Tmop2vitxr8dwi6jv8ni

ウルグアイ

CATEGORY | カテゴリー

ウルグアイの治安は?旅行前のチェック!【2018年度版】~どんな国?~

2019.01.10

南アメリカ南東部に位置し、共和制国家として知られるウルグアイは、治安も安定していて、サッカーでも有名な観光地です。ウルグアイで安全に旅行を楽しむために、旅行する時に知っておきたい治安問題や、服装、悪い犯罪に巻き込まれない方法についてご紹介します。

目次

  1. ウルグアイの治安で悪い問題をチェック!ふさわしい服装もご紹介【2018年度版】①人気の観光地
  2. ウルグアイの治安で悪い問題をチェック!ふさわしい服装もご紹介【2018年度版】②夜間の移動
  3. ウルグアイの治安で悪い問題をチェック!ふさわしい服装もご紹介【2018年度版】③短時間誘拐に気を付けよう
  4. ウルグアイの治安から身を守る秘訣
  5. まとめ
Aaamwxgsmekpur1pdg5m
引用: https://www.instagram.com/p/BsOfGyjnikT/

美しい建築物やビーチを見ることが出来るウルグアイの首都モンテビデオでは、人気の観光スポットが沢山あります。美しい海を眺められるポシートスビーチや、マトリス教会、タランコ宮殿など、見どころ満載の観光スポットを楽しむことが出来るでしょう。平和な雰囲気のモンテビデオですが、実は、スリや、強盗犯罪が起こっています。観光地では、知らない人が親し気に話しかけてきたり、近づいてきたりしないか気を付けましょう。特に、日本人観光客は、狙われやすく、カメラや、バックなどのスリ・強盗にあってしまうことがあります。観光地でも、人通りが少ないビーチの道では、車の中から犯罪者が出てきて、あっという間に、大切な現金や、所持品を取られて逃げてしまうこともあります。観光客と分かるような服装は避けて、周囲に気を付けて、観光を楽しみましょう。

Bide1ubsnvyajbzok043
引用: https://www.instagram.com/p/BrjTxh5g4JH/
Qsrlpml2pbl71mks1fpu
引用: https://www.instagram.com/p/BqiTHfdBiWX/

ウルグアイで、住宅の行き来や、レストラン、ショッピング等で夜間に移動しなければならない時は、歩いたり、電車やバスで移動することは避けて、極力タクシーを使うようにしましょう。夕方から夜にかけて人気の観光スポットに行きたい場合も、タクシーで行き帰りをおすすめします。観光スポットでは、警官がパトロールをしていますが、部分的な場所だけになります。人通りの少ない場所では強盗やスリの被害にあう可能性がありますので、貴重品は服装の下に隠しておきましょう。

Vorem15el3na66tfwhgv
引用: https://www.instagram.com/p/Bru1NlRBJZD/
Xcskcs6wgywrr2vjqeyi
引用: https://www.instagram.com/p/BsJOlcygIw9/

年間数件ですが、短時間の誘拐の被害も報告されています。一時的に拘束して、ATMで現金を引き出させたあと、解放するという犯罪に巻き込まれる被害があります。悪い問題に巻き込まれないように、犯罪者に狙われないように、治安の悪い雰囲気の場所や、周囲に注意をして高価で華美な服装は避けましょう。

Qrebroxjk5xeip0sejq2
引用: https://www.instagram.com/p/BsLCyBZBqSy/
Ixzxiuzfixnaelzgnjrn
引用: https://www.instagram.com/p/Bq92YvlliL2/

治安が悪いとされる中南米の中でも、比較的治安が良いとされるウルグアイ。首都のモンテビデオは、緑が多く、綺麗な街並みで、しっかりとした国です。一見、治安が悪いようには思えない都会的な雰囲気ですが、日本人への軽犯罪は続いており、旅行の際は、しっかりと自分の身を守るように、常に注意をしておくことが必要でしょう。現金を大量に失わないように、プリペイドキャッシュカードを持ち歩くことをおすすめします。さらに、ウルグアイで犯罪に巻き込まれないために、スマホやインターネットから最新の治安情報を常に入手できるようにしておくと良いでしょう。言葉が通じにくい時は、翻訳ソフトも活躍します。訪れる場所に対する口コミも参考にしましょう。人通りの少ない道、雰囲気が悪い景観、ゴミが散らかっている場所、ホームレスが多くいる所などは、犯罪に巻き込まれるかもしれませんので、一人で歩くことは避けて、人通りの多い道を選んで歩くようにしましょう。カメラはすぐにしまって、見せびらかさないように気を付けましょう。服装は華美にせずに、動きやすい恰好にして、現金、貴重品の場所が見た目に分からないように、分散してしまっておきましょう。カバンは簡単に開けられたり、手を入れることが出来ないチャック式にして、食事時も体から離さず、体にしっかりと密着させて行動をするようにしましょう。

1 / 2