Hte72mahrhgfsevnahzl

アルゼンチン

CATEGORY | アルゼンチン

アルゼンチンの物価は高い?【2018年】日本と比較してわかったこと

2019.01.17

南米のパリとも言われているアルゼンチンは旅行先として人気が高いですが、物価が高いのかは気になるところです。またインフレもしていることから、特にアルゼンチンに長期滞在をするのであれば注意が必要です。これを見ればアルゼンチンの物価のことがわかります!

目次

  1. 物価はあまり安くはないのが現在のアルゼンチン
  2. 日本の物価と比較をするとアルゼンチンの物価は日用品などは安いことがほとんど
  3. インフレが激しくなっていることにアルゼンチンでは注意をする必要がある
  4. アルゼンチンは物価が高いので旅費は余裕を持って準備をしておくのがおすすめ
  5. 物価が高くなっているアルゼンチンで両替をするときの注意点
  6. クレジットカードの使用について
  7. まとめ

アルゼンチンは先進国ではないのですが、物価が安い国にはなっていません。またインフレも激しくなっていて年率20から40%ほどとなっているので、日本からアルゼンチンに長期滞在をしたい移住をするまえには物価や値上げについてのことを知っておく必要があります。

アルゼンチンで売られている日用品であったり食料品などは日本よりも安いことがほとんどなのですが、日本と比較すると極端に高いものもあるので注意をする必要があります。特に輸入品には注意を必要があるのでカートに入れるときには事前に価格をチェックしておかないと、レジで驚いてしまうこともあります。

年々インフレが進んでいるので、昨日は10ペソで買えた商品が今日は15ペソになっているようなことが日常的に発生しています。一年間だとどんどんインフレしてくので、昨年だと600ペソで買うことができたのが今年だと800ペソになるようなインフレをしていることから、お金の価値が下がっていくのは日本ではあまり感じないことなので注意が必要です。

アルゼンチンで買い物をするときはクレジットカードを使って無利子の分割払いを使うと、インフレが進むので結果的には割安で購入することができるので、アルゼンチンに住んでいる人はスーパーなどでもクレジットカードで支払いをしてる人が日本と比較すると多くなっています。他にも安く買い物をするためには高いスーパーだけではなく安く商品を扱っている商店も利用すると、お得に買い物をすることもできるようになります。

日本に住んでいる日本人がアルゼンチンに行くと思ってたよりも物価が高いので予算が足りなくなってしまい、目的のルートを観光することができなくなる可能性もあります。インフレが激しいことも予想以上の出費になることもあるのでアルゼンチンに観光に行くときには余裕がある旅費を事前に準備をしておくことをおすすめします。また場合によっては旅費を節約するためにアルゼンチンに到着してからルートを変更することになる可能性も頭に入れておく必要もあります。

1 / 2