Izmmt5vsrtnt1ue4s2hf

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ラスベガスからロサンゼルスの移動手段を調べて見た!【2018年版】

2018.11.02

日本人の旅行先としても大人気のアメリカ・ラスベガスからロサンゼルスまでの個人での移動手段は、主に飛行機・バス・レンタカーです。今回は、これら3つの移動手段別の詳細を一挙ご紹介いたします。滞在中にラスベガス・ロサンゼルス間の移動をご検討中の方は必見です!

目次

  1. ラスベガス→ロサンゼルス移動手段①:飛行機
  2. ラスベガス→ロサンゼルス移動手段②:バス
  3. ラスベガス→ロサンゼルス移動手段③:レンタカー
  4. ラスベガス・ロサンゼルス間の移動手段【適性】
  5. ラスベガス・ロサンゼルス間のツアーもある
  6. 終わりに
00 phenix 1
引用: http://jafmate.jp/blog/media/00_phenix_1.jpg

はじめにご紹介するラスベガス・ロサンゼルス間の移動手段は「飛行機」です。飛行機の場合は圧倒的に短時間で移動ができるというのが最大のメリットですね。現地でのスケジュールがタイトな方や、少ない滞在日数で色んなところに行きたい方には一番おすすめです。対して、デメリットは何よりも費用が高くつく点であると思います。

費用・所要時間

Shutterstock 136699517 e1437633836218
引用: https://welove.expedia.co.jp/wp-content/uploads/2015/07/shutterstock_136699517-e1437633836218.jpg

費用は時期にもよりますが、だいたい100ドル〜200ドルが目安です。フライト時間は約1時間程度です。空港までの移動時間や搭乗手続きなどを加味してもトータル3時間前後あれば移動できてしまうでしょう。

903
引用: http://isapa.info/area/modules/myalbum/photos/903.jpg

続いてご紹介するラスベガス・ロサンゼルス間の移動手段は「バス」です。バスのメリットとしてはとにかく費用が安く抑えられること。時間に余裕があるバックパッカースタイルの旅行をされている方に最もおすすめです。デメリットとしては長時間・長距離の移動となるので時間が無い人や体力の無い人にとっては不向きな点です。

費用・所要時間

Src 10977926
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/album/src/10/97/79/src_10977926.jpg?updated_at=1423020266

費用はバス会社や利用する時間・座席のグレードなどにもよりますが、20ドル〜30ドル前後が目安です。時間やグレードを選ばなければなんと1ドルからでもあるそうですよ。所要時間は約6時間です。

14331 1
引用: https://welove.expedia.co.jp/wp-content/uploads/2016/01/14331_1.jpg

続いてご紹介するラスベガス・ロサンゼルス間の移動手段は「レンタカー」です。国際免許証・クレジットカードを所有していれば手軽に借りることができる上に、車だと自分のペースで予定が組めるので自由度が高いのが最大のメリットですね。デメリットとしては渋滞など交通状況により計画が左右される点や、運転の疲労などが挙げられます。

費用・所要時間

20180114141132
引用: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/pochicanada/20180114/20180114141132.jpg

費用はレンタカー単体で1日約60ドルからが目安となります。そこに保険料約10ドル〜20ドル・ガソリン代などが加算されることを念頭に置いておきましょう。所要時間は道路の交通状況により大きく左右されますが、だいたい4時間〜6時間程度だと思います。通勤・帰宅ラッシュや休日などは道路も混雑しますので、余裕を持ってスケジュールを立てましょう。

Scale 2635397 1920 1024x569
引用: https://mimizuku-edu.com/wp-content/uploads/2017/07/scale-2635397_1920-1024x569.jpg

これまでラスベガス・ロサンゼルス間の移動手段を3つご紹介いたしましたが、どれが最適なのかという適性は旅のスタイルによって変わりますよね。基本的には、お金に余裕があるけど時間に余裕がない方は飛行機・時間に余裕があるけどお金に余裕がない方はバス・時間に余裕があって自由度の高い旅がしたい方は車、を選択すると良いでしょう。

1 / 2