2018年05月09日 UPDATE

アメリカで買いたいハイブランドから安い店まで、人気店をチェック!

日本国内でも人気なアメリカ発の多数のファッションブランド。日本国内で販売される商品はアメリカから輸入しているため、本土で購入するよりもどうしても値段が高くなってしまうのが現状です。今回は、訪米時には必ずチェックしたいファッションブランドについてご紹介します。

目次

  1. アメリカに行ったら訪れるべき人気店とは
  2. 【アメリカ発!ハイブランドショップ編】
  3. ①アメリカ発ランジェリーブランド「Victoria's Secret(ヴィクトリアズシークレット)」
  4. ②アメリカ発人気ブランド「COACH(コーチ)」
  5. ③バッグが人気なハイブランド「Kate Spade(ケイトスペード)」
  6. ④アメリカ人なら1つは持っているであろうハイブランド「Michael Kors(マイケルコース)」
  7. ⑤日本で大人気のアメリカブランド「Abercrombie & Fitch(アバクロンビーアンドフィッチ)」
  8. 【アメリカ発!ファッション・ボディケア・化粧品編】
  9. ①アメリカンな匂いのブランド「Bath&Body Works(バスアンドボディワークス)」
  10. ②アメリカ・NYの調剤薬局が発祥のブランド「Kiehl's(キールズ)」
  11. ③アメリカで人気なコスメブランド「SEPHORA(セフォラ)」
  12. ④アメリカ最王手のドラッグストアブランド「Walgreens(ウォルグリーン)」
  13. ⑤アメリカブランドのドラッグストア「CVS/pharmacy(シーブイエスファーマシー)」
  14. 【アメリカブランド!スーパーマーケット編】
  15. ①とにかく安い!広い!これぞアメリカなスーパー「Walmart(ウォルマート)」
  16. ②アットホームなアメリカブランド「Target(ターゲット)」
  17. ③オーガニック商品豊富なアメリカブランド「Trader Joe's(トレーダージョーズ)」
  18. ④オーガニックアメリカブランド「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」
  19. ⑤日本で大人気なアメリカブランド「DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)」
  20. おわりに

アメリカに行ったら訪れるべき人気店とは

4091
引用: http://www.candytower.com/link2/zakka/4000/4091.jpg

アメリカと聞いて思い浮かべるのは、大きな土地に広がる巨大なスーパー、その中で売られている大量の食材や日用品と買えば買うほど安くなるシステム・・・なんて人も多いのではないでしょうか。実際にアメリカでは買えば買うほど安くなるサービスは一般的であり、取り入れているお店も多いです。また、食品や日用品だけではなく、日本国内でも有名なハイブランドのお店に関しても、アメリカ国内ブランドということで、日本国内では想像できないくらい、まさにありえない金額で購入できてしまうことも多いのです。知らなきゃ損なことばかりのアメリカでの暮らしやショッピング。今回はそんなアメリカを訪れた際に必ず寄りたいお店を紹介します。旅行前には、是非チェックしてみてくださいね。

【アメリカ発!ハイブランドショップ編】

マークジェイコブス、ラルフローレン、ティファニー、トリーバーチ・・・などなど、アメリカ発のファッションブランドで日本国内でも人気のブランドは数多く存在します。日本国内でハイブランドのバッグを持っている人を見かけることもよくありますよね。でも、日本でハイブランドなバッグや財布を買うには高くて手をが届かない・・・そう思っている人でも、アメリカを訪れてショップの中で、日本で買えなかったバッグや財布の現地での値段を見たらさぞ驚くことでしょう。アメリカ国内だと、アメリカ発祥ブランドものをこんなに安い値段で買えてしまうのか!と驚くようなファッションハイブランドの数々をご紹介します。

M8000597 113 alt1?h=1020&qlt=70&unsharp=&img404=noimagemedium
引用: https://i1.adis.ws/i/Marc_Jacobs/M8000597_113_ALT1?h=1020&qlt=70&unsharp=&img404=NOIMAGEMEDIUM

①アメリカ発ランジェリーブランド「Victoria's Secret(ヴィクトリアズシークレット)」

V609321
引用: https://dm.victoriassecret.com/p/380x507/tif/23/03/23039063488643758c4ce3ddafa4b11a/V609321.jpg

ビクトリアズ・シークレットでは、ランジェリー商品はもちろん、その他にもコスメや小物など様々な商品が取り揃えられています。アメリカ発のランジェリーブランドと聞けばかなり派手でセクシーすぎるし日本人には合わないんじゃ・・・と思われるかたも多いはず。しかし実際に品揃えを見てみると、普段使いしやすいデザインの商品も充実しているんです。アメリカらしく、Buy 1 Get 1 free(1つ買ったらもう1つをタダでもらえる)というサービスをおこなっていることも多いので、きらびやかなコスメ・小物たちをお土産としてたくさん購入してみるのもいいかもしれません。

ランジェリーブランドであるものの、コスメ商品の評価も高いです。ハイブランドのコスメ商品と比べると、手軽な金額で購入できてしまうのも嬉しいですね。

アメリカのランジェリーブランドだから派手な柄ばかりなんじゃないのかな・・・と思う人も多いかもしれませんが、意外と黒やグレー、落ち着いたパープルやブルーをベースにしたランジェリーも多数取り揃えられていますので、ショップを目にしたらチェックがてらふらっと足を運んでみてはいかがでしょうか。種類が豊富なので掘り出し物にも出会えるかもしれません。

②アメリカ発人気ブランド「COACH(コーチ)」

0504 wlp1
引用: https://www.coach.com/on/demandware.static/-/Library-Sites-globalLibrary/default/dw89d5b35c/201805/WLP/0504-wlp1.jpg

アメリカ発のブランドで、日本国内にも多くのファンを抱えるファッションハイブランド、COACH。アメリカで買うコーチは、とにかく安い。日本ではこの値段だったバッグがこんなに安い値段で買えてしまうのか。。。と私自身驚愕した思い出があります。バッグや財布など、日本に売られている値段の半額ほどで買えるものばかりなのです。また、女性に人気なショップ限定のバッグなど、そこでしか買えない商品も揃っているので要チェックしてみましょう。

上記のようにハイブランドバッグを半額以下で買えてしまうことも多々あるので、バッグや財布を買い換えたいと考えている人は必見ですよ。また、アウトレットモールでの購入はさらに安い値段でゲットできることもありますので、旅行の際には近くのアウトレットモールにショップが入っていないかどうかをチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

③バッグが人気なハイブランド「Kate Spade(ケイトスペード)」

May catheaders handbags
引用: https://cdn.katespade.tech/na/assets/img/topnav/May_CATHEADERS_handbags.jpg

アメリカ・ニューヨーク発のハイブランド「Kate Spade」もCOACH同様にアメリカ国内で購入したほうが断然安く手に入れることができます。人気のバッグもアメリカで購入すると安いと人気で、日本で売られているバッグの値段の半額ほどの値段で手に入ります。また物によりますが、バッグや財布は半額以下、アウトレットであればさらに安い値段で手にできちゃいます。

Pxru8883 137 1?$large$
引用: https://katespade.insnw.net/KateSpade/PXRU8883_137_1?$large$

こんなに可愛いバッグが安い値段でゲットできてしまうアメリカの価格設定には本当に驚きです。

ハイブランドのバッグを1万円以下で余裕で買えてしまうアメリカ・・・やはり自国ブランドは強いんですね。

④アメリカ人なら1つは持っているであろうハイブランド「Michael Kors(マイケルコース)」

Lp women 5
引用: https://www.michaelkors.com/img/MKBusiness/refreshes/2018/trans/refresh1/global/desktop/women/LP_WOMEN_5.jpg

アメリカ国内でも人気でアメリカ人なら一つは持っているであろうブランド「Michael Kors」。日本国内でも男女問わずに人気のブランドです。下着や洋服、アクセサリー系も販売していますが、バッグに関してはこちらも日本で購入するよりも安い値段でゲットすることができちゃいます。半額といかないまでも、30-40% OFFの価格でハイブランドのバッグを手に入れられるのです!

マイケルコースは下着から洋服、バッグや財布、スーツや時計まで、様々な衣類用品を取り揃えているとことが魅力ですよね。デザインもアメリカらしいきらびやかなものもありますが、下着や洋服などはシンプルなものが多く、日本人にも馴染みやすいデザインが豊富です。アウトレットモールにも入っていることが多いですので、訪米時には近くのアウトレットモールのショップガイドも是非チェックしてみてくださいね。

⑤日本で大人気のアメリカブランド「Abercrombie & Fitch(アバクロンビーアンドフィッチ)」

Anf 20180411 category womens linw 01?$marketing$&scl=1
引用: https://anf.scene7.com/is/image/anf/anf-20180411-category-womens-LINW-01?$marketing$&scl=1

こちら「Abercrombie & Fitch」は日本国内では結構値段の張るブランド物と認識されていますが、こちらもアメリカ国内では日本よりも安い値段で購入することができます。物によっては5,000円程度安いものもありますし、SALEに行けばほぼ半額程度での購入も可能なんてこともありえます。ブランド店が入っているアウトレットモールを探したり、SALEのタイミングを調べてから出向くのがいいかもしれません。

日本国内を歩いていれば必ず1人はアバクロの洋服を着ている人に出会いますよね。アバクロに関してはアメリカよりも日本での人気のほうが高いのかもしれません。昔から人気の絶えないアバクロを本場アメリカで訪れてみてはいかがでしょうか。きっと掘り出し物やアメリカでしか買えない洋服にも出会えるはずです。

【アメリカ発!ファッション・ボディケア・化粧品編】

Cetaphil
引用: http://binkanhada-skincare.net/wp-content/uploads/2015/02/Cetaphil.png

①アメリカンな匂いのブランド「Bath&Body Works(バスアンドボディワークス)」

Bath and body works scents tease 150606 6d032723131ab3d80d6e4ffeda456b64
引用: https://media2.s-nbcnews.com/i/newscms/2015_23/618906/bath-and-body-works-scents-tease-150606_6d032723131ab3d80d6e4ffeda456b64.jpg

一度つければ、まさにアメリカンな匂いが漂うこちらバスアンドボディワークスのボディケア用品。強烈な匂いかと思いきや、時間が経つにつれて匂いが薄れてきますので朝起きてすぐに塗れば、出かけるころにはちょうど良い香りを漂わせて気持ちよく外出できます。このお店は商品のラインナップがとても豊富で、買えば買うほど安い値段で手に入れられるので、自分用土産としても、友達へのお土産としても是非チェックしてみてください。

Fntier sp3 b3g3 sel hm
引用: http://www.bathandbodyworks.com/on/demandware.static/-/Sites-BathAndBodyWorks-Library/default/dw9118e290/images/Spring2018/fntier_sp3_b3g3_sel_hm.jpg

前述の通り、BUY 3, GET 3 FREE(3個買えばもう3個をタダでもらえる)や$4.95のフェイスマスクが3個買うと全部で$12になったりと、たくさん買えば買うほど安い値段になるキャンペーンも随時行われているので、このショップでボディケア用品を大量にアメリカ土産として揃えてしまうのも良いかもしれませんね!

パッケージも匂いもこれぞアメリカ!と感じてしまうような、お土産を購入するのにぴったりのショップですね。

②アメリカ・NYの調剤薬局が発祥のブランド「Kiehl's(キールズ)」

16476356861 514dcb6c65
引用: https://farm8.staticflickr.com/7352/16476356861_514dcb6c65.jpg

こちらは日本にも店舗を持つアメリカ・ニューヨーク発祥のコスメショップです。日本でも購入は可能ですが、アメリカブランドなのでやはり国内で購入するよりもコスメが断然安い!本店はニューヨークのイーストビレッジ内にありますので、ニューヨークへの旅行の際にコスメ用品をチェックしたいと思ったら、立ち寄るべきコスメショップです。

③アメリカで人気なコスメブランド「SEPHORA(セフォラ)」

Sephora beauty tip workshop 01 gallery
引用: https://www.dexigner.com/images/article/24830/Sephora_Beauty_TIP_Workshop_01_gallery.jpg

セフォラはフランスで発祥した最大のコスメメーカーですが、アメリカにも大々的にコスメショップとしてチェーン展開をしているので、各所で目にすることができます。アメリカのコスメショップといえばセフォラと感じる人が多いのは、その店舗数の多さからではないでしょうか。各種ハイブランド、カウンセリング化粧品、コスメ用品の取り扱いはもちろんですが、セフォラは自社ブランドも展開しているので、オリジナルブランドのコスメやメイク道具も必見です。特にリップグロスの人気が高く、自分用のアメリカコスメ土産として購入するかたも多数ですので、見かけた際には是非一度店内をチェックしてみてください。

④アメリカ最王手のドラッグストアブランド「Walgreens(ウォルグリーン)」

Walgreen0305
引用: https://www.pharmacy-investigation.info/img/walgreen0305.jpg

現在アメリカで最大の店舗数を誇るドラッグストアチェーン「ウォルグリーン」。アメリカ国内を歩いていれば、必ず目にすることができるでしょう。ドラッグストアなので医療品やコスメはもちろん、食料品や衣類までなんでも揃っているのが嬉しいですね。また、ウォルグリーンは数あるドラッグストアの中でも消費者からの人気が一番高く、24時間営業をしている店舗や、なんとドライブスルーのある店舗もあるそうです。何かを買い忘れた時や今すぐ何かが欲しい時に安い値段で手に入れられる便利なお店です。

⑤アメリカブランドのドラッグストア「CVS/pharmacy(シーブイエスファーマシー)」

Cvs pharmacy 01
引用: http://www.theprestonpartnership.com/wp-content/uploads/2012/06/CVS-Pharmacy-01.jpg

アメリカ最大手のドラッグストアチェーンの「シーブイエスファーマシー」。こちらもウォルグリーンに負けないくらいどこにでもあり、歩いていれば必ず見かけるようなドラッグストアなので、何かを買い忘れた時や今すぐ何かが欲しい時に便利です。もちろん医療品やコスメから食料品や衣類まで揃っています。お値段も非常に安いので、お財布にも優しいです。

【アメリカブランド!スーパーマーケット編】

201504 vegetables 4 8
引用: https://welove.expedia.co.jp/wp-content/uploads/2015/05/201504_vegetables_4-8.jpg

①とにかく安い!広い!これぞアメリカなスーパー「Walmart(ウォルマート)」

Walmart
引用: https://www.winecurmudgeon.com/wp-content/uploads/2016/06/walmart.jpg

とにかく広い店内と安い商品が揃うここウォルマート。ウォルマートを知らないアメリカ人はいないと言われるほどの有名な大手チェーンのスーパーマーケットです。日用品から食べ物、生活雑貨や衣類まで、ウォルマートに行けば安い値段で何でも揃えることができるので、ばらまき系のお土産、特に食品をお土産として選ぶのであれば、間違いなくウォルマートで揃えるのがベター。広い店内、安い食材を眺めながらアメリカンな気分を存分に味わいましょう。

Walmart g 07
引用: https://travel-rounge.com/wp-content/uploads/2016/05/walmart-g-07.jpg

上の画像は値段が異なりますが、8個入りで$3.49の有名なココアが、ウォルマートで買うと、お徳用サイズの30個入りが、なんと衝撃の$3.98でゲットできちゃうなんてことも。とにかく安い、多いでお土産にぴったりです。

②アットホームなアメリカブランド「Target(ターゲット)」

8b4d4635e46a690b60a87c131fa8a820
引用: http://co-media.s3.amazonaws.com/2015/07/8b4d4635e46a690b60a87c131fa8a820.jpg

その名の通り、ターゲットマークが特徴的なスーパー「ターゲット」は日本でいうイトーヨーカ堂のようなアットホームな雰囲気を持っています。食品から日用品、リビング用品や衣類、文具と一通りなんでも揃っているスーパーマーケット。

C4c6c 103 94d501d2841d1806f4683a51df72e7ab
引用: http://image.news.livedoor.com/newsimage/c/4/c4c6c_103_94d501d2841d1806f4683a51df72e7ab.jpg

一番の特徴としては、オリジナル商品が豊富で、安い割にデザインが良いと好評なところです。先日はお洒落な長靴で有名な「HUNTER」とのコラボ商品も展開していました。こちらのスーパーもアメリカ土産を買うのに最適です!

③オーガニック商品豊富なアメリカブランド「Trader Joe's(トレーダージョーズ)」

Ac56fe4b8619142 mb56f619a129682 th56fe2fc1d4207
引用: https://d30wnp4dqh55m7.cloudfront.net/6/AC56fe4b8619142_MB56f619a129682_TH56fe2fc1d4207.jpg

オーガニック商品が比較的安い値段で購入できるスーパーマーケットで、アメリカ風な広い店内ではなく、コンパクトにまとまった店舗の多いブランドです。特におすすめなのはトレーダージョーズのオリジナル商品!ヨーグルトなどの食品からボディクリームなどの日用品まで様々なジャンルでのオリジナルブランドを展開しています。

Trader joes eco bag
引用: http://america-seikatsu.com/wp-content/uploads/2014/06/trader-joes-eco-bag.jpg

また、トレーダージョーズオリジナルブランドのエコバッグは、アメリカ土産の定番品として人気を博しています。種類としては布製やビニール製のエコバッグがあり、頑丈な作りとなっています。値段は安いもので$0.99~高くても$6.99とお手頃価格。ビニール製のエコバッグは、州によってデザインが異なるそうなので、様々な州のブランドをついつい揃えたくなってしまいそうですね。

④オーガニックアメリカブランド「Whole Foods Market(ホールフーズマーケット)」

Good 161 sum640 1402447711
引用: http://imagef.navi.com/newyork/shop/contents_list_thumb/201406/Good_161_sum640_1402447711.JPG

ハワイを始め、全米に400店舗展開する超巨大オーガニック系高級スーパーチェーン「ホールフーズマーケット」。先ほどご紹介した「トレーダージョーズ」よりも価格設定は高めとなっています。日本人に人気の観光地ハワイでは、ガイドブックにも掲載されていて、スーパーマーケット自体が観光名所になっているそうです。ホールフーズでは、日本ではなかなか見つけられないような商品やオーガニック商品も多数取り揃えられているので、ちょっと贅沢なアメリカ土産としてチェックしてみてはいかがでしょうか。

Whole foods market 2
引用: http://blog.shirokumachan.com/wp-content/uploads/2017/10/Whole-Foods-Market-2.jpg

ホールフーズはどの店舗も大きく、ホームセンターの様に広々とした店内となっています。お菓子やスイーツ、女子に人気のプチプラコスメまで様々な商品が取り揃えられているので、ついつい迷子にならないように気をつけてくださいね。

⑤日本で大人気なアメリカブランド「DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)」

Img 0
引用: https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-77-e9/sakuraandhanabi/folder/939610/20/14290220/img_0

今や日本でもお馴染みのブランド「DEAN & DELUCA(ディーン&デルーカ)」の本店は、アメリカ・ニューヨークのソーホーに位置しています。ソーホー地区と言えば、おしゃれなショップやハイブランドのお店も集まるニューヨークでもっとも活気のあるエリア。街はいつもとてもにぎやかなので、歩いているだけで楽しむことができそうですね。

74756b3b8fec2a9c95133348a019f0eb
引用: https://i.pinimg.com/originals/74/75/6b/74756b3b8fec2a9c95133348a019f0eb.jpg

マグカップやトートバックなど、現地の店舗限定商品も取り揃えられているので、興味のある方は是非ぜひニューヨークに行かれた際にはチェックしてみてはいかがでしょうか。

おわりに

いかがでしたか?アメリカを訪れれば、安い値段で手に入るハイブランド商品や大きくて安い日用品がお土産として買えるスーパーマーケットまで、様々な楽しいお店にめぐり合うことができます。訪米の前に、気になるお店は要チェックして、楽しいアメリカ生活を満喫しましょう!