Ong64vqmvpgs1m6hc43l

富山

CATEGORY | 富山

黒部のトロッコ完全攻略【2018年度版】~紅葉・予約方法までご紹介~

2018.10.19

日本でも人気の黒部ダム!放水を見たりトロッコに乗ったり、見どころ満載です。 そんな黒部ダムは、どうやっていくのでしょうか? そこで今回は、黒部のトロッコ・峡谷完全攻略【2018年度版】~紅葉・雨天時・予約方法まで~をご紹介いたします!

目次

  1. 黒部のトロッコ・峡谷完全攻略【2018年度版】~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~
  2. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部とは?
  3. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムとは?
  4. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムのアクセス方法
  5. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムの歴史
  6. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムのみどころ1.放水
  7. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムのみどころ2.ガルべ
  8. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムのみどころ3.トレッキング
  9. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムのみどころ4.レストラン
  10. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】立山黒部アルペンルートとは
  11. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】立山黒部アルペンルートでの乗り物
  12. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムの持ち物
  13. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムで人気のお土産
  14. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部の氷筍水
  15. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムでのイベント1.大町トンネル開通60周年イベント
  16. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムでのイベント2.くろにょんによる黒部ダム案内
  17. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムおすすめ撮影スポット1.ダム展望台
  18. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】黒部ダムおすすめ撮影スポット2.放水観覧ステージ
  19. 【黒部のトロッコ・峡谷完全攻略~紅葉・雨天時・予約方法までご紹介~】新展望広場レインボーテラス
  20. まとめ
黒部ダムが建設された地点は黒部川の水量も多く、水力発電所設置に適した場所であることは大正時代から知られていた。ただ、第二次世界大戦などもあり、黒部川の開発は下流の仙人谷ダムおよび黒部川第三発電所にとどまっていた。戦後、高度経済成長期を迎えると電力不足が発生し、関西地方では、昭和30年代、工場で週2日、一般家庭では週3日、使用制限が行なわれていた[10]。その事態を受け、関西電力の代表取締役(当時)太田垣士郎は1956年、戦前に調査(一割強程度)・計画・設計は実施したものの、開戦以降お蔵入りとなっていた黒部ダム建設事業を急遽たちあげた。それは、同社の社運をかけた大規模プロジェクトであり、近畿(関西)地方への電力供給ひいてはその経済復興が懸かっていた。黒部ダム建設にあたって工区を5つに分割し、それぞれに異なる建設会社が請け負った。

黒部ダムとは、日本でも非常に有名なダムの1つですが、そもそもどこにあるのかご存知でしょうか?長野県にあると思っている方が非常に多い黒部ダムですが、正確にいうと位置するのは富山県立山町です。ここいったい3000m級の山々が連なっており、その地形を生かしてダムが建設されました。富山県立山町は、長野県との県境に位置しているので長野県からも行きやすい場所となっています。黒部ダム一帯は中部山岳国立公園内を横切る立山黒部アルペンルートに位置しています。

黒部ダムまでのアクセスは複数の方法がありますが、大まかにわけると長野県から入る方法と富山県から入る方法に分かれます。長野県殻の場合は大町から黒部ダムに入る方法と、富山県であれば立山から黒部ダム入る方法です。車で長野ルートで黒部ダムに行く場合は、「扇沢駅」が1番便利でおすすめです。電車でアクセスする場合はJRの信濃大町駅が最寄りとなっており、駅からは路線バスもしくはタクシーでアクセス可能です。関東方面からアクセスする場合は、新幹線からJRに乗換後、長野駅で下車後、特急バスを使用して扇沢駅までです。
富山からの場合であれは、立山駅からのアクセス方法が便利です!

黒部ダム設計には7年の歳月に200名弱の死者が出たほど壮絶な大工事でした。石原裕次郎主演で映画になった「黒部の太陽」でもその壮絶さは伝わってきます。是非、訪れる前に見ていただきたい映画です。そして周戦後まもなくの復興の時期に建設された黒部ダムは今もなお使用されているほどの当時の技術が高度だったことがうかがえます。

黒部ダム(くろべダム)は、富山県東部の立山町を流れる黒部川水系の黒部川に建設された水力発電専用のダムである[2][3]。1956年(昭和31年)着工、171人の殉職者と7年の歳月をかけて、1963年(昭和38年)に完成した[4]。貯水量2億トン[3]。 北アルプスの立山連峰と後立山連峰にはさまれた黒部渓谷にある黒部ダムは、黒部川下流域の海に面する黒部市から直線距離で約40km南東に位置し、長野県大町市から直線距離で約20km西に位置する(県境から約3km西に位置する)[5]。 黒部ダムの水は平均水温4度。ダム右岸の取水口から、山中に掘られた導水路(専用トンネル)を通って[6]、約10km下流の地下に建設された黒部川第四発電所(黒四)に送られて、ダムとの545mの落差で発電する[7]。この発電所の名称から黒四ダム(くろよんダム)とも呼ばれる[8]。 富山県は北陸電力の事業地域であるが[9]、黒部ダムは関西電力が建設し、発電された電気は関西電力の事業地域に送電されている。 黒部ダム建設の経緯は第二次世界大戦後の復興期にさかのぼる。当時、関西地方は深刻な電力不足により、復興の遅れと慢性的な計画停電が続き、深刻な社会問題となっていた[10]。決定的な打開策として、関西電力は、大正時代から過酷な自然に阻まれ何度も失敗を繰り返した黒部峡谷での水力発電[11]以外に選択肢を見い出せず[12]、当時、人が行くこと自体が困難で命がけだったその秘境の地でのダム建設案に、太田垣社長(当時)は「黒部しかない」「関西の消費電力を一気に賄える」「工期7年、遅れれば関西の電力は破綻する」と決断し[12]、資本金の3倍[6](最終的に5倍[7])の総工費で臨んだ。完成当時、大阪府の電力需要の50%(25万kW)を賄ったことでも知られ、東京に追いつくべく産業も重工業への転換がようやく可能になった[13]。

大迫力の黒部ダムは見どころ満載です。特に、観光客に人気の高い見どころといえば、やはり観光放水ではないでしょうか?毎秒10t以上もの大量の水が日本一の高さから放水され、噴き上げられます。人工的とはいえ、まるで滝のように美しく、黒部ダムで1番尾盛り上がる場所です!黒部ダムに行くのであれば放水は見逃すことはできません!非常に広いのですが特に展望台や外階段、新展望広場などでは特にきれいにみることがDけいるのでおすすめです!その中で特に人気のレインボーテラスでは放水を非常に近くで見ることができます。晴れた日には放水を行うとに美しく、巨大な虹がかかります。

1 / 5