Jnxclzbimz4jvuvyugq7

オーストラリア

CATEGORY | カテゴリー

オーストラリア旅行の予算を徹底調査!格安でいく方法をご紹介

2018.03.06

オーストラリア旅行行ってみたいが、お金がないそんな方必見。オーストラリアに長期滞在していた筆者がオーストラリア旅行の予算を徹底調査。長期滞在したからわかるオーストラリアの低予算での旅行方法を伝授します。さらに旅行じゃわからないローカル情報も必見です。

目次

  1. オーストラリアって、どんなところ?
  2. 旅行保険 
  3. ポケットwi-fi
  4. 格安航空券
  5. ホテル
  6. 移動手段
  7. アクティビティ
  8.  ご飯
  9. 予算はいくら?
  10. 最後に

オーストラリアの魅力

まずは、オーストラリアの魅力をご紹介。南半球に位置するオーストラリアには7つの州に分かれており、たくさんの魅力的な都市があります。ケアンズまで7時間半、シドニーまで9時間半とおおよそ8-10時間で行くことができるオーストラリアは日本からも旅行にとっても行きやすい国の1つです。海や山、広大な自然はもちろん賑わう都市もある所がオーストラリアが旅行としても人気の魅了でしょう。

オーストラリアの大きさと人口

オーストラリアの人口は約2,227万人で世界第52位。順位だけ見れば分かりづらいですが、日本と比べるとオーストラリアの5倍以上の人がいます。では、その土地の大きさはどうかというと、オーストラリアの面積は約770万km2で世界第6位の広さ。日本は約38万km2で世界第62位 小さいですね。そうなんです。日本はオーストラリアの約20分の1くらいの大きさでありながらオーストラリアの5倍もの人口のある国なんですね。それに対してオーストラリアはどういう国かというと、日本の20倍以上の土地の広さを有しておりながら、人口は日本の5分の1。つまり広くて日本と比べたら人が少ない国なのです。

オーストラリアの公用語 通貨

様々な民族の人々が暮らす多国籍国家の代表格として知られているオーストラリア。オーストラリア英語が主な言語ではあるものの、オーストラリアでは公用語が指定されていません。約80パーセントと多くの割合の人が英語を使っていますが、それ以外の約20パーセントの人々が英語以外の様々な種類の言語を家庭で使っています
ですが、旅行で訪れる分には、英語が少し話せれば問題ないと思います。
日本食のお店や、日本人経営の旅行代理店もオーストラリアに進出しているので、英語が全くしゃべれないという方でも、そういった所を利用すれば問題ないと思います。
オーストラリアの公用通貨はオーストラリアドルで1豪ドルあたり85円ほどで、両替をする際もあらかじめ日本では両替していくとレートもよく両替できるので日本での両替をお勧めします。

旅行保険

旅行に行く際におすすめしているのが保険への加入です。
保険をかけずに、節約したいと言う方もいるかもしれないですが、怪我や病気、物を盗まれたり、時には加害者になってしまう場合もあります。場合によってはものすごい額のお金を支払う事になってしまいます。現地が問題が発生して、莫大な金額を請求されるよりは、保険に加入した方が安全でお得ですよね。そんな保険も色々な会社から出ており、また適応してくれるサービスなども様々です。その中から、自分に最低限必要なものだけを選び、日本では申し込むのが格安で旅行に行く一歩と言えるでしょう。お値段は5日間で1590からと安価に加入することができます。

1 / 6