Ra1ks5ma3ghqf31t5gbo

南アフリカ

CATEGORY | 南アフリカ

【2018年完全版】南アフリカ旅行のおすすめ旅行プランをまとめてご紹介!

2018.02.28

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカ。南アフリカ旅行といえば何をイメージしますか?ライオンキングの世界?危険そう?陽気な人が多そう?実は、魅力がいっぱいの南アフリカは観光客が年々増えています。そんな南アフリカのおすすめ旅行プランをご紹介します。

  1. 人気急上昇中。南アフリカ旅行の魅力とは?
  2. ①世界一の動物保護区「クルーガー国立公園」
  3. ②世界三大峡谷の一つ「ブライデ・リバー・キャニオン」
  4. ③歴史の宝庫!「アパルトヘイトミュージアム」
  5. ④村の暮らしを体験できる「レセディ文化村」
  6. ⑤大航海時代に思いを馳せる「喜望峰」
  7. ⑥南アフリカのランドマーク「テーブルマウンテン」
  8. ⑦可愛いペンギンがいっぱい!「ボルダーズビーチ」
  9. ⑧締めはこの夜景で決まり「シグナルヒル」
  10. まとめ
  11. 南アフリカ旅行基本情報
じわじわ人気が高まっている南アフリカ。今回は、南アフリカ旅行に行きたくなる8つの魅力をご紹介します。
これぞアフリカ!というような景色が満喫できる「クルーガー国立公園」。 南アフリカ最大都市ヨハネスブルグから車で約5時間。まるでライオンキングの世界に入り込んだような景色が広がっています。
何千もの動物や数百種の鳥に出会えるだけでなく、曲がりくねった川や古代の木々のからなる大自然を満喫できます。思いっきり非日常を味わいましょう。

朝と夕方はゲームドライブ

南アフリカの大自然に生きる野生動物の美しさは、圧巻です。動物が活発になり、観察しやすい朝と夕方はゲームドライブがおすすめ。屋根以外全てオープンの車での早朝ドライブは、寒さ対策を忘れずにしましょう。
ビッグ5と言われるライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、バッファローに出会えます。普段、動物園では見ることができないような、ゾウが家族でお散歩する姿などを見ることもできます。

日中はラグジュアリーロッジで、大自然を満喫

日中は動物たちの動きも少ないので、ロッジにて思い思いの時間を過ごすのもおすすめです。公園内には、豪華なゲストハウスからテント、バンガロー、ファミリーコテージなど、多くのロッジが点在しています。
クルーガー国立公園の西南端から50キロメートルほどの場所にあるブライデ・リバー・キャニオン。日本の観光客の間では、まだあまり知られていないのですが、驚くほどの絶景を楽しむことができます。
ブライデ・リバー(喜びの川)とトュリエル・リバー(悲しみの川)の合流地点の下流に位置する渓谷です。人気番組の世界の果てまでイッテQでも撮影されていました。

南アフリカの絶景を眺めながらのドライブ旅行

ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区の面積は、アメリカのグランド・キャニオン、ナミビアのフィッシュ・リバー・キャニオンに次ぐ2.9万キロ平方メートル。緑に覆われた峡谷としては世界最大規模の広さを誇り、絶景です。
ブライデ・リバー・キャニオン自然保護区では、1,000種以上の植物を見ることができ、中には絶滅危惧種のソテツもあります。春には花々が咲き乱れ絶景ですが、峡谷が一番綺麗に見えるのは空気の澄んだ冬の時期である5月から8月です。

世界中の旅行者に大人気!アクティビティも充実

1 / 3