Opip3riuvf0jcqxwwu7p

長崎

CATEGORY | 長崎

【2019年版】長崎と熊本を結ぶ便利なフェリー・詳細情報をチェック!

2019.01.12

九州地方の西部に位置する「長崎県」。伊王島や五島列島、ハウステンボスなどの見所の他、たくさんの温泉がある魅力溢れる場所です。そんな長崎県と熊本県を結ぶフェリー長崎、熊本間フェリーの運行状況や所要時間、長崎のおすすめの見所も含めてご紹介いたします。

  1. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット1 「熊本フェリー」
  2. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット2 「九商フェリー」
  3. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット3 「有明フェリー」
  4. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット4 「嶺北観光汽船」
  5. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット5 「雲仙温泉」
  6. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット6 「ハウステンボス」
  7. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット7 「グラバー園」
  8. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット8 「黒島」
  9. 長崎‐熊本間のフェリー!運行状況や所要時間、おすすめ観光スポット9 「オランダ坂」
  10. 長崎県
  11. まとめ
I2acodxkickpbvsbdl56
引用: https://instagram.com/p/BmZ1n-LlLq0/
長崎県島原港と、熊本県熊本港との間を結ぶ「熊本フェリー」。熊本と長崎を結ぶフェリーはいくつかありますが、その中でも一番早く結んでいるのがこの熊本フェリー。熊本フェリーは、オーシャンアローというフェリーで、熊本と長崎との間を約30分という短時間で結んでいます。オーシャンアローは、とても広々としている船内で、1階は、ソファー席や、バーカウンター、2階は、バーラウンジになっており、リゾートホテルにいるような空間が過ごせます。
Pofjgkt31jfomt00gsr5
引用: https://instagram.com/p/BsPEfp9lGWR/
島原港―熊本港:1日7便
料金片道:大人1000円、子供500円
C2pikbkbgsyvpyn15ncg
引用: https://instagram.com/p/BsU4v6lh7ZB/
熊本フェリーと同じく、長崎県島原港と熊本県熊本港の間を行き来する「九商フェリー」。所要時間は、熊本フェリーに比べると時間はかかりますが、料金が安いため、人気がある路線です。島原港から熊本港までの所要時間は、約60分です。約1時間はかかりますが、海の景色を見ながら船内でゆっくりと過ごすことができるのでおすすめです。
Qyxqfbbzrxaqmuev7wuv
引用: https://instagram.com/p/Brq-FJGnPde/
島原港―熊本港:1日10便
Iki0vycrxlfhkodhyrwd
引用: https://instagram.com/p/BqizmnGH1YE/
料金片道:大人780円、子供390円
Uzmksjxpomudmklins1c
引用: https://instagram.com/p/BsNVts5F74j/
長崎県の雲仙市にある多比良港と、熊本県の長州港を行き来するフェリー「有明フェリー」。有明フェリーは、料金が安く、ダイヤ数が多いので人気の航路です。熊本から長崎までの所要時間は約45分です。
Svbhpu1r32j9balyyr6f
引用: https://instagram.com/p/BsIZ-1qB7HL/
多比良港―長州港:19便
料金片道:大人440円、子供220円
Ejx9mfrhmrheddfmh3xc
引用: blog.livedoor.jp/reihoku_kisen/archives/1071450918.html
長崎県長崎市の茂木港と、熊本県の天草の富岡港との間を結ぶ嶺北観光汽船。嶺北観光汽船は、所要時間約45分で結んでおりますが、上記の3つの航路と大きく違うところが、二輪車や自転車が乗せられないというところが大きな違いです。
Zzid0gjxrdqruf8koodn
引用: blog.livedoor.jp/reihoku_kisen/archives/1071450918.html
茂木港―富岡港:1日4便
料金片道:大人2000円、子供1000円
Ksxlvpppvluyiaxwtgb1
引用: https://instagram.com/p/Bsb6oU2gsxE/
長崎県を代表する温泉地「雲仙温泉」。雲仙温泉は雲仙地獄とも呼ばれ、温泉の噴気に包まれた場所です。いたるところから高温の温泉と噴気が噴出し硫黄の香りが漂います。この噴気とは海底に溜まったマグマだと考えられていますが、溜まったマグマが岩を縫うように裂け目を通って上昇し、高温の熱水となりその熱水とガスとが考えられています科学反応をおこし噴気となって現れます。ここを雲仙地獄と予備たくさんの温泉が沸きだしています。雲仙温泉は源泉98度の硫黄泉でリウマチ、糖尿病、皮膚病に効果があると言われています。温泉は98度ですが噴気の最高温度は120度もありまさに地獄という名前がぴったりです!雲仙地獄の名物は噴気で蒸した「温泉たまご」です。このたまごを食べると長生きができると言われ、「1個食べると1年、2個食べると2年、3個食べると死ぬまで生きられる」という伝説があります。ぜひ長崎の名湯を訪れてみてください。
1 / 3