イベントを紹介します。十勝グルメも楽しめる氷の祭典のご案内です。

目次

  1. 帯広氷まつりとは
  2. 帯広氷まつりの日程
  3. 帯広氷まつりの会場とアクセス
  4. 帯広氷まつりのイベント
  5. まとめ
Vszcdfelpuinyk3s2t9v
引用: https://www.instagram.com/p/BesLZerjJ9j/

冬の北海道で開催される数々のイベントのうち、十勝地方の帯広で実施されるのが「北国の冬にぬくもりとよろこびを」をコンセプトに開催される「帯広氷まつり」です。2019年で56回目を迎える歴史ある行事として定着しており、厳しい寒さの中にも、心あたたまる数々のイベントでのおもてなしで、十勝の冬の生活を楽しんでもらおうというお祭りです。

Wfj2xnmgleh2fgmkaxo5
引用: https://www.instagram.com/p/BBpaxelsqIP/

2019年の「帯広氷まつり」は、2月1日~2月3日の週末3日間の日程で開催され、時間は10時から20時までの実施となり、最終日は18時で終了します。メインの緑ヶ丘会場をはじめ4つの会場で、氷や雪の造形物の展示、花火の打ち上げなど各種イベントが実施される他、観光客に人気の地元十勝グルメを楽しめるコーナーもあります。2018年には18万人の人出で賑わいましたが、2019年もそれ以上の来場が予想されます。

Kdzjdp3vjk0epleaupwj
引用: https://www.instagram.com/p/BQIhA_-hW0X/

「帯広氷まつり」のメイン会場となるのが、JR帯広駅の南西にある緑ヶ丘公園一帯に広がる、緑ヶ丘会場です。キャラクターなどの氷雪像が展示される他、プロジェクションマッピングなどが楽しめ、氷で作られたすべり台は子供たちに大人気です。氷まつりに雪像というのは、札幌雪まつりにも氷像ができるのと同じことかもしれません。両方とも冬のイベントには欠かせない存在です。この緑ヶ丘会場では飲食コーナーも設置されるので、暖かい食べ物や飲み物をゲットしましょう。

Oysh1oxebcfdje6oba47
引用: https://www.instagram.com/p/BQDDCi5DKpB/

JR帯広駅の北にある広小路アーケード街周辺が、広小路会場になります。氷像が展示されるのがこの会場で、北海道氷彫刻展の会場も兼ねています。数多くの氷像と夜にライトアップされた氷の道がとても美しい会場になります。そして、この広小路会場の南側、帯広駅近くにある北多目的広場が、夢の北広場会場となります。こちらは大きなテントが張られて、ここでも十勝グルメを楽しむことができる他、カーリングが体験できるイベントもあります。

M5ivfae3dzj5zvzwgyh4
引用: https://www.instagram.com/p/BQKJE-jhJjJ/

そしてもう一つ、JR帯広駅の西方にある帯広競馬場が、ばんえい十勝会場になります。ばんば馬車の乗車体験ができる他、すべり台も設置されます。このばんえい十勝会場が「帯広氷まつり」の臨時無料駐車場を兼ねており、車の方はこの駐車場を利用するのがおすすめです。道東自動車道の音更帯広ICからは車で約20分になります。このばんえい十勝会場から4つの会場を巡回するシャトルバスが例年運行されるので、これを利用するのが一番便利です。なお、夢の北広場会場と広小路会場ばJR帯広駅から北へすぐですが、ばんえい十勝会場とメインの緑ヶ丘会場まではJR帯広駅から約2kmになり、JR帯広駅南口から出るシャトルバスの利用が便利です。

1 / 2