Mhg270urwykzxrd16hkn

福島

CATEGORY | 福島

【南会津】只見ふるさとの雪まつり・2019年の日程やアクセス最新情報!

2019.02.03

南会津の只見ふるさとの雪まつりの紹介です。開催間近の只見ふるさとの雪まつりはみどころ満載の人気イベントです。今年も十分な積雪のおかげでダイナミックな雪像づくりが進んでいます。おまつり期間は便利なバスツアーの予定もあるので参考にしてみて下さいね。

目次

  1. 1.南会津の只見ふるさとの雪まつりの開催期間
  2. 2.南会津の只見ふるさとの雪まつりの開催場所
  3. 3.南会津の只見ふるさとの雪まつりのアクセス方法
  4. 4.南会津の只見ふるさとの雪まつりのみどころ①大きな雪像
  5. 5.南会津の只見ふるさとの雪まつりのみどころ②かまくら
  6. 6.南会津の只見ふるさとの雪まつりのみどころ③メインステージでのイベント
  7. 7.南会津の只見ふるさとの雪まつりのみこどろ④ゆきん子市
  8. 8.南会津の只見ふるさとの雪まつりのみどころ⑤花火
  9. 9.南会津の只見ってどんな街?
  10. 10.まとめ

今年で第47回目を迎える只見ふるさとの雪まつりは、2019年2月9日(土曜日)~2月10日(日曜日)の2日間で開催されます。今年も雪まつりには十分な積雪となり、順調に準備が進められています。この時期の只見はマイナスの世界です。ゆっくりと雪まつりが楽しめるようできるだけ温かい恰好でお越し下さいね。

Hix7koyitwvii6mlgmo4
引用: https://www.instagram.com/p/BfIgxqNlR5P/

会場となるのは福島県の南西に位置する町、只見です。ステージが設置されるメイン会場となるのはJR只見駅前の広場、サブ会場は只見スキー場、只見復興センター、季の郷湯ら里、ただみブナと川のミュージアムです。各会場間は徒歩で移動できる距離となっています。

公共機関でのアクセス

関東方面からお越しの場合は、新幹線でJR浦佐駅まで行き、在来線でJR只見駅を目指すルートが最短です。

Hcspqpochtpcqm0q6wos
引用: https://www.instagram.com/p/Br8TmillwFh/

東北方面からお越しの場合は、新幹線でJR郡山駅まで行き、同じく在来線でJR只見の駅を目指すルートが最短です。運がよければとっても可愛いピンクの縁結び号に乗れるかもしれません。

車でのアクセス

関東方面からお越しの場合は東北自動車道の西那須野塩原ICを降りて約105㎞、もしくは関越自動車道の小出ICを降りて約60㎞です。

福島方面からお越しの場合は磐越自動車道 を進み、高速会津坂下ICを降りて約65㎞です。

メイン会場およびサブ会場付近には十分な駐車スペースが確保されています。ただし、この時期はかなりの積雪が予想されます。雪の運転に慣れてない方はなるべく公共機関を利用することをおすすめします。

ツアーバスでのアクセス

福島駅、首都圏、いわき市などからは、只見の雪まつり行きのツアーが開催されます。満席となったツアーもいくつかあるので、ご検討の方はぜひお早目に申込をおすすめします。帰りの交通機関の心配が無用なバスツアーは大変おすすめです。

浅草からのアクセス

浅草からのアクセスは浅草を6:30に出発し特急列車リバティ101号で会津田島駅9:44着で移動し1時間ほど会津田島の町を観光した後11:20会津田島駅発の田島~只見ツアーバス(1500円)を利用するのも便利です。只見の駅着は12:40なので、十分雪まつりが楽しめます。会津田島~只見行きのバスは交通の便としてだけでなく、バスの車窓からの景色も美しいと大変人気です。特に紅葉の時期になると、このバス路線を目当てに観光客が訪れるほど人気ですよ。

1 / 3