Qrdbqeh36gunaiprtrxh

秋田

CATEGORY | 秋田

【秋田】「蝦夷ほたる」で幻想的な冬のほたるを見に行こう!2019年

2019.01.28

秋田県の大仙市で開催される冬の風物詩、「蝦夷ほたる」、とても風情があるイベントで人気となっています。国指定史跡の、「払田柵跡」にて開催される、蝦夷ほたるの見どころ、開催時期などをまとめましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. 大仙市払田柵の冬まつり「蝦夷ほたる」とは?
  2. 大仙市の蝦夷ほたる①開催日程はいつ?
  3. 大仙市の蝦夷ほたる②会場はどこ?
  4. 大仙市の蝦夷ほたる③見どころは?
  5. 大仙市の蝦夷ほたる④イベント
  6. 大仙市の蝦夷ほたる⑤アクセス方法は?
  7. 秋田県大仙市とはどんな場所?
  8. 秋田県大仙市の観光スポット①旧池田氏庭園
  9. 秋田県大仙市の観光スポット②六郷温泉
  10. 秋田県大仙市の観光スポット③笹倉公園
  11. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/BQr_DP1hDl-/
秋田県大仙市にて毎年開催される、冬のイベント『蝦夷(かい)ほたる』は、国指定史跡「払田柵跡(ほったのさくあと)」にて行われる、伝統的なお祭りです。秋田大仙市の冬の風物詩となる、蝦夷ほたるは、子どもたちも参加して楽しいイベントとなります。
引用: https://www.instagram.com/p/BQpy_v1DLo0/

秋田県大仙市・払田柵・蝦夷ほたる公式サイト

引用: https://www.instagram.com/p/BQ9C8t8lVbS/
秋田の大仙市にて開催される、『蝦夷ほたる』は、秋田の冬の2月に毎年行われます。2019年は2月3日(日曜日)となっています。開催時間は、午後13時〜20時までです。
引用: https://www.instagram.com/p/BQpwDwWFRNr/

蝦夷ほたる・基本情報

*名称:大仙市払田柵・蝦夷ほたる *開催日:2019年2月3日(日曜日) *開催時間:午後13時〜20時 *料金:無料
引用: https://www.instagram.com/p/BpAjhJWF-L9/
秋田の大仙市にある、平安時代の役所跡、国指定史跡の「払田柵跡」で開催される蝦夷ほたるです。日本の、古代城柵遺跡となっています。人気の観光地となっている、「払田柵跡」もイベントの際に見てくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BkZAdWZgWB3/
払田柵跡(ほったのさくあと)は、秋田県大仙市払田・仙北郡美郷町本堂城廻にある日本の古代城柵遺跡。国の史跡に指定されている。 文献資料にその名がないため、「幻の柵」とも呼ばれる。軍事施設と行政施設の役割を果たしていたと考えられる。日本における木簡研究の嚆矢となった遺跡としても知られる。1930年3月に文部省に嘱託された上田三平[1]が発掘調査を開始し、払田柵跡の存在が明らかとなった。1930年10月には本格的な調査が開始され、その結果、1931年(昭和6年)3月30日に秋田県としては初めて国の史跡に指定された。

引用: https://www.instagram.com/p/BewKvIZlcTW/
秋田県の大仙市の冬のイベント、蝦夷ほたるの見どころは、地域の子供たちや地域の人々が手作りした、「蝦夷ほたる(ミニかまくら)」を夕方に空へ飛ばします。払田柵跡に、灯りの灯った蝦夷ほたるが飛び、幻想的な冬の夜空を見ることができます。当日にも、蝦夷ほたるを作るワークショップもあります。
引用: https://www.instagram.com/p/BQrTEdphn9h/
秋田県の大仙市の冬のイベント、蝦夷ほたるでは、雪国の国ならではなアクティビティー、「雪上グランドゴルフ大会」が開催されます。また、餅つきや寒い身体を温めてくれる、鍋まつりなど、イベント盛りだくさんです。大人から子供たちまで1日遊べるイベントに参加しませんか。
引用: https://www.instagram.com/p/BjRegyqlsjU/
蝦夷ほたるのイベント会場は、JR大仙駅から車で20分ほどの距離となります。国指定史跡の「払田柵跡」で開催されます。車で、払田柵跡へ来られる方は、秋田県自動車道から大曲インター、大曲西道路インターマから、国道13号を経由して、秋田県道50号大曲田沢湖線を東方向へ約7キロほどで払田柵跡に着きます。
引用: https://www.instagram.com/p/Bm4XXcJBXub/
秋田県の大仙市(だいせん)は、大自然豊かな場所となっており、東京の23区より大きな面積を持っています。大仙市は、「大曲市、西仙北町、神岡町、南外村、協和町、太田町、仙北町」の8市町村が合併しました。それぞれ、魅力を持つ市町村が大仙市となり、観光名所巡りを楽しむことができます。
引用: https://www.instagram.com/p/BpgnOz4FuCw/
秋田県の大仙市は夏の花火大会がとても有名ですね。「全国花火競技大会(大曲(おおまがり)の花火)」が開催され、全国から腕の良い花火師が集まり、日本一を目指して花火を打ち上げていきます。夏の一大イベントが開催される大仙市は花火大会の時には、たくさんの観光客が訪れます。
引用: https://www.instagram.com/p/BpuI_WdltxQ/
続いてご紹介する、秋田の大仙市の観光スポットは、「旧池田氏庭園」をおすすめします。美しい日本庭園は国の名勝に指定されています。四季折々の花を見ることができます。旧池田氏庭園では、高さが4メートルとなる雪見灯篭や洋館など実物となります。冬の雪景色も見ものですよ。
引用: https://www.instagram.com/p/BlsBjRvAhOl/
池田氏は明治中頃から戦前まで高梨村長を務め、東北三大地主として知られています。 旧池田氏庭園は庭園としては県内で初めて、国の名勝に指定されました。 高さ4mを誇る大型の雪見灯籠や洋館などが配置された庭園内には四季折々の植物が咲き誇り、季節ごとにまったく異なる風景をお楽しみいただけます。 旧池田氏庭園」本家庭園は、平成16年(2004)2月に国の名勝に指定されました。秋田県内では庭園として初めての国指定名勝となります。  本家庭園(大仙市高梨)は横手盆地の田園地帯に営まれ、、その敷地はまるで浮島のような形をしています。近代造園の先駆者である長岡安平(ながおかやすへい)が設計した庭園として、鑑賞上・学術上の価値が極めて高いと評価されています。

引用: https://www.instagram.com/p/Bb9fTCrjKwy/

大仙市・観光スポット情報

*名称:旧池田氏庭園 *住所:秋田県大仙市高梨字大嶋1
引用: https://www.instagram.com/p/BrQIC1_FGEZ/

旧池田氏庭園・公式サイト

引用: https://www.instagram.com/p/BgyWQjrhikx/
続いてご紹介する、秋田の大仙市の観光スポットは、「六郷温泉」をおすすめします。秋田の六郷温泉では、日帰りで入浴することもでき、またコテージがあるため宿泊することも可能です。地元の人たちにも人気のある六郷温泉。大自然の景色を眺めながら、ゆっくりと温泉に浸かって日頃の疲れを取りたいですね。どうぞ、六郷温泉でリフレッシュしてくださいね!
引用: https://www.instagram.com/p/BmC_JeyAAwD/

大仙市・観光スポット情報

*名称:六郷温泉 *住所:〒019-1522 秋田県仙北郡美郷町金沢東根字仏沢210-1 *電話番号:0187-84-4428

六郷温泉・公式サイト

引用: https://www.instagram.com/p/Bjugz7BABnH/
最後にご紹介する、秋田の大仙市の観光スポットは、「笹倉公園」をおすすめします。笹倉公園では、動物たち(うさぎ、牛、ヤギな土)と触れ合うことができます。また、中国から来た「梅花鹿」を見ることができます!大仙市の癒しの公園となっており、天気の良い日には多くの家族連れで賑わいます。動物たちには、エサをあげる体験もできます。
引用: https://www.instagram.com/p/BjR7H_VAWT0/
多くの珍しい動物が飼育され、広場には遊具が整備されています。ピクニックや遠足に最適なふれあいゾーン。 ここには、「梅花鹿」 の子孫がいます。 梅花鹿とは、日中友好親善のために秋田県の友好県省である中国甘粛省から県に寄贈され、県から神岡町に譲与された鹿です。 この鹿は中国に広く生息し夏から秋にかけて目立つ白い斑点が梅の花のようなところから「梅花鹿」と称されてます。 ※全国博第二十回金賞受賞の“梅花鹿饅頭”が神岡町神宮寺下町にある銘菓店の「重光堂」さんで製造販売しております。

大仙市・観光スポット情報

*名称:笹倉公園 *住所:秋田県大仙市神宮寺字笹倉1-2

笹倉公園 | だいせん大曲フィルムコミッション 公式ページ

引用: https://www.instagram.com/p/BpPCErcFOMW/
いかがでしたか。秋田県の大仙市、国指定史跡の「払田柵跡」で開催される冬の蝦夷ほたるのイベント、素敵な体験をすることができますので、ぜひ冬の計画に入れて見ませんか。大仙市には、素敵な観光スポットもありますので、ぜひ楽しんでくださいね。夏の時期には、有名な花火大会・大曲(おおまがり)の花火へも足を運んでくださいね。