Ts1tzecka0pua8i1i0hp

ドイツ

CATEGORY | カテゴリー

ニュルンベルクの観光スポット5選【2018年版】かかる日数や所要時間など

2018.11.07

中世の雰囲気を楽しめるニュルンベルクはクリスマーケットで有名な人気観光地です。今回はニュルンベルクの観光に必要な日数や移動の所要時間とおすすめ観光スポットをご紹介します。ぜひドイツ旅行の観光計画の参考にしてください。

目次

  1. ニュルンベルクとは?
  2. ニュルンベルク観光に必要な日数
  3. ニュルンベルクの観光スポット①フラウエン教会
  4. ニュルンベルクの観光スポット②カイザーブルグ城
  5. ニュルンベルクの観光スポット③聖ローレンツ教会
  6. ニュルンベルクの観光スポット④ハウプト広場
  7. ニュルンベルクの観光スポット⑤美しの泉
  8. ニュルンベルク観光情報まとめ
E8geahjtj4afm2sopo2r
引用: https://www.instagram.com/p/BeC8UxVBYX4/

ニュルンベルクはドイツ南部のバイエルン州にある街で、中世の面影が残る人気観光地です。芸術の都としても知られ、街を歩くと有名な噴水やおしゃれなお店など絵になるスポットをたくさん見かけます。

Fp3v1qwh0afocgqqxgj0
引用: https://www.instagram.com/p/BpK8s6elXvI/

日本からニュルンベルクへは直行便はないため、ミュンヘンやフランクフルトから鉄道でアクセスするのが一般的です。日本から2都市への飛行機移動の所要時間は12時間前後。そこからニュルンベルクまでの鉄道移動の所要時間はミュンヘンからが約1時間、フランクフルトからは約2時間です。

Pf5cwpsgssp08zgmizvz
引用: https://www.instagram.com/p/Bi2pHD5B02_/

見どころいっぱいのニュルンベルクで観光に必要な日数は最低でも1日半〜2日です。博物館などには入らず主要スポットで写真を撮ったりして楽しむだけであれば1日でも回れますが、ライトアップされた夜の街並みもきれいなので、できれば一泊はしたいところです。日本出発から帰国までは最低5日間は必要と考えてください。

Gdqvhm2uujrwvbt3vcf5
引用: https://www.instagram.com/p/BpJQSXegsq3/

「フラウエン教会」は、1349年に建てられた教会でニュルンベルクのランドマークのひとつです。16世紀になって取り付けられた仕掛け時計は毎日正午に動き、観光客の目を引きます。教会内部ではステンドグラスやマリア像など自由に見学可能です。

フラウエン教会の基本情報

Ixffhta7onqv9jlkehct
引用: https://www.instagram.com/p/BoVa0EhAS7k/

名称:Frauenkirche
住所:Hauptmarkt 14, 90403 Nuremberg, Bavaria, Germany
営業時間・開場時間:09:00-18:00

X6fmuomj4nbqbmirnqia
引用: https://www.instagram.com/p/BppcHHIlqID/

丘の上に立つ「カイザーブルク城」は、ニュンベルクの街並みを一望するのにおすすめのビュースポット。かつて見張り台の役目を果たしていた塔の上から絶景を眺めることができます。建物を利用した甲冑や武具などの博物館、皇帝礼拝堂などもあり、この街の歴史にふれることも可能です。

カイザーブルグ城の基本情報

Zndbrdcweadgb1pnbojq
引用: https://www.instagram.com/p/BX0SSnzgWqs/

名称:Kaiserburg Nurnberg (Nuremberg Castle)
住所:Burg 13, 90403 Nuremberg, Bavaria, Germany
営業時間・開場時間:10:00-16:00
利用料金や入場料:5.5ユーロ

Poezsfhndddu4h8uurwa
引用: https://www.instagram.com/p/Bhzi657AaRj/

高くそびえ立つ2つの尖塔が特徴の「聖ローレンツ教会」。ゴシック様式の教会であり、立派な尖塔だけでなくファサードの装飾、繊細な彫刻にも魅了されます。内部にも「受胎告知」のレリーフやステンドグラス、聖体安置塔など見どころがたくさん。ゆっくり見学したいスポットです。

1 / 2