Emdmkdz9gwh67gkji5rm

アメリカ合衆国

CATEGORY | カテゴリー

アメリカの文化の特徴や日本と生活の違いは?旅行前に要チェック!【2018年】

2018.09.30

日本人に人気の旅行先「アメリカ」は、映画やテレビドラマなどで馴染みがあるため、私たち日本人とそれほど大きな違いを感じませんが、アメリカの文化や生活には多くの違いがあります。旅行に行く前に知っておくべき文化の特徴や生活の違いについて紹介します。

目次

  1. アメリカと言う国の文化の特徴
  2. アメリカへ旅行に行く前に
  3. アメリカと日本の文化の違いと特徴① あいさつ
  4. アメリカと日本の文化の違いと特徴② ゼスチャー
  5. アメリカと日本の文化の違いと特徴③ 乗り物(車)
  6. アメリカと日本の文化の違いと特徴④ 乗り物(バス)
  7. アメリカと日本の文化の違いと特徴⑤ 乗り物(地下鉄)
  8. アメリカと日本の文化の違いと特徴⑥ レストラン
  9. アメリカと日本の文化の違いと特徴⑦ 生活習慣
  10. アメリカの文化を理解して旅行を楽しもう

日本人にとって馴染み深いアメリカ。言葉や文化、食生活など、数多くのものがアメリカの影響を受けています。また、映画やドラマなどでアメリカ人の生活の一部を垣間見ると、アメリカ文化を理解した気持ちになりますが、本当に正しく理解しているのでしょうか。

アメリカは、今でこそ移民に厳しい対応をし始めていますが、もともと移民の国と言われていました。北米大陸を開拓したイギリス系やフランス系の白人を始め、南米や東南アジアからの移民、かつての奴隷の子孫と言われているアフリカ系などたくさんの人種がお互いを尊重し合いながら生活しているのがアメリカです。人種の「サラダボウル」と言われているアメリカでは、自分の意見をしっかり述べないと生きていけないと言う側面もあります。また、チェレンジ精神が旺盛で明るい民族性もアメリカらしい特徴の一つでしょう。

日本とアメリカの文化や生活の違いを理解しておかないと誤解を招くこともあります。ここでは、アメリカ旅行の前に知っておきたい文化や生活の違いと特徴について解説します。

アメリカのドラマなどでよく見る「ハグ」は、アメリカの生活の中でポピュラーな挨拶の仕方です。日本人には、少し気恥しく抵抗を感じるハグですが、気軽な挨拶としてアメリカ旅行をした時に試してみましょう。アメリカ人にハグされそうになって頑なに拒否するとお互いに気まずくなってしまいます。

慣れるまでは、戸惑うハグですが、気軽に応じられるようになるとおしゃれです。

言葉でのコミュニケーションが難しいときは、ゼスチャーも役立ちますが、意味を間違えるとトラブルになることがあります。

自分を指す時

日本では、自分を指さす時は、鼻のあたりを指で指し示しますが、アメリカでは、片手で胸のあたりを指します。鼻を指さすと「鼻がどうしたの」と心配されてしまうかもしれません。また、人やものを指し示す時は、人差し指で刺すのではなく、手全体を使って指し示すようにしましょう。指だけで刺すと相手に不快な印象を与えてしまう場合があります。

手招き

日本で人を呼ぶときは、手のひらを下にして「おいでおいで」をしますが、アメリカでは手のひらを上に向けて指を上下に動かします。よく、アメリカの映画やドラマで見る「カモン」のイメージです。日本の手のひらを下にして指し示すゼスチャーは、アメリカでは「あっちに行け」の意味になってしまうので注意しましょう。

1 / 4