Mo5vf4bq0npqc7poxduu

ボリビア

CATEGORY | ボリビア

【2019年最新】人気のウユニに行く前に!ボリビアの治安とホテル選びを解説

2019.02.09

南米ボリビアは、広大な塩の大地が広がる「ウユニ塩湖」で大変人気ですが、ボリビアの治安はどうなのでしょうか。ボリビア旅行の治安情報や注意点、ホテル選びのポイント、おすすめのホテルなど、ボリビア旅行の気になる情報をまとめていきます。

目次

  1. ボリビアの基本情報1.渡航について
  2. ボリビアの基本情報2.気候や服装
  3. ボリビアの治安情報1.国全体の治安
  4. ボリビアの治安情報2.ラパスの治安
  5. ボリビアの治安情報3.ウユニの治安
  6. ボリビアの治安情報4.ウユニへの移動方法と注意点
  7. ボリビアの治安情報5.ホテル選びのポイント
  8. 治安面も安心なボリビアでおすすめホテル①Casa Grande Hotel
  9. 治安面も安心なボリビアでおすすめホテル②Camino Real Aparthotel
  10. 治安面も安心なボリビアでおすすめホテル③Hotel de Sal Luna Salada
  11. まとめ
B4ijdtun7j8shuxknbms
引用: https://www.instagram.com/p/Btd0QQThczh/

ボリビアは、観光が目的ならビザは不要です。パスポートは、ボリビア出国時に6か月以上の残存期間があることが必要です。空路で入国する場合、入国に必要な書類は税関申告書とパスポートのみ。陸路で入国する場合は、入国カードも必要で、半券は出国の際に必要になります。

E1ortz6ybq5tfqe3iiem
引用: https://www.instagram.com/p/Btdn0o2gv9v/

ボリビアへ空路で行く場合、日本からの直行便はありません。アメリカのマイアミ経由で行くのが一般的です。2019年2月現在日本からマイアミまでの直行便はありませんので、少なくともボリビアまでは2回の乗り継ぎが必要になります。アメリカ経由で行く場合は、一度アメリカに入国することになるので、ESTAの申請が必要になります。手続きを忘れないように注意しましょう。

Xbce4ii2ugqu0oxkdpfs
引用: https://www.instagram.com/p/BphWn4hB7Fh/

ボリビアは年間を通して寒暖差は少ないですが、地域によってだいぶ気温が異なります。西部のラパスは標高が高いこともあり、年間通して平均気温が13度から15度と寒く、一方サンタクルスは20度を超えて温暖な気候です。ラパスも日差しが強いと暑く感じます。5月~11月が乾季、12月~4月が雨季となります。

I9utaza5b4hbw6nwxcqw
引用: https://www.instagram.com/p/Bs-JlLwA0w-/

服装は、1日の寒暖差があるので、温暖な時期でも上着は必要です。特に、ウユニ塩湖に朝や夜に行く場合は、かなりの寒さになるので厚手の上着が必須。できれば帽子や手袋も用意しておくと良いでしょう。日差しが強いと暑くなるので、重ね着で調整できるようにすると良いかと思います。

Gzbd2mfpize43dyq7jgv
引用: https://www.instagram.com/p/BptOeTYgMSl/

外務省の危険情報によると、ラパス市,エルアルト市,コパカバーナ市,サンタクルス市は、レベル1(十分注意してください)に指定されていて、滞在にあたっては特別な注意が必要な地域になります。

Risadafwgsh9gjvpis1b
引用: https://www.instagram.com/p/BUmgL5Qhei0/

具体的には、指定された地域では、銃による強盗殺人、窃盗や置き引き、スリ、空き巣などが頻発していて、特に観光地では観光客を狙った犯行も多いようです。滞在するにあたっては、十分な注意が必要と言えるでしょう。

M5qtu204fsfmvn099oeg
引用: https://www.instagram.com/p/BtZ3U63hjm_/

ラパスはボリビアの首都機能を持つ都市で、ウユニ塩湖など観光地へ行く際の出発地点ともなる街です。ラパスは先ほども述べたように、注意地域になっていますが、ラパスはすり鉢状の街になっていて、すり鉢の中の標高の低い地域は、高級な住宅街となり、比較的治安は良く、昼間であれば一人歩きもできるレベルです。しかしスリ被害が多いので十分注意するようにしましょう。

1 / 4