M7ikizmce2hzouc3fj6q

新潟

CATEGORY | カテゴリー

夏休みに出かけよう!夏にこそ訪れたい新潟の観光スポット8選!

2018.03.27

高原や島など、自然に恵まれた新潟は、緑の中の夏の観光が最高ですよね。冬にはスキー場だった新潟の高原は、夏には緑の草原に変わります。また、珍しい夏のイルミネーションイベントもあり、避暑地としても最適。牧場など夏休みに親子で楽しめる観光地も充実しています。

目次

  1. 新潟の夏の観光について
  2. ①夏真っ盛り!緑の『乙和池』で深呼吸
  3. ②新潟版、青の洞窟『竜王洞』観光
  4. ③ソフトクリームも食べられる『神田酪農』観光
  5. ④緑の大平原で遊ぶ!夏の『国営越後丘陵公園』観光
  6. ⑤周囲約23kmの小島『粟島(あわじま)』で新潟県民の人情に触れる
  7. ⑥リラックス効果が実証された森林セラピー基地『国立公園妙高』
  8. ⑦数々の竜神伝説が残る新潟の神秘『龍ヶ窪』
  9. ⑧赤い太鼓橋がつなぐ『矢島と経島』観光
  10. 新潟の夏の観光のまとめ

新潟の夏の観光旅行には、「高原」と「島」が特におすすめ。都会ではなかなかできない昆虫採集も体験できて、子どもたちには夏休みの良い思い出となりそうです。また雪のために冬場はクローズになる野天風呂に入れるのも、夏の旅行の楽しみ。越後丘陵公園や妙高など、涼しい高原地方は、避暑地としても最適です。

乙和池は中央に日本最大の高層湿原性浮島をもち、周囲には200種類を超える植物がうっそうと茂り、神秘的な雰囲気に包まれています。

夏にはクワガタムシに出会える

乙和池は、自然林のブナ・ミズナラを主とする落葉広葉樹林に囲まれています。夏にはクワガタムシを見ることができます。また、県の天然記念物にも指定されています。

詳細情報

住所:佐渡市山田1600/佐渡市世界遺産推進課文化財室/電話番号:0259-63-3195/アクセス:両津港より車で約45分・小木港より車で約50分

竜王洞は「佐渡版青の洞窟」と呼ばれる佐渡最大の溶岩洞窟。イタリアの「青の洞窟」と同様、太陽の光が洞窟内に差し込むと青く輝きます。シーカヤックで奥に入れるツアーも実施されています。

詳細情報

住所:新潟県佐渡市琴浦/竜王洞/電話番号:0259-27-5000(佐渡観光協会)/アクセス:小木港から車で約5分・宿根木新田(小木線)から徒歩15分徒歩は琴浦漁港まで 竜王洞は海上のため別途手段が必要

新潟県の酪農発祥の地、阿賀野市で三代にわたり酪農を営む「神田酪農」。創業は大正時代、100年以上も前となります。初代、神田豊松氏は「牛の神様」と呼ばれていました。この牧場は、3月から11月の間には、牛の乳しぼり体験ができます。

夏の醍醐味!新鮮な牛乳を使った美味しいジェラートを食べよう!

牧場内のジェラートショップ「みるぱす」では、神田酪農の新鮮な牛乳を使用したソフトクリームやジェラートを販売。営業時間は11時~16時、定休日は水曜日・木曜日(※祝祭日の場合翌営業日)となります。

1 / 4