Al3lkpmicm3ejflzxfiy

東京

CATEGORY | カテゴリー

ペルー料理の魅力は?特徴や東京で食べられるおすすめ店などご紹介【2018年】

2018.08.22

世界一と言われている、最近話題のペルー料理! ペルー料理はどんなものがあるか、ご存知でしょうか? ペルーに旅行に行かなくてもペルー料理は楽しむことができるんです! 今回は、ペルー料理の魅力は?特徴や東京で食べられるおすすめ店などご紹介いたします!

目次

  1. ペルー料理の魅力は?特徴や東京で食べられるおすすめ店などご紹介【2018年】
  2. 【ペルー料理】ペルーってどんな国?
  3. 【ペルー料理】ペルー料理の特徴は?
  4. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理をご紹介!
  5. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理 1.アヒ・デ・ガジーナ
  6. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理 2.セビーチェ
  7. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理 3.ロモ・サルタード
  8. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理 4.チュペ・デ・カマローネス
  9. 【ペルー料理】伝統的なペルー料理 5.クイチャクタード
  10. ペルーで人気のお菓子やドリンクをご紹介!
  11. ペルーで人気のお菓子やドリンク 1.インカコーラ
  12. ペルーで人気のお菓子やドリンク 2.アルファホレス
  13. ペルーで人気のお菓子やドリンク 3.ペルーコーヒー
  14. ペルーで人気のお菓子やドリンク 4.インカコーン
  15. 東京で食べられるおすすめペルー料理店をご紹介!
  16. おすすめペルー料理店 1.ベポカ
  17. おすすめペルー料理店 2.アルコ イリス
  18. おすすめペルー料理店 3.ミラフローレス
  19. おすすめペルー料理店 4.ジャイタイナスカ
  20. 【ペルー料理】まとめ

ペルーはアマゾン川流域の熱帯雨林、アンデス山脈の高地などに囲まれている南米の国の1つです。
世界遺産にも登録されて世界有数の観光地としても有名なマチュピチュはじめ古代のインカ文明の遺跡などが数多く残されており、世界史を語るには外すことができない国としても有名です。
マチュピチュ周辺にはウルバンバの谷やインカ道や、植民地時代の都市であるクスコなど、数多くの遺跡が現存しているので旅行にもおすすめです。
首都リマは、南米きってのリゾート地としても有名で旅行客も数多いです。

穀物や魚介類が有名な産地のペルーでは、栄養満点で美味しい料理が沢山あります。
また、ペルー料理はヨーロッパやアメリカなど様々な国から影響を受けており、様々な国や土地の食文化が混ざり合ってできているのも特徴です。
そんなペルー料理は2014年に世界で最も美食を楽しめる国部門でワールド・トラベル・アワードの最優秀賞を獲得したほど!
今、世界中が注目している料理であるペルー料理の特徴やおすすめの料理をご紹介!

黄色い唐辛子とクリームで鶏肉を煮込んだのが特徴のペルー料理!
カレーのように食べると、ペルー料理の特徴でもあるぴりからでもクリーミーな味わいが楽しめます。
上にはゆで卵をのせるとよりマイルドなのでおすすめですよ!
ペルーでも人気の国民食で、日本でも簡単につくることができます。
ペルー料理の中でも人気が非常に高い料理なのでぜひチャレンジしてみてくださいね!

アヒデガジーナ(Ají de gallina)という黄色唐辛子のペルー風カレーは、とってもクリーミーで辛さもマイルド。食べやすくて美味しくてご飯がどんどん進みます🍽 今週末(7/20,21)は東京代々木公園でペルー料理フェスです!"おいしいペルー2018"いろんなペルー料理を食べれますよー❣️ #ペルー料理 #ペルー #アヒデガジーナ #おいしいペルー #南米料理 #南米旅行 #ajidegallina #comidaperuana

魚介が豊富なのが特徴的なペルーのおすすめ料理!

日本でも有名な料理、セビーチェ。
セビーチェはもとはペルー料理なのはご存知でしたか?
魚介類が良くとれるペルーでは魚を使った料理もたくさんあるのが特徴で、その一つなんです。
魚介のマリネなので、日本でも簡単に作ることができますしパクチーなどを入れるとより一層美味しいのでおすすめです!ペルーに旅行に来たような気分が味わえます!
現地で使用されている調味料をゲットできたら、より本格的なペルー料理ができあがりますよ!

日本人でも大好きなマリネ!
さわやかな味と軽い口当たりでお酒のあてや前菜にもかかすことはできませんよね!
ペルーは海に面していることもあって魚介が豊富にとれます。
とれたての新鮮な魚介をマリネにしていただくとよりおいしさが増しますよね!
日本でも海鮮料理は非常に人気が高いですが、家庭でセビーチェも簡単に作ることができます。
少しでも本場の味に寄せて作りたい!という場合は、入れる具材以上に調味料に気を付けてみてはいかがでしょうか?
なかなか国内では手に入らない調味料も多いですが、輸入食品屋さんなどに行ってチェックしてみてはいかがでしょうか?

1 / 5