2018年11月08日 UPDATE

秋田名物きりたんぽ名店おすすめ10選!ランチや体験情報も【2018年度版】

米どころ秋田では美味しい米をつぶし杉の棒に巻いて焼いた「きりたんぽ」が名物。味噌を付けて焼いたり鍋でいただく絶品料理です。秋田には美味しいきりたんぽがいただける名店がたくさんあります。今回はランチにもおすすめなきりたんぽの店を、体験情報も含めご紹介します。

目次

  1. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~①:昔のきりたんぽや
  2. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~②:元祖むらさき
  3. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~③:ちゃわん屋
  4. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~④:秋田きりたんぽ屋
  5. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑤:喰処北洲
  6. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑥:むら咲
  7. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑦:秋田長屋酒場
  8. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑧:無限堂秋田駅前店
  9. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑨:史跡保存伝承の里天鷺村
  10. ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑩:陽気な母さんの店
  11. まとめ

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~①:昔のきりたんぽや

Dql5y7h0kktomzithgvn
引用: https://www.instagram.com/p/BatxMpTlMLt/

きりたんぽの本場、大館市にあるきりたんぽの専門店です。丁寧に作ったきりたんぽを備長炭で焼き上げ、大舘産の比内鶏ガラで約8時間煮込んだスープで鍋にします。具材には大館産のセリ、ネギ、ゴボウ、舞茸、そして比内町の比内鶏など、こだわりのきりたんぽ鍋は絶品です。

N4rixvotafftdim2uuok
引用: https://www.instagram.com/p/BpokU-4Hbaz/

このお店はベストセラーのグルメ漫画「美味しんぼ」に登場したこともあるほどの人気店です。メニューはきりたんぽ鍋と比内地鶏のたたきのみとなっており、電話予約が必要です。きりたんぽ鍋は2,100円、比内地鶏たたきが1,500円。営業期間は9月中旬~5月中旬となっているので事前に確認しましょう。

【基本情報】

【住所】秋田県大館市字大館75-5【電話】0186-43-4040【営業時間】 11:30~20:00(14時~17時は休業)【定休日】月曜日【営業期間】9月中旬~5月中旬

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~②:元祖むらさき

Bhcgss1oqfwxhxbgtef7
引用: https://www.instagram.com/p/BagMtkSh6R9/

こちらもきりたんぽの本場、大館市の老舗郷土料理店「元祖むらさき」です。このお店のきりたんぽはもちろん手作りで、通常より2倍の大きさ。ご飯茶碗で約2膳半分の量なので食べごたえがあります。きりたんぽ鍋の他にも比内地鶏料理など、秋田の郷土料理をいただくことができます。

Rd3p78rsvrxtktfjjjmw
引用: https://www.instagram.com/p/Bo8tRJFhmKO/

美味しさの評判は本物で、多くの有名人が訪れており店内にはサインがたくさん飾られています。「The Tabelog Award 2018」ではBronzeを受賞し、授賞式ではBronze代表で表彰されました。こちらでは店内での食事の他、きりたんぽ鍋セットなどの地方発送も行っています。

【基本情報】

【住所】秋田県大館市幸町12-9【電話】0186-42-0741【営業時間】11:00~14:00・17:00~21:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~③:ちゃわん屋

Ncz8pydho669m9adjav8
引用: https://www.instagram.com/p/BZWMT6kDI3_/

秋田県秋田市、秋田駅から徒歩約19分のところにある郷土料理のお店です。多くの有名人が訪れ、バラエティ番組でも取り上げれました。旬の食材を使った郷土料理が自慢で、料理によく合う秋田の地酒も揃っています。8人座れるカウンター席もあるので一人でも気軽に立ち寄ることができます。

Yladiazrwvnbabxftoj4
引用: https://www.instagram.com/p/Bm3i7uGB5Z1/

このお店はご飯の中に海老のすり身が入った「だまっこ鍋」が名物。だまっこは、きりたんぽの元祖でスープはもちろん比内鶏スープ。きりたんぽはあきたこまちを使用し、秘伝の自家製タレも加わったきりたんぽ鍋は奥深い味わいです。「比内地鶏肉じゃが」や「比内地鶏舞茸炒め」も人気です。木の温もりあふれる店内で演歌のBGMを聴きながら秋田に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

【住所】秋田県秋田市大町4-2-7【電話】018-864-5202【営業時間】17:00~23:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~④:秋田きりたんぽ屋

Prqffxl0nroxrbzztrio
引用: https://www.instagram.com/p/BbY7mvenYjO/

古民家を使った店内には、マタギの狩猟道具やさまざまなディスプレイがされまるでマタギの家のような雰囲気あふれています。カウンター席、テーブル席、掘りごたつ席がありゆったり寛いだ気分で食事ができます。こちらでは、マタギが食した昔ながらのきりたんぽ鍋「マタギのきりたんぽ鍋」が人気。

Flly4dazn7hhyaku5bzu
引用: https://www.instagram.com/p/BNE97RwB_xH/

マタギが狩猟の際持ち歩いていた味噌がきりたんぽ鍋の元祖といわれており、この鍋は味噌仕立てになっています。時期によって異なりますが、ウサギ、イノシシの肉が具材として使われています。他にも通常のきりたんぽ鍋もあり、角館の醤油を使った比内鶏スープのもので、無添加にこだわった食材の鍋となっています。

【基本情報】

【住所】秋田県秋田市中通2-7-6緑屋ビル1F【電話】018-801-2345【営業時間】月~土16:00~1:00・日曜日11:30~1:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑤:喰処北洲

Qou76k7d6zjtkyjtrnqu
引用: https://www.instagram.com/p/BEYQtFmxf3j/

創業60余年の老舗料理店「喰処北洲」は秋田市大町にあります。手作りのきりたんぽを炭火で焼き上げ、本場大館の伝統のダシで仕上げたきりたんぽ鍋はここだけの味。川の見える店内で絶品の料理を堪能できるのも魅力です。きりたんぽ鍋は1,700円、注文を受けてからご飯を手で丸めてすり鉢でつき、きりたんぽを作り始めます。

Xzfbtmx12iwbe6dcykdo
引用: https://www.instagram.com/p/BLqPE2Xga8s/

日本海の名物「しょっつる鍋」も人気で、ハタハタの風味が活きた温もりのある味わいです。きりたんぽ鍋と共に堪能したいとう場合はハーフサイズがおすすめです。一品料理では「じゅんさい」や「ふきと竹の子の煮物」、「とんぶり」なども人気があります。米どころ秋田の銘酒とともに絶品きりたんぽ鍋をじっくり味わってみてはいかがでしょうか。

【基本情報】

【住所】秋田県秋田市大町 四丁目1番11号【電話】018-863-1316【営業時間】17:30~23:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑥:むら咲

Yzxupccf6auyhylctzim
引用: https://www.instagram.com/p/8XHDlFBPmd/

角館駅から徒歩約8分のところにある郷土料理店。手作りのもちもちしたきりたんぽが味わえるきりたんぽ鍋が人気です。角館できりたんぽ鍋を食べるなら「むら咲」といわれるほど有名なお店で、静かな住宅街にありながらランチタイムにはとても賑わいます。

Yksli3gmb0h634a1f97e
引用: https://www.instagram.com/p/Beuwj6Gl27G/

昼前には満席になることが多いため、確実にランチをいただきたい場合は予約を入れておくのがおすすめです。贅沢に比内地鶏をダシに使ったきりたんぽ鍋は薄味でありながらきちんとダシが効いてコクがあります。シャキシャキしたセリ、ふわふわでもっちりしたきりたんぽはやみつきになる美味しさです。

【基本情報】

【住所】秋田県仙北市角館町竹原町4-4【電話】0187-55-1223【営業時間】11:00~14:00・17:00~21:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑦:秋田長屋酒場

Rwhw4chckxlg8mwwb2b9
引用: https://www.instagram.com/p/zqpXuEviZK/

おおきな「なまはげ」がシンボルの秋田駅前にある居酒屋です。古民家風の趣のある店内にはカウンター席や座敷席、個室もあり寛いで過ごすことができます。きりたんぽは鍋は2~3人前と1人用の小鍋があります。また、鍋の他に「きりたんぽ味噌田楽」も人気の一品です。

Esr1llmavffoimpl6rz3
引用: https://www.instagram.com/p/BJpouxfARPi/

郷土料理メニューが多彩で、「とんぶり」や「いぶりがっこ」、「はたはた唐揚げ」もおすすめです。「男鹿の石焼鍋」や「しょっつる鍋」もぜひ味わっておきたい逸品です。秋田全蔵の銘酒が揃っているので、自慢の郷土料理とともに堪能しましょう。

【基本情報】

【住所】 秋田県秋田市中通4丁目16−17【電話】018-837-0505【営業時間】17:00~25:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑧:無限堂秋田駅前店

Dzllftijypkllvyskn3k
引用: https://www.instagram.com/p/BmQoCGQALvw/

秋田駅から徒歩約3分のところにある郷土料理と居酒屋のお店です。オランダ商館風の空間がエキゾチックで、ステンドグラスのランプや秋田県湯沢市の名物絵どうろうなどが店内を彩っています。稲庭うどんの名店でもあり、ランチタイムは「比内地鶏の親子丼セット」や「きりたんぽ定食」が人気です。

Ffhriw1awpgmdjgnzjm4
引用: https://www.instagram.com/p/-RH6k3SuMM/

他にも秋田牛や比内地鶏、ハタハタ料理も評判です。同じ建物内にある「甘味処むげん茶房」では、「クリームあんみつ」や「抹茶パフェ」などのデザートメニューが充実しています。ランチの後にテイクアウトもおすすめです。

【基本情報】

【住所】秋田県秋田市中通2丁目4-12【電話】018-825-0800【営業時間】<ランチ>平日:11:00~14:00・土日祝11:00~14:30・<ブランチ>土日祝のみ:14:30~17:00・<夜>17:00~22:00(ラストオーダー21:30)

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑨:史跡保存伝承の里天鷺村

Tbcbjflqytmaoxjcn5km
引用: https://www.instagram.com/p/BbNmhF6hMzo/

旧亀田藩の城下町、旧岩城町にある城下町を再現した歴史テーマパークです。敷地内には城門や史料館、阿部米蔵美術館、由利本荘市指定文化財である佐々木家や遠藤家、歴史館、お土産コーナーなどがあります。ここでは歴史をめぐる散策や「きりたんぽ定食」など秋田の郷土料理を味わえる食事処、そして伝統技術を体験できる「ぜんまい織体験」、「きりたんぽ体験」、「椿餅作り体験」、「地獄うどん作り体験」があります。

Cwdctwteprwnzrblcyiw
引用: https://www.instagram.com/p/Bb69S8OAORd/

きりたんぽ体験は1人350円できりたんぽ作りが味わえ、所要時間は約15分~30分ほどです。ご飯を粗くつぶし、杉の棒に巻きつけたら、きつね色になるまで炭火で焼き上げます。出来上がったきりたんぽはその場でいただくこともできます。自分で作った出来立てのきりたんぽの味は格別です。

【基本情報】

【住所】秋田県由利本荘市岩城亀田亀田町亀田町92-2【電話】0120-742-526【営業時間】3月1日~10月31日:9:00~17:00・11月1日~2月末日:9:00~14:00

ランチにもおすすめ!秋田のきりたんぽの名店|体験情報も~⑩:陽気な母さんの店

Boypjgvuk8evbwgadi8m
引用: https://www.instagram.com/p/BoEpNusBWI-/

きりたんぽの本場「大館市」にある体験交流型直売所 「陽気なお母さんの店」には、お母さんたち手作りの旬の地元野菜、惣菜、弁当、スイーツなどがたくさん並んでいます。人気があるのですぐに売り切れてしまうほどです。また、食堂ではオリジナルの「ほうれんそうラーメン」が人気。

Dfriwj32brdqmr9ymg5t
引用: https://www.instagram.com/p/BJ1k2Hkg3Lt/

そして、体験工房では「きりたんぽ作り体験」ができます。優しいお母さん方に教わりながら、楽しくきりたんぽ作りができ、出来上がったら鍋で美味しくいただくことができます。1人2,160円からで、4名以上の申し込みとなっており1週間前までの予約制です。

まとめ

Jhnxrbtrky4jhgtner9i
引用: https://www.instagram.com/p/BpkgA_Ig1jv/

いかがでしたでしょうか。秋田でおすすめのきりたんぽの名店をご紹介しました。きりたんぽの本場である大館市や秋田市内、角館など秋田名物きりたんぽは秋田を訪れたら必ず食べたい郷土料理です。きりたんぽ作り体験も秋田ならではの貴重な体験。ぜひ秋田の旅ではきりたんぽの名店を訪れ、伝統の味を堪能してみてはいかがでしょうか。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BpkgA_Ig1jv/