Zojmqegshamiguzd2zjx

オーストラリア

CATEGORY | カテゴリー

エアーズロックのおすすめ観光プラン5選【2018年度版】

2018.11.05

赤色の巨岩・エアーズロック(ウルル)は、夏には40℃を超えるオーストラリアの乾燥地帯ノーザン テリトリー州に位置していますが、いつ頃の観光がベストシーズンなのでしょうか。今回は、持ち物や日数も合わせてエアーズロックのおすすめ観光プランをご紹介します。

目次

  1. エアーズロック観光について
  2. エアーズロックのおすすめ観光プラン①オルガ岩群(The Olgas)&エアーズロック・サンセット
  3. エアーズロックのおすすめ観光プラン②サンライズと麓めぐり
  4. エアーズロックのおすすめ観光プラン③サンセット・星空鑑賞&BBQディナー
  5. エアーズロックのおすすめ観光プラン④キングスキャニオン(Kings Canyon )
  6. エアーズロックのおすすめ観光プラン⑤ラクダでめぐるエアーズロック・サンセットとフィールド・オブ・ライト・スター・パス
  7. おわりに
Hd0wtrqzxbzmrwg3hs3l
引用: https://www.instagram.com/p/BpJ5tjxlKuG/

エアーズロックは、オーストラリアの大自然がもたらした赤い巨大な岩で、ウルルという名称で世界遺産に登録されています。エアーズロック観光のベストシーズンと持ち物をご紹介します。

ベストシーズン

C0ngkuakknumwmfk4cae
引用: https://www.instagram.com/p/BpN-Xb9gYXz/

エアーズロック観光では、いつかベストシーズンなのでしょうか。登山をプランしている場合は、日中気温が20℃~25℃の4月~6月と9月~11月がベストシーズンです。気温が36℃を超えたり強い風が吹いたりする場合にはエアーズロックへは登れません。

持ち物

Jc0l08dp0z9no1a4mipm
引用: https://www.instagram.com/p/BmIkFuhHjpu/

エアーズロック周辺は、朝晩の温度差が激しいので昼間は20℃前後の快適な温度でも夜間は冷え込むことがあります。脱ぎやすく動きやすい服装で薄手の羽織を用意されることをおすすめします。オーストラリアは紫外線が強いため、日焼け止め・サングラス・帽子などの紫外線対策グッズが必須の持ち物です。

Nmemu3jzyhnxqa5n4tiw
引用: https://www.instagram.com/p/BppWrhAAyzP/

午後から世界遺産のカタジュタと呼ばれるオルガ岩群(写真上)を訪れウォルパ渓谷を散策した後、夕方にエアーズロックへ移動しサンセットを鑑賞するプランがおすすめです。スパークリングワイン(写真下)を飲みながら夕日に照らされるエアーズロックの色の変化を楽しめます。このプランに必要な日数は半日です。

Pascjdvkd15zwtwyutnp
引用: https://www.instagram.com/p/BpoK44YFWmB/

ウォルパ渓谷(Walpa Corge Walk )

Hoy2efujt2yvqyh6gqit
引用: https://www.instagram.com/p/Bd7fABzFd5T/

ウォルパ渓谷を散策しながらユニークな植物や動物を見ることができます。

エアーズロック・サンセット

Ida0aqosfchjgzbzsanm
引用: https://www.instagram.com/p/Bpl-m1DHUql/

夕日に染まりゆくエアーズロックを見ることができるサンセットツアーはおすすめです。

Immpyfxa394ibnjdpv3q
引用: https://www.instagram.com/p/BplCb7-hJ2w/

ホットドリンクを飲みながらエアーズロックの美しいサンライズ(朝日)を眺めた後、マラウォーク(Mala Walk)やクニヤウォーク(Kuniya Walk)などの麓をめぐるプランも人気です。必要な日数は1日です。

マラウォーク(Mala Walk)

Heupkvigessshaxry50z
引用: https://www.instagram.com/p/BbZe2u4HgSS/

エアーズロックの登山口にあるマラウォークは1時間程の散策を楽しむことができます。オーストラリア先住民のアボリジニーの壁画もあります。(写真下)

Jjf3buxjjeukbczxcssb
引用: https://www.instagram.com/p/BYZkoPBl1Sh/

クニヤウォーク(Kuniya Walk)

A99glhnqoe94lekbh2qv
引用: https://www.instagram.com/p/BZ53M8RDrZc/

クニヤウォークでは、エアーズロックの麓にあるカピムティジュルの泉を見ることができます。

Leu8cpbyvxjjgj1vmefq
引用: https://www.instagram.com/p/BpWxNwvBXAG/

プランの前半は、ウルル・カタジュタカルチャーセンター(Uluru-Kata Tjuta Cultural Centre)を見学してマラウォークを散策します。その後、エアーズロックのサンセットを眺め、星空鑑賞をしながらバーベキューディナーを楽しみます。このプランの必要日数は1日です。

1 / 2