Cjfxu84f5vxd00m7j0sp

スペイン

CATEGORY | スペイン

【2019年版】初めてのスペイン旅行・チップなど気をつけたいマナーは?

2019.02.09

スペイン旅行の前に知っておきたいレストランなどでのマナーについてまとめていきます。チップ習慣がない日本とは異なり、会計時のチップの相場などお金に関する習慣を心得ておくのも大事なことです。スペインでの時間を気持ちよく過ごすためにも、出発前に見ておきましょう。

目次

  1. スペインのチップ習慣①バルやレストランでの会計の流れ
  2. スペインのチップ習慣②バルやレストランでのチップ相場
  3. スペインのチップ習慣③タクシーでのチップ相場
  4. スペインのチップ習慣④チップは払うべきか
  5. まとめ
Smeqhonguzdzlnvcxvps
引用: https://www.instagram.com/p/BtnkeW9AB2P/

スペインのバルやレストランにおいて、会計するには日本で行っているよりもかなり時間のかかる作業です。カウンターですぐ対応してくれる人がいれば、早く済むこともありますが、テーブル席でゆっくりと食事をした後は、ウェイターに会計をお願いし、明細を持ってくる。お金あるいはクレジットカードを明細のトレイに置き、ウェイターが取りに来る。そして現金の場合にお釣りがある時は持ってくる、もしくはクレジットカードの場合はカードリーダーをテーブルに持ってくる流れとなり、必ずしも全ての作業がすぐ進むわけではありませんので、特にレストランが混雑している時は一連の作業に時間を要します。

Vi0z7tjzsoqflx6j9hr2
引用: https://www.instagram.com/p/BH8_KSFgOgt/

急いでいる際には、デザートなどの最後の注文の際に会計をお願いしておくのも一つの方法ですね。お金をちょうど支払う場合や、チップとしてお釣りを受け取らない場合は、お釣りを待たずに席を立つこともできます。

Cgbd3yte3tp7llhnfait
引用: https://www.instagram.com/p/BtnepGBBGth/
O4n3vnjxeqpsz9swkmrm
引用: https://www.instagram.com/p/BPa-uVRALH3/

バルやレストランでチップを支払う場合は、お金で会計するなら半端な金額を切り上げて支払い、お釣りを受け取らないか、もしくはお釣りの一部を置いてくる。そしてクレジットカードで支払う場合は、半端な金額を切り上げた金額での精算をお願いするか、もしくはカードの精算後にお金を少し置いて行くかするとスムーズです。

Oeby7dtznulwicuuf2dp
引用: https://www.instagram.com/p/BquG5y4B65l/

レストランでの食事に対するチップは、一人1ユーロ程度が一般的ですが、特に何パーセントということはありません。ホテルや高級レストランでメニュー選びの時に気持ちの良いサービスを受けたり、食前酒あるいはワインなどをお店がサービスしてくれた時には少し多めに置くとお互いに気持がいいですね。カジュアルなカフェやバルでビール1杯だけの利用時は、チップなしの時もあり、渡すなら端数の2.8ユーロの会計に対して3ユーロ支払う程度で十分です。

Yvogipl6zhjkvfmndu4j
引用: https://www.instagram.com/p/BtKY4SMBXdz/
Gm1wnfqn14uqhbqwvzir
引用: https://www.instagram.com/p/Bqw-sUulDsN/

スペインにおいて、タクシーを利用した際は運転手に対してチップを支払う習慣はありません。例えば、重たいスーツケースを運んでもらったり、自分がチップを渡したいと思った際に、会計の半端な金額を切り上げて渡すといいと思います。

Npawxp2bfxwykarmhots
引用: https://www.instagram.com/p/Bs0uLqpBHly/

他には、スペインでのホテル利用時に部屋にチップを置くのも必要ありません。中には、チップを置いても持っていかないケースもあるほど習慣にはなっていないスペインです。

1 / 2