Ffi9fvm1d7n1u58yyj8g

青森

CATEGORY | 青森

地元民おすすめ!冬にこそ行きたい青森の観光スポット10選

2018.03.22

青森は太平洋、日本海、陸奥湾は唯一日本で3つの海に囲まれた県です。そのため青森には春夏秋冬の魅力がたくさんあります。観光客は毎年多く訪れ、近年では温泉やスキーをするために、冬の観光スポットで訪れて来る人も多いです。誰も知らない冬の青森を紹介します。

  1. 冬の青森へ行こう!地元民がおススメする観光スポットとは
  2. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット①三沢市星野リゾート青森屋
  3. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット②十和田湖冬物語
  4. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット③冬の弘前城燈篭祭り
  5. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット④冬の津軽鉄道ストーブ列車
  6. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑤冬の八甲田・酸ヶ湯温泉
  7. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑥奥入瀬渓流
  8. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑦八戸えんぶり
  9. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑧南郷雪蛍まつり
  10. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑨つがる市地吹雪体験
  11. 冬にこそ行きたい青森の観光スポット⑩三沢市酒のあで雪見列車
  12. まとめ
青森はとても寒くて雪深い所だと思っていませんか?青森県は津軽地方と南部地方と大きく2つに分かれています。青森は日本海、太平洋、陸奥湾の海に囲まれた珍しい県です。青森県の真ん中にある奥羽山脈の最北端「八甲田山」があり、これを境に雪の景色が各地で見られるのが青森の魅力です。
青森県は津軽地方、南部地方によって冬の景色が全く違います。青森の冬は地域によっていろんな表情を見せてくれます。青森の冬は心温まる見どころがたくさんあります。これからご紹介したい冬の観光スポットを紹介していきます。
青森には冬を堪能することができるイベントがたくさんあります。その中でも三沢駅より徒歩3分ほどにある「星野リゾート青森屋」です。三沢の冬を楽しむには最高のロケーションで「冬のぬぐだまり祭り」というのがあります。
レストランやヨッテマレ酒場では、寒い冬で冷えた体を温めるように、青森の地酒や心温まる郷土料理でおもてなしをします。さらに「はんてん」や「湯たんぽ」の無料貸し出しも行っています。冬の良い思い出を作るには最高です。

星のリゾート青森屋情報

【住所】青森県三沢市字古間木山56 【交通アクセス】青い森鉄道三沢駅より徒歩約10分またはタクシー約3分 【電話】0570-073-022(受付時間9:00~ 20:00)
十和田湖では、毎年2月上旬から下旬に「十和田湖冬物語」が始まります。夕方17時から点灯する青いイルミネーションのトンネルがとてもきれいです。またイベント内で購入できるホットワイン「グリューワイン」はとても人気で、専用のロゴが入ったグラスを持ち帰る事ができます。
また十和田湖に来たら食べたい八戸のB級グルメであるせんべい汁などの屋台が軒を連ねています。平日も楽しめますが、さらに土日は特設ステージでイベントを開催しています。最大のイベントは、毎日20時には花火が打ち上げられます。

十和田湖冬物語の情報

【会場】十和田湖畔休屋 冬物語特設会場 【開催期間】2月上旬~下旬 【交通アクセス】東北新幹線「八戸駅」より車で2時または東北自動車道「小坂IC」から車約50分 開催期間は臨時シャトルバスが運行します。 【問い合わせ】0176-75-2425
毎年春のGW には春の定番である「弘前さくらまつり」が開催され、毎年多くの観光客でにぎわっていて有名な観光地でもあります。冬の時期の弘前市では、毎年2月上旬に開催される「弘前城燈篭祭り」を開催しています。
毎年200基ほどに及ぶ燈篭のほか、雪像を公園内に設置しています。雪や燈篭で放つ冬の弘前城が幻想的で、世の心をくすぐるほど絶大な人気を呼んでいるほどです。冬の青森を訪れた際には、ぜひ弘前へ行ってみましょう。

弘前城燈篭祭りの情報

【会場】 弘前公園 【雪燈籠・雪像の夜間ライトアップ】 16:30(日没)~21:00 【交通アクセス】 ・電車の場合 弘前駅 徒歩約30分 タクシーで約10分 市内循環バス 弘前駅から「市役所前」バス停 約15分 「市役所前」バス停下車 徒歩約5分 中央弘南駅 徒歩約20分 ・車の場合 東北大鰐弘前ICから国道7号線経由 約30分 【問い合わせ】0172-35-3131
昭和5年に五所川原~金木間を開業し、始まったのがストーブ列車です。毎年12月1日から3月31日まで営業しています。冬の風物詩となったストーブ列車のおかげで、毎年全国各地から、または海外からこのために訪れるほど有名です。
列車の中には、昔懐かしいだるまストーブがあり、窓から見える津軽地方の冬ならではの地吹雪を見ることができます。青森の冬は寒いですが、ゆったりとくつろぎながら温まる列車はこの津軽地方にしかなく、とても珍しい観光として知られています。

津軽ストーブ列車の情報

【開催場所】津軽鉄道「津軽五所川原駅」~「津軽中里駅」 【交通アクセス】津軽鉄道「津軽五所川原駅」~「津軽中里駅」下車 【料金】通常運賃500円、ストーブ列車賃400円 【電話】 0173-34-2148
酸ヶ湯温泉は青森県の中央にある八甲田山に位置する温泉です。毎年冬になると、積雪量は平均3メートルほど積もる事でもあり、冬に訪れる観光客はスキーや温泉を楽しみに訪れる観光客が多いことでも知られています。
酸ヶ湯温泉はの名物は「男女混浴の千人風呂」です。自然に囲まれた環境で昔から「湯治場」として伝えられたことから、伝統療法としての第一号として知られています。そのため男女混浴をするスタイルが今でも根付いています。混浴に抵抗のある女性は浴衣を用意しています。

酸ヶ湯温泉の情報

〒030-0197 青森県青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50 【電話】 017-738-6400 【冬季間の交通アクセス】 ※宿泊のみ青森駅アウガより無料送迎します 青森~酸ヶ湯間をJRバスが年中無休で定期運行し、青森市市内より車で45分、一般自動車も通行しています。
十和田市方面から十和田湖へつなぐ奥入瀬渓流は観光地としても有名です。特に新緑や紅葉の季節は海外からも観光に訪れる人で賑わっているほどで、温かい季節にはレンタサイクルが利用でき、もちろん散策も可能となっています。
奥入瀬渓流は心地より渓流の流れは心をくすぐり、さらに各名所にある川や滝はとてもきれいで、車を走らせても、停車して写真を撮りたくなるほど目を打たれます。冬だからこそ見れる雲井の滝や銚子大滝の凍った姿は中々見れることができません。一度は訪れてはいかがですか?

冬の奥入瀬渓流の情報

【交通アクセス】JR八戸駅より車で90分 冬に開催される「十和田湖冬物語」へ向かう際に、自家用車やシャトルバス、その他各施設の宿泊を利用される方は無料送迎を行っています。 ※問い合わせは 各宿泊ホテルまで  
太平洋側に八戸は、冬の季節は青森県内でも極端に少ない地域です。ですが、2月の大雪が来ないと春は来ないと言われています。そのため八戸の郷土風物詩として春を呼ぶと言われるイベント「八戸えんぶり」が毎年2月17日から20日までの4日間行われます。
八戸の春を呼ぶ祈りやその年の豊作を祈願する郷土芸能で、舞手が「えぼし」をかぶって頭を大きく振ったり、田植えや種まきをするような動作を踏まえた動作の舞を行うのが見どころで、独特の文化を持つ冬の八戸えんぶりを見に訪れる観光着が大勢います。

八戸えんぶりの情報

【開催期間】毎年2月17日~20日の4日間 【交通アクセス】東北新幹線八戸駅下車~本八戸駅下車徒歩10分 【開催場所】市内各地 【問い合わせ】八戸コンベンション協会 0178-27-4243
毎年「光のページェントなんごう」は、2月の上旬頃に開催されます。朝もやの館にで行われる八戸えんぶりを見ることができたり、各会場にて飲食店の屋台が立ち並び、厳しい寒さの中に訪れた観光客のために、温かい食事を楽しめる屋台がたくさん用意しています。
夕方5時になるとイルミネーションがライトアップし、雪燈篭に明かりを灯して道の駅周辺を明るく演出します。そして限定ではありますが、お蕎麦のお振舞を限定200食おもてなしをするなど、冬のイベントに力を入れています。

南郷雪蛍まつりの情報

【開催場所】道の駅なんごう 【交通アクセス】東北自動車道南郷ICより車で20分 【開催日】2月中旬頃 【電話】0178-82-2902
津軽地方にある五所川原市にある地吹雪体験ができるイベントが毎年開催されています。津軽地方は特に雪が多く、青森県内でも積雪量がダントツです。あまり雪になじみのない人には地吹雪という体験ができる魅力のあるイベントです。
地吹雪は雪が降ってもいないのに、風邪によって軽く積もった柔らかい雪が地面から吹き上がる事です。特に風が強いほど目の前が雪で真っ白になり、なかなか体感することができないのが魅力です。

つがる市地吹雪体験の情報

【所在地】青森県五所川原市金木町 【開催】 1月下旬から3月中旬頃 【交通アクセス】津軽鉄道「津軽五所川原駅」から列車で25分 ※要予約 一人2500円 【電話】 080-3195-4036
冬限定の電車でおいしいお酒を飲みながら冬を楽しんでみませんか?青い森鉄道と三沢市にある星野リゾート青森屋が実施する「冬限定のイベント」です。
星野リゾート青森屋で温泉を堪能しつつ、列車でおいしいお酒のおともに、三沢市の冬景色を堪能するのも良い思い出になります。そしておいしいお酒のあとは三沢名物の北寄貝などが入ったお弁当を堪能することができます。

三沢酒のあで雪見列車の情報

【運行区間】青い森鉄道 三沢駅~青森駅  【乗車時間】1時間32分 【旅行代金】8,640円 ※冬季限定日の運行 星野リゾート青森屋へツアーの予約が必要
寒い冬とイメージする青森県ですが、この寒い冬の時期だからこそ楽しめるイベントが盛りだくさんです。何とっても、郷土芸能や郷土料理、雪国だからこそ堪能できる地吹雪体験と、冷えた体を温める温泉などは、地元住民だけでなく、わざわざ関東方面や海外から観光しに来る人がたくさんいます。楽しいスキーだけでなく、ついでに青森県の冬を観光する事をおススメできます。