2018年11月08日 UPDATE

シンガポールの電源・プラグやアダプタは?【2018年度版】

今回紹介するのはシンガポールの電源事情についてです。シンガポールの電源は日本とはプラグ、アダプタ、周波数が違うので電化製品を使用する場合やiphoneやパソコンを充電する際には注意が必要です。シンガポールの電源形態や注意しなければいけないことなどを紹介します。

目次

  1. 1.シンガポール電源 プラグ編
  2. 2:シンガポール電源 アダプタ編
  3. 3:シンガポールの電源 周波数編
  4. 4:シンガポールの電源 iphone充電編
  5. 最後に

1.シンガポール電源 プラグ編

Yyza8140ixdllujoxmuu
引用: https://www.instagram.com/p/BHMkqYDgmj7/

シンガポールのプラグについて

Eeh8tp3n9fscx5cwbrhi
引用: https://www.instagram.com/p/BnL7aFlBwTn/?tagged=%E5%A4%89%E6%8F%9B%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0

まず最初にご紹介するのはシンガポールで使用されているプラグについてです。シンガポールで使用されているプラグは日本と違います。日本のプラグは世界共通型式でいうところのAタイプというものです。Aタイプというのは電源プラグに長方形のピンがついておりそのまま差し込みます。一方シンガポールのプラグはBFタイプというまったく日本とは違う形状をしています。BFタイプは電源側に3の差し込み口がついており上に1つ、下に2つで三角形の形をした差し込み口があります。これは日本のコンセントは全くはめることができないのでBF型に合わせようとすると変換プラグが必要になります。

2:シンガポール電源 アダプタ編

Grudggei0fuaqaiux3wm
引用: https://www.instagram.com/p/Bp3KHJEn3-Z/

シンガポールのアダプタについて

Mme4qi3cflzncga6us9u
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2FJsbnJNR/

シンガポールのプラグは冒頭に紹介したようにBF型になっており3本の差し込み口があるのでアダプタも当然3本の差し込み用になっています。日本製品をそのまま使用することはできないので変換アダプタが必要になります。変換アダプタはビックカメラやヨドバシカメラ500円から800円で購入することができます。成田空港や羽田空港でもアダプタを購入することができますが、割高なのであらかじめ家電製品屋さんで購入されていくことをおすすめします。ただしアダプタを購入したからといって日本製品が全てそのまま使用できるとは思わないでください。一番の落とし穴はドライヤーや美容製品です。愛用のものがあり海外でも使いたいと思い使うと、その製品が100Vしか対応していなければ、電源を入れた瞬間に壊れてしまいます。なぜならシンガポールの電源電圧は230V50Hzだからです。日本の電化製品は100Vで50-60Hzなので合いません。

3:シンガポールの電源 周波数編

Vali53rtozmtsowsya3a
引用: https://www.instagram.com/p/BmiN9x7g5Ni/

シンガポールの周波数について

G8eoo3yoqgff0qjybahj
引用: https://www.instagram.com/p/BbtxWzLhxMP/

前項でもちらっと紹介しましたがシンガポールの電源電圧は日本と違うので日本の電化製品をそのまま使おうとすると壊れてしまいますので注意してください。ただ、髭剃りや携帯充電器などは200-230Vに対応しているものもあるのでプラグさえあれば使うことができます。シンガポールの周波数は60Hzです。日本の場合は静岡を基準に関東方面が50Hz、東海方面が60Hzに分かれていますがシンガポールは60Hzのみです。日本で50Hzのものを使用している場合でも60Hzには対応できるので電源電圧さえあっていれば大丈夫です。

4:シンガポールの電源 iphone充電編

Faym4bz8uq4blgqqruvm
引用: https://www.instagram.com/p/Bp38dFQBwBT/

シンガポールでのiphone充電について

Zi2nv9qhr8rrqqzzbl7q
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2_bZJnfoa/

旅行者の方が充電で一番気にするものと言えば携帯の充電、ずばりiphoneの充電ではないでしょうか?日本で購入したiPhoneは230Vにも対応しているのでBFタイプの電源変換プラグがあれば日本の充電器をそのまま差し込んで使用することができます。iPhoneの充電器は正規品からコピー品まで現地ではたくさん販売されているので変換プラグがなくても現地で簡単に調達することができます。また変換プラグがあり、パソコン(日本製のパソコンはだいたい230Vにも対応しています)を現地で使用する場合はiphoneの充電コンセントをパソコンにさせば充電することができます。よってシンガポールの周波数が60Hzということで注意しなければいけないことは特にありません。

最後に

F78elb6bemqkco74qfap
引用: https://www.instagram.com/p/BmXFaMXFco9/

ここまでシンガポールの電源事情についでご説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか?まとめるとシンガポールのプラグ、電源使用はBFタイプで、BFタイプというのは3本の差し込み口がある。日本のコンセントはそのまま使用できないので電源変換プラグが必要。シンガポールの電源電圧は230V60Hzで日本の100V、50-60Hzとは違うため電化製品はそのまま使用できないものがある。(使用する場合は別途トランスが必要)iphoneやパソコンは230Vに対応しているので変換プラグがあればそのまま使用できるということです。以上のことを参考にしていただけば電源に関してはばっちりです!

Tnrkn9ugbw6cm2wapl1z
引用: https://www.instagram.com/p/Bm24wghHG6f/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/108152502@N04/10906061943/sizes/l