Byaulydjdz2v6xsotbjx

福島

CATEGORY | 福島

【奥会津】国の文化財指定の伝統行事「雪と火のまつり」に行ってみたい 2019

2019.02.03

福島の奥会津三島町で開催される雪と火のまつりは、開催間近に迫ったイベントです。雪と火のまつりのメインは、サイの神と呼ばれる国の文化指定を受ける伝統行事です。サイの神の詳しい説明や見どころ、そして開催日程や場所に加えアクセス方法も併せて紹介します。

目次

  1. 1.奥会津の雪と火のまつりの開催日程
  2. 2.奥会津の雪と火のまつりの開催場所
  3. 3.奥会津の雪と火のまつりのおすすめの服装
  4. 4.奥会津の雪と火のまつりのアクセス方法
  5. 5.奥会津の雪と火のまつりのみどころ①サイの神
  6. 6.奥会津の雪と火のまつりのみどころ②団子さし
  7. 7.奥会津の雪と火のまつりのみどころ③鳥追い行列
  8. 8.奥会津の雪と火のまつりのみどころ④飲食ブース
  9. 9.奥会津ってどんな場所?
  10. 10.まとめ

今年で37回目を迎える奥会津の雪と火のまつりは例年通りの日程、2月の第2土曜日、2月9日に開催されます。開会式は12:00より行われ、19:00には閉会となる、7時間にみどころがギュッと詰まったイベントです。

Auk6dyxvy6dldissxz2u
引用: https://www.instagram.com/p/BtOB3IpFFmN/

開催場所は三島町町民運動場です。三島町というと、全国にかなりたくさんありますが、福島の奥会津の三島町となりますので、くれぐれもご注意くださいね。

Wkrddqrl9vcje0bmrn6b
引用: https://www.instagram.com/p/BfAobnrAz0O/

2月の奥会津は氷点下になる日も多いので、最大級の防寒対策が必要です。ヒートテックや温かいダウンを着るなどして外で長時間過ごせるような恰好でお越しくださいね。また場所によっては氷がアイス状になっている場所もあるので、ヒールは避け歩きやすい靴を履くのもお忘れなく。また、ホッカイロや手袋、そして耳当てなどの小物類や、乾燥もするので必要な方はリップの準備がおすすめです。

Dpfrnifgjvmvc4z7cdhj
引用: https://www.instagram.com/p/BsRUoeeF6Qi/

公共機関でのアクセス

公共機関を利用してのアクセスは東京からも東北方面からも、新幹線でJR郡山駅を目指し、その後在来線の磐越西線で会津若松に駅向かいます。会津若松駅より会場までは只見冬のイベントバスが周辺のイベント含む日程(2月2日・3日・9日・10日・17日・24日限定)に合わせて会場まで運行しているのでおすすめです。

Zk3nxm5vk51grmj2abf0
引用: https://www.instagram.com/p/BsJA-w-HD6n/

雪と火のまつり当日の2月9日(土)は会津若松駅 12:40発のバスに乗り、会津柳津駅 でいったんJR只見線に乗り換え、 会津宮下駅 まで行き、会場に14:45着がスムーズです(イベントバスは会場まで直行ではなく会津柳津駅~会津若松駅は電車を利用することになります)。帰りはイベントを19:00出発し、そのままバスで会津若松駅 20:20到着です。会津若松発着のこのバスは大人1500円、子供700円とリーズナブルで便利ですよ。

車でのアクセス

車を利用してのアクセスの場合は、会津坂下ICを降りて約20分です。ただし、この時期奥会津ではかなり雪が積もっていたり、道路が凍結したりしています。スノータイヤもしくはチェーンを巻くなどしっかりと雪対策を行い安全運転でお越しくださいね。会津坂下駅からも会場まではバスが出ているので、無理はせず必要に応じて公共機関をご利用下さい。

Uxf3zrpsfizziwewankf
引用: https://www.instagram.com/p/BtOBu-Plta2/

ツアーでのアクセス

1番おすすめのアクセスはツアーです。仙台などから雪と火のまつりの日程に合わせてツアーが販売されています。雪深い三島では公共機関やツアーを利用してのアクセスがおススメです。ぜひお住まいの場所からこのお祭りのみの日程で発売されるバスツアーがないか検索してみて下さいね。

1 / 3