Ojak6erabzid6rqnmsrg

北海道

CATEGORY | カテゴリー

旭川冬まつり【2019年】気になる今年のゲストは?アクセス情報も!

2019.01.11

北海道を代表する冬のイベント「旭川冬まつり」。今回は、2019年「旭川冬まつり」の日程や会場、シャトルバスを含めたアクセス方法、さらに各種イベント情報を紹介します。メイン会場の注目、大雪像のデザインやステージイベントのゲスト情報も取りあげています。

目次

  1. 旭川冬まつりとは
  2. 旭川冬まつりの歴史
  3. 旭川冬まつりの日程
  4. 旭川冬まつりの会場
  5. 旭川へのアクセス
  6. 旭川冬まつり会場へのシャトルバス
  7. 旭川冬まつり:大雪像
  8. 旭川冬まつり:アクティビティイベント
  9. 旭川冬まつり:特設ステージとゲスト
  10. 旭川冬まつり:花火打ち上げ
  11. まとめ
Wnrommpcysyxs7myddse
引用: https://www.instagram.com/p/BQW8Om7Aa8f/

北海道旭川市で、毎年2月上旬に開催される冬のイベントが「旭川冬まつり」です。旭川は日本の中でも、冬に最も冷え込む厳寒の地の一つにあげられますが、その厳しい寒さ本番の2月の開催ということで、雪や氷にあかりを加え、雪と寒さを積極的に楽しむイベントとして定着し、100万人もの観光客が訪れる人気になっています。

Bddn0t2lpjn4ttvhd3cq
引用: https://www.instagram.com/p/BfF1bMAgCUG/

1960年に第1回の「旭川冬まつり」が開催され、2019年でちょうど60回を迎えます。その間、北海道を代表する冬のイベントとして発展してきています。全国的に知名度も上がり、2006年には観客動員が80万人を超え、大雪像や花火など多彩なプログラムが人気の現在では、毎年100万人近くが訪れるようになっています。この数字は北海道では、札幌雪まつりに次ぐ大規模なものになります。

D4g3kekaem5dlarlmngs
引用: https://www.instagram.com/p/Brd4LblHQ2a/

2019年の第60回「旭川冬まつり」は2月6日から2月11日までの6日間の日程で開催されることになっています。メイン会場の旭橋河畔会場を中心に毎日9:00から21:00まで(最終日は20:00まで)の時間帯で実施されますが、旭川が誇る旭山動物園も会場の一つになり、期間中は一層賑わいを増します。2月6日初日の正午からは、メイン会場のステージイベントとしてオープニングセレモニーが行われます。

Ktsivuejvt7y2qxqreex
引用: https://www.instagram.com/p/BQM3Av9lggq/

2019年「旭川冬まつり」の会場は、JR旭川駅の北方、石狩川の河畔に位置する旭橋河畔会場がメイン会場となっっています。また、旭川駅から北へ伸びるが平和通買物公園会場になり、旭山動物園も期間中は雪あかりの動物園として、まつりの一端を担います。さらに旭川の街では、到るところにライトアップが施される雪あかりのイベントも実施されています。

旭橋河畔会場

Dye0ad6pccfutkdknqo1
引用: https://www.instagram.com/p/BfFub61gIMU/

「旭川冬まつり」のメイン会場となる旭橋河畔会場では、まつりのメインとなる大雪像の展示が行われます。その迫力のある大きさに圧倒されると同時に、芸術的にも見事な表現に感動します。大雪像以外にも多くの雪像が登場します。

Pi7p9pfql2iystrhggfl
引用: https://www.instagram.com/p/BLvPzIeFiFj/

さらに、旭橋河畔会場では冬のワンダーランドと称して、まさに冬ならではの数々のアクティビティイベントが実施され、特に雪のすべり台や雪の巨大迷路は無料で利用でき、子どもたちに大人気です。また、地元を中心にしたお店約30店が出店する冬マルシェでは、ご当地グルメのしょうゆ焼きそばなどを楽しめますので、温かい食べ物や飲み物で暖を取りましょう。

1 / 4