E8rd6ill3hfppkaesu5f

シンガポール

CATEGORY | シンガポール

簡単!シンガポールの地下鉄完全攻略【2018年度版】~時間や料金など~

2018.10.24

シンガポール旅行に行ったら、ぜひ公共交通機関である地下鉄(MRT)を乗りこなして色々と観光を楽しみたいですね!今回はシンガポールの地下鉄(MRT)の運行時間やチケットのチャージ方法、アプリや料金などについてご紹介したいと思います。

目次

  1. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介1・シンガポールの公共交通機関
  2. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介2・MRTのチケットの種類
  3. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介3・MRTのチケットの買い方
  4. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介4・MRTの乗り方
  5. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介5・MRT乗車時のマナー
  6. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介6・MRTアプリ
  7. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介7・スコールでも安心!MRT直結の施設
  8. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介8・MRTの運行時間
  9. シンガポールで地下鉄に乗ろう!料金やチャージ方法、アプリなどについてご紹介9・ラッシュはあるの?
  10. まとめ

シンガポール旅行で、よく利用する移動手段と言えば、地下鉄(MRT)、タクシー、バスでしょうか。他にセントーサ島に行くケーブルカーなどもありますが、主な物は上記の3つです。時間が無い時などは、日本よりも乗車料金も安いタクシーが便利ですが、やはりローカルが主に使う公共交通機関のバスやMRTを使って効率よく時間を使い観光を楽しみたいですね。

バスは2階建てと普通のバスの2種類がありますが、路線によって2階建てと普通のバスは決まっています。筆者がシンガポールに行った際、子供がどうしても2階建てバスの先頭に乗りたい!というのでチャイナタウンからリトルインディアまで乗車したのですが、先頭の大きな窓から見える景色に大喜びでした!

公共交通機関を使いこなす基準としては、時間が無い時にはタイムスケジュールのしっかりしたMRTがおすすめ、時間をかけてゆっくりと車窓の景色やより濃いローカル感を味わうにはバスといったかんじでしょうか。どちらも簡単で楽しいので是非利用してみてくださいね!

シンガポールのMRTに乗るにはもちろんチケットを購入しなければなりません、3種類のチケットがありますので滞在期間によって使い分けてみてくださいね。

最初にご紹介するのはez-linkという、チャージ式のカードです。日本でいうとスイカやPASMOのような感じだと考えれば間違いないでしょう。毎年シンガポールに行く、仕事でこれからシンガポールに通うことになりそう、1ヶ月以上の長い滞在、などであればez-linkを買ってしまって問題ないと思います。

ez-linkカードの発行は窓口で行います。まず最初に12ドル(カード発行料金5ドル+7ドル分のチャージを含む)が必要となり、全ての路線バスとMRTで自由に使えるICカードになります。後でご紹介するスタンダードカードよりも割安な金額で地下鉄に乗れますが、カード発行料金の5ドルがリファウンドされないので、その差額が5ドル未満になりそうな場合(1日しか滞在しないなど)であればスタンダードカードがおすすめです。

次にご紹介するのは、3日程度の旅行であれば筆者的には一番おすすめの「ツーリストパス」です。こちらのカードはMRTと路線バスが乗り放題のカードで、1日券が20ドル、2日券が26ドル、3日券が30ドルとなっています。実はこちらの料金には10ドルのデポジットが含まれていて、発行から5日以内にカードを返却すれば10ドルが返却されますのでかなりお得になっています。

1 / 4