2018年11月02日 UPDATE

ラスベガスでの買い物【2018年版】知っておきたい安いお店や免税のこと

海外旅行をするにあたって、醍醐味のうちの一つである「お買い物」。ラスベガス旅行にあたっても例外なく楽しみなものだと思います。今回は、ラスベガスでお買い物をするにあたっての現地の免税事情や、お土産におすすめの安いアウトレットモールなどを一挙ご紹介いたします。

目次

  1. 衝撃の事実!?ラスベガスは免税店でお買い物ができない
  2. ラスベガスでのお買い物には「ノース・プレミアム・アウトレット」へ
  3. ラスベガスでのお土産のお買い物には現地のスーパーへ
  4. ラスベガス旅行での免税品のお買い物には帰りの空港で
  5. 終わりに

衝撃の事実!?ラスベガスは免税店でお買い物ができない

B909dedc96ab91503fca7e00ce553896333a0232
引用: https://d1d37e9z843vy6.cloudfront.net/jp/images/3582988/700/b909dedc96ab91503fca7e00ce553896333a0232.jpeg

まず、大前提としてラスベガスでは海外旅行者を対象とした免税制度がありません。支払った税金を後ほど還付するという制度もありません。なぜなら、アメリカは国ベースではなく州ごとに細かく税制度が制定されているため、国全体としての免税制度などを設けていないからです。

Taxfree img
引用: http://www.sej.co.jp/library/common/in2017/taxfree/taxfree_img.png

「海外旅行でお買い物といえば免税」という先入観ってどうしてもあるかと思いますが、アメリカに至ってはこの限りでは無いということを念頭に置いておくと良いでしょう。それを踏まえて、ラスベガスで安いお店でお得にお買い物をするコツなどを次からご紹介していきます。

ラスベガスでのお買い物には「ノース・プレミアム・アウトレット」へ

Premium
引用: http://www.enjoy-usa.jp/lasvegas/content/shopping/img/premium.JPG

免税制度のないアメリカ・ラスベガスでお得にお買い物をしたい場合は、「ノース・プレミアム・アウトレット」がおすすめです。ここはラスベガスのメインストリートであるストリップから車で約10分前後とアクセス良好な場所に位置しており、ホテルからの無料シャトルなども運行しているケースがあるため利用しやすいアウトレットモールです。

Lrg 11703520
引用: http://img.4travel.jp/img/tcs/t/tips/pict/lrg/117/035/lrg_11703520.jpg

様々な高級ブランドショップが軒を連ねていますよ。アウトレットなので、「ラルフローレン」や「コーチ」などのアメリカ発祥のブランドは特に安い値段でゲットすることができるんです。ラスベガスで洋服やバッグなどのファッション関係のお買い物には、ノース・プレミアム・アウトレットがお得だと言えますね。

ラスベガスでのお土産のお買い物には現地のスーパーへ

W700 3183 b22370f595ed638ae521ce2b4401d315
引用: https://image.tabinaka.co.jp/tour/w700-3183_b22370f595ed638ae521ce2b4401d315.jpg

ラスベガスへ旅行をするにあたって、家族や友人・職場の同僚などにお土産を購入する必要がある方も多いかと思います。そんな時におすすめなのが、現地のスーパーです。「Whole Foods Market」や「Trader Joe's」などの大型スーパーでは、食料品など細々としたお土産に最適なものが多数揃っています。

Blog import 5aa2a893e1a27
引用: https://blog-imgs-120.fc2.com/l/a/s/lasvegascat/blog_import_5aa2a893e1a27.jpg

大型スーパーでは、アメリカ土産らしいチョコレートやスナックの他にも、ソルトやペッパーなどの調味料・ラスベガスロゴが入ったTシャツやグッズなど全て売られているのでお買い物がしやすいですよね。友人や同僚へのばらまき用のお土産探しには、ぜひ現地の大型スーパーを活用してみてはいかがですか。

ラスベガス旅行での免税品のお買い物には帰りの空港で

Lax individual desk store 2
引用: https://www.dfs.com/medias/LAX-Individual-Desk-Store-2.jpg?context=bWFzdGVyfGltYWdlc3wxNzg0Mzl8aW1hZ2UvanBlZ3xpbWFnZXMvaGNlL2hlNy84ODI0MjI2MjUwNzgyLmpwZ3xjZTk2NDA0ZDkzYTllYWU5ZGU1YTM0ODE4ZjIxYmU5NDMwYTIwNDAwYjUyZTU5YTIzMDdkZmZjYTFhOWUxMWJh

繰り返しになりますが、ラスベガスには免税を行っているお店がないため滞在中には免税品のお買い物は不可能ということになります。どうしても免税品のお買い物をしたければ、ラスベガス旅行から帰る際の空港でしかお買い物ができません。ラスベガスとなると、ロサンゼルス・カリフォルニア・ラスベガスの国際空港になると思いますが、日本の空港の免税店のようなラインナップではありません。

650x 38435493
引用: https://cdn.4travel.jp/img/thumbnails/imk/travelogue_pict/38/43/54/650x_38435493.jpg?updated_at=1435676675

免税できる物が限られているため、希望のブランドの免税店がないといったケースも十分にあり得ますので注意してください。また、アメリカではタバコやお酒に関しても日本で購入するより高価となります。購入を考えている方は、そのあたりを熟考してから購入すると良いと思います。

終わりに

Lasvegas
引用: https://www.compathy.net/magazine/wp-content/uploads/2016/04/lasvegas.jpeg

今回は、アメリカ・ラスベガスのお買い物事情として、免税情報やお得にお買い物を楽しめる情報を一挙大公開いたしましたが、いかがでしたでしょうか。アメリカでは免税制度を行っていないため、基本的にブランド物のお買い物はお得ではないということを理解しておきましょう。

G00924 1 l
引用: https://www.ab-road.net/CSP/img/GRL/REPORT/24/G00924/G00924_1_l.jpg

日本で購入するよりも圧倒的にアメリカで買ったほうが安いもの(例えば、アメリカ発祥のブランド物など)や、アメリカでしか手に入らないものを中心にお買い物をすると良いですよ。ラスベガス旅行でお買い物をする際に、ぜひ参考にしてみてくださいね。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.compathy.net/magazine/wp-content/uploads/2016/04/lasvegas.jpeg