Dkboxdn8ophijk3v9ejz

北海道

CATEGORY | 北海道

北海道旅行のベストシーズンはいつ?時期別に北海道の魅力をご紹介!

2018.02.25

北海道旅行のベストシーズンは湿気が少なく涼しい夏ですが、この時期以外にも北海道の大自然を満喫できる時期があります。それは、新緑の時期、花の時期、流氷の時期といえます。今回は、各時期の北海道旅行について、花や鳥、動物などの情報を織り交ぜながら解説していきます。

  1. 北海道旅行のおすすめの新緑の時期は?
  2. 北海道の新緑の時期を展望しよう!
  3. 北海道の新緑の時期を散策しよう!
  4. 北海道旅行のおすすめの花の時期は?
  5. 北海道の花の時期を散策しよう! 
  6. 北海道の花の時期を展望しよう!
  7. 北海道旅行のおすすめの流氷の時期は?
  8. 北海道の流氷の時期を展望しよう!
  9. 北海道の流氷の時期を観察しよう!
  10. のんびりまったり北海道旅行
Sq5m27ry3invsrxlyubk
まず、北海道旅行のおすすめの時期は、5月下旬から6月上旬の新緑の時期です。北海道の長い雪の季節が終わり 広大な大地が眠りから覚め始める頃、新緑とともに桜やチューリップなどの春の花々が一斉に咲きほこります。そんなキラメキの時期に、さわやかな気分で散策できるおすすめのビューポイントを紹介していきます。

宇宙展望台

J9ss3kajibv6hnb0yqse
北海道の新緑を展望する穴場スポットの清里町「宇宙展望台」です。清里市街から一直線の道道を町営牧場方面に車を走らせれば到着です。周辺には、清里オートキャンプ場やパークゴルフ場があり、アウトドア好きの方には魅力があります。また、約10分圏内に趣きの違う3つの日帰り温泉施設がありますので、旅の疲れを癒すこともできます。
Duoccv90bshcrgktsxro
この宇宙展望台の真正面にそびえたつ秀峰斜里岳をバックにして、見渡す限りの新緑を満喫できます。この展望台は町営牧場の中にありますので、北海道の牧歌的なランドスケープを楽しむことができるとともに、少し遠くに目をやると世界遺産知床の山並みから知床岬まで見渡すことができます。また、天気が良ければ、北側のオホーツク海の淡いブルーも望めます。

東藻琴芝桜公園

Mkxxpbfv1mavu0gwm37o
北海道の新緑の時期に合わせるかのように、芝桜が山の斜面一面に咲き乱れる大空町東藻琴の芝桜公園です。網走市街地から車で約30分のドライブとなります。可憐なピンク色の芝桜に取り囲む新緑が脇役となって織りなすコラボレーションは、筆舌に尽くしがたいスペクタルを演出してくれます。
O1m1fqhhaiq6mld7hovy
芝桜公園の東側には、東藻琴が標榜する「ノンキーランド」の象徴でもあるホルスタイン牛をかたどった芝桜が見て取れます。この白い部分も白色の芝桜で造成されていて、ちょっとわかりにくいですが、目の表情も少し笑ったように工夫されています。また、この芝桜公園を20~30分かけてゆっくり散策すると、芝桜のほのかな香りでα波が満載になり、日ごろのストレスやわだかまりも一瞬にして吹き飛ぶことでしょう。
Ezwvjovm3ryjknpbtusk
これが芝桜のアップ画像です。濃いピンクの花と淡いピンクの花に白い花が三位一体となって咲きほこっています。まさしく、大自然の広大な大地に人が手作業で造り上げた公園という面持ちです。また、この公園内にはこの時期限定で温泉施設もオープンしています。
W2rcpr0moqtnry6mxrg9
さらにおすすめの時期が、6月下旬から7月下旬のロマンチックな花の時期です。この時期の北海道は、百花繚乱という言葉が最もふさわしく、名所や公園のみならず、道路の脇やのり面にもひっそりと花を咲かせます。特に、「エゾスカシユリ」というオレンジ色のユリ科の花は、北海道の道端のいたるところで咲きますので、初めて見る方はわき見運転には気をつけてください。

礼文島

Y18z7brwqqs1sdukt8be
北海道の数ある花のビューポイントから「花の浮島」と評される礼文島を紹介していきます。この時期の礼文島は島の西半分がオレンジ色や黄色の様々の花々に埋め尽くされたロマンチックな光景が広がります。まず、この 花を満喫するには、何泊か宿泊する余裕のあるスケジュールを策定して、礼文島の西側中心に整備されたトレッキングコースをゆっくりと歩くことをおすすめします。
Mblhcufwilbdhfagen67
淡い白い雪が薄く降り積もった面持ちの「エゾウスユキソウ」は、その上品で可憐な美しさから高山植物のプリンセスと呼ばれています。この花はヨーロッパアルプスのエーデルワイスの仲間として有名で、礼文町の町花にもなっています。
Hhhfvztoo8glshcyt7ry
礼文島の固有種の「レブンアツモリソウ」は、淡いクリーム色の袋状の花弁をつけ、その姿はたいへんエレガントで優美です。礼文島の北西に群生地がありますが、近年その数は激減してきていて、人の手によって保護されている状況です。見ごろは、周辺の多くの花々が咲き始める6月上旬頃ですが、その花の期間は短いですのでうまくスケジュール調整をする必要があります。また、礼文町のマスコットキャラクター「あつもん」のモチーフとなっています。
Adwyhcqslwhlsxevkn3a
Sqlc5wmpynyuajqmflw6
この時期の最もオーソドックスな花である「エゾカンゾウ」です。稚内からフェリーに乗って礼文島近くまで来ると、島全体が黄色く見えますが、その黄色がこのエゾカンゾウです。この時期の礼文島のいたるところに咲き乱れ、私たちの心を和やかにしてくれます。特に、島の北側の「金田ノ岬」周辺に広く分布していて見ごたえがあります。また、この近くの幌泊漁港の岩場にはアザラシがよく昼寝をしていますので、見逃さないようにしましょう。

スコトン岬

Mk90or1xcmkxvsaokz88
礼文島の最北端に位置する「スコトン岬」です。先に見えてるのが「トド島」といって、トドやアザラシの生息域となっています。そして、はるかかなたにロシア領のサハリンが遠望できますので、最北限の国境地点という感慨があります。(日本の最北の地は稚内の宗谷岬です。)また、ここが花を巡り歩く「愛とロマンの8時間コース」の元祖で、礼文島内には様々のトレッキングコースが整備されています。

澄海岬

Wi8cgjlzhlrrpsjdcxg3
ここが「澄海岬(すかいみさき)」といって、花が多い礼文島の西側に車で入れる展望台です。また、先ほどの8時間コースの中間地点となります。ここから展望する湾内は一段と鮮やかなコバルトブルーで、私たちを大変爽やかな気分にしてくれます。
Z5a6pyqbusgbdtisnyes
北海道の流氷の時期は、1月下旬から3月下旬が一つの目途です。ここ最近は、流氷の勢力が弱くなってきており、あっという間に流氷がなくなってしまう年もあります。2018年度は気温の低い日が続き、久々にしっかりと網走にも着岸しています。この流氷も3月にもなると、画像のように海氷面が流氷の白色とオホーツク海の青色に澄み渡る青空が加わり、日本でここでしか見る事の出来ない光景となります。

能取岬

L56kkb9uuch3tun5bsdw
流氷観光の最もオーソドックスなビューポイントの網走の能取岬(のとろみさき)です。ここは地形が半島になって突き出たようになっていますので、流氷を180度展望することができます。また、天気の良い日には斜里岳から知床岬に続く知床半島を一望できます。特に、能取岬先端にある駐車場の少し手前の「美岬(みさき)牧場」周辺からの展望がベストです。
Kbld1nllngrlesyvhciw
流氷の大海原を飛翔する「オオワシ」の勇姿です。北海道の冬の使者オオワシは、はっきりとした黒い羽に鮮やかなオレンジ色のくちばしと白い尾羽が王者の風格を醸し出しています。北海道の冬にだけやってくる貴重な猛禽類で天然記念物に指定されています。
Ghax7inst0wbdw2p7ifo
これがオオワシよりの若干地味な「オジロワシ」です。この名前の通り尾羽は白く、くちばしも薄い黄色で、冬に数が増えますが、1年中北海道で生息しているものもいます。
K0drcuyexbvj9c9zusls
このような流氷に寝そべるアザラシを流氷観光船から見つけることができます。なんとも愛らしい風貌は誰をも魅了すること間違いなしです。
Uanojaocy836gxra2ryi
ここまで、北海道のおすすめの時期について考察してきましたが、北海道旅行の醍醐味は日ごろの慌ただしい喧騒の毎日から自分自身を開放して、のんびりまったりと時間を過ごすことと言えます。そのためにも、できるだけ細かいスケジュールを策定しないで、お気に入りのビューポイントで悠久の時間を過ごすことをおすすめします。