Ux37sxkx7tniqud02jeo

秋田

CATEGORY | 秋田

秋田・横手の雪まつり2019年で体験!「横手かまくら」日程やアクセス情報

2019.01.12

秋田県横手市の「横手の雪まつり」の一環として開催される「横手かまくら」は冬のイベントとして高い人気があります。古い歴史のある横手のかまくら、その伝統を伝えるのがこの「横手かまくら」です。2019年の日程や会場、アクセス方法などについて詳しく紹介します。

  1. 横手の雪まつりとは
  2. 横手かまくらの歴史
  3. 横手かまくらの日程
  4. 横手へのアクセス
  5. 横手かまくらの駐車場
  6. 横手かまくらの会場とアクセス:横手市役所本庁舎前道路公園
  7. 横手かまくらの会場とアクセス:羽黒町武家屋敷通り
  8. 横手かまくらの会場とアクセス:二葉町かまくら通り
  9. 横手かまくらの会場とアクセス:横手公園
  10. 横手かまくらのイベント
  11. 横手の雪まつり ぼんでん
  12. まとめ
Qzpap0rkjnlf3mdillln
引用: https://www.instagram.com/p/BfegynQAwMf/
雪の多いことで知られる秋田県南部の横手市で、毎年2月に開催される冬の人気行事が「横手の雪まつり」です。雪が多い地方ならではのおまつりで、期間中には数々のイベントが実施されますが、特に市内各所で約100基も作られる「かまくら」がこのまつりのメインになっています。かまくらの中で過ごす一時は、雪国ならではの温かいおもてなしです。また、同じく伝統のある「ぼんでん」に関するイベントもこのお祭りの目玉になっています。
Nvsmh4rxp9emobylxf48
引用: https://www.instagram.com/p/BfTOcjDnQez/
横手市のかまくらの歴史は大変古く、450年前にもさかのぼります。江戸時代には旧暦の小正月の行事として、横手の武家町では旧暦1月14日に四角の雪の壁の中に、鎌倉大明神を祀って、それまで飾っていたしめ縄を燃やす催事を行っていました。一方、商人町でも旧暦の1月15日に、井戸の近くに雪穴を作って水神様を祀り、水の恵みを祈っていたのです。これらに雪に穴を開ける子供の遊びも加わって、その後、豊穣を祈願するために水神様を祀るかまくらへと変化しました。
Wbwhf0rso7smah6p1gcf
引用: https://www.instagram.com/p/BfQpd9HjTsw/
このような歴史がある旧暦の小正月の行事が伝統文化として定着し、その後も続けられる中で、1954年(昭和29年)からは「横手の雪まつり」の一部として、毎年2月15日~16日に「横手かまくら」のイベントが開催される事になったのです。現在では、他県からも多くの観光客が訪れる冬の人気イベントとして定着しています。
Fpoa7cek9idteo9ihzps
「かまくら」の名前はどのようにして付けられたのでしょう。実はその由来については色々な説があり、その形状がかまどによく似ているので「竃蔵(かまくら)」となったとする「かまど」語源説や、その中が神の御座所であるので「神座(かみくら)」から転じたとする「かみくら」説、そして、中に祀られた鎌倉大明神の名から付いたとされる「鎌倉」説など諸説があります。
Oln5xwlsxyxfb4mrxqte
引用: https://www.instagram.com/p/Bf7fqlyANnx/
「横手の雪まつり」の一環として行われる「横手かまくら」は、2019年も2月15日~16日に開催され、時間的には18:00~21:00の実施になります。横手市内各所に、多くのかまくらが立ち並びますが、主要な会場4ケ所を巡る巡回バスも運行されるので非常に便利です。
Auvl1amosjzwbzdsbqdh
引用: https://www.instagram.com/p/Brxg6-iF6M3/
横手へのアクセスは、秋田新幹線の利用が便利です。秋田新幹線の大曲駅から奥羽本線に乗換えて横手に向かうことになります。仙台からはトータルで約2時間と少し、東京からは約3時間30分の所要になります。また県内の秋田からは同じく秋田新幹線と奥羽本線利用で1時間弱の所要です。車の場合は、秋田自動車道横手ICから市内各駐車場まで車で約10分になります。
1 / 4