2018年11月08日 UPDATE

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット7選【2018年度版】

デュッセルドルフの観光情報紹介します。ヨーロッパ一の日本人街デュッセルドルフは効率よく回れば日数的には数日で楽しめます。世界遺産のあるケルンなどとセットで訪れてみてはいかがでしょうか。子供の楽しめる場所やお城などおすすめ観光スポット満載です。

目次

  1. デュッセルドルフ観光基本情報
  2. デュッセルドルフ観光交通機関
  3. デュッセルドルフおすすめ観光スポット①インマーマン通り
  4. デュッセルドルフおすすめ観光スポット②ベンラート城
  5. デュッセルドルフおすすめ観光スポット③ライン川プロムナード
  6. デュッセルドルフおすすめ観光スポット④ラインタワー
  7. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑤カールプラッツマルクト
  8. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑥旧市街
  9. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑦ケーニヒスアレイ
  10. まとめ

デュッセルドルフ観光基本情報

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州、州都のデュッセルドルフは人口62万人のうち約7000人が日本人です。毎年5月には日本デーも開かれ文化交流が行われる、とても日本と結びつきの深い都市の1つです。

Tksaroldxjzqouwpspkg
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2HAsLHNkN/

ルール工業地帯として栄えたこの街は第二次世界大戦で大きな被害を受けましたがその後の急速な復旧により、現在ではドイツ内でも裕福な都市となり、行政、ビジネスの中心地として栄えています。またヨーロッパの住みやすい都市6位になるなど、ドイツ国内でも人気の都市の1つです。

デュッセルドルフ観光交通機関

デュッセルドルフ観光で利用する交通機関は5つです。タクシー、Sバーン、Uバーン、路面電車、バスです。滞在日数に合わせてうまく交通機関を使い分けて効率よく観光してみて下さいね。

タクシー

空港から思い荷物を持っている際や、限られた日数で観光する際の強い味方がタクシーです。タクシーは金銭的に。。。という方に朗報です。デュッセルドルフなどヨーロッパを中心に急速に拡大しているのが格安タクシーUBERです。ネットで乗車場所と行先を入力すると迎えにくるまでの所要時間と、おおよその料金が瞬時に分かるので大変便利です。デュッセルドルフは日数的に効率よく回れば2、3日あれば十分かと思います。滞在日数に限りのある方はぜひチェックしてみて下さいね。

Sバーン

空港から市内や割と長距離移動する場合に利用するのがSバーンです。

Z04g7ulz2dh516kjcklk
引用: https://www.instagram.com/p/BfTXrPcgqKf/

Uバーン

観光で1番利用する方が地下鉄Uバーンです。多くの観光地の側にはUバーンの駅があります。

Votm519z0xbbvrpeyrlg
引用: https://www.instagram.com/p/BpUQ0X8l0UP/

路面電車

中央駅中心に路面電車が走っています。ドイツ語でシュトラッセンバーンと呼ばれています。

Bx5hzoretfearx6zqve2
引用: https://www.instagram.com/p/Bi99IOTl4cr/

バス

初心者はバスルートが複雑なので、乗りこなすのは難易度が高いかもしれませんが、街の景色を楽しみながら移動できるので日数的に長期で滞在される方はトライしてみてはいかがでしょうか。

Rasitb69rj7wboqvlq1d
引用: https://www.instagram.com/p/Bj_xPH-FTwm/

Sバーン、Uバーン、路面電車バスの料金

ドイツでは改札が存在しません。乗る前に購入した切符を打刻する必要があります。電車の場合は乗る前に設置されている機械で、バスの場合はバスの中に設置されている機械に通して打刻し、これを行うことで日本でいうの改札を通ったことになります。定期的にチェッカーと呼ばれる人が車内をチェックします。切符を持っていてもこの打刻がないと罰金(60ユーロ)の対象になるので必ず打刻は忘れずに行いましょう。

料金はすべての電車バス共通で、Kチケット(片道)=1.6ユーロ、Aチケット(片道)=2.7ユーロ、24時間券=7ユーロ、4回券(K、Aチケット)はK=5.9ユーロ、A=10ユーロとなります。Kチケットは短距離移動(2~3駅乗車距離によります)用、Aチケットは駅数無制限市内の片道切符です。※子供は別途料金設定ありです。4回券の場合は兼用はできないので、大人用、子供用それぞれ購入する必要があります。滞在日数に合わせてチケットを購入してみて下さいね。また長期日数滞在される方は、市外に出ることもあるかっと思いますその場合はBチケット、Cチケットと距離に応じて切符が異なるので駅やHPなどで確認してみてください。

デュッセルドルフおすすめ観光スポット①インマーマン通り

Ezgqew5zkbm9udynpo1n
引用: https://www.instagram.com/p/Bh7AQTVl1Kl/

場所

デュッセルドルフ中央駅バスターミナル側出口をでてまっすぐ徒歩10分です。

おすすめポイント

デュッセルドルフはヨーロッパで1番大きな日本人街です。多くの日系企業の拠点となっており、たくさんの企業が進出しているので日本語だけでも生活できてしまいます。また、ドイツ中の日本が大好きなドイツ人も日本語を勉強するためにこの街に集まってくるので、日本語が話せるドイツ人もたくさんいるのがデュッセルドルフです。

Upqhvwemzjoyxzl5gq1h
引用: https://www.instagram.com/p/Bi4tDBzBNuJ/

そんな日本人街の日本文化の中心はここインマーマン通りです。多くの日本食レストランが立ち並び、寿司やラーメンを中心に日本の味が楽しめるだけでなく、日系の美容院、本屋さん、スーパーマーケットなどここは日本かと錯覚してしまうほど。ドイツの街に溶け込んだ日本を見ると、日本ではできない新たな日本文化の発見ができるので面白いですよ。

Xdmk69p2u9726uu19p7o
引用: https://www.instagram.com/p/BmtORzzABZY/

デュッセルドルフおすすめ観光スポット②ベンラート城

Ttw0lshjmmou9krv5pzn
引用: https://www.instagram.com/p/Bp4VzHnncGa/

場所

Benrather Schlossallee 100-106, 40597 Dusseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany

おすすめポイント

デュッセルドルフの街中にあるピンクが鮮やかで可愛いお城ベンラート城は、城内の見学が可能です。お城すぐ横にあるビジターセンターで、英語もしくはドイツ語のツアーを予約して見学します。またお城の庭園も広くこちらは見学無料なので多くの市民の憩いの場にもなっています。1700年代の選帝侯カール テオドールのお城はおすすめです。

お城入場料

大人14ユーロ、子供10ユーロです。大人2人、子供は17歳以下何人でもオッケーなファミリ-チケット28ユーロは家族で訪れる際はお得なチケットです。

デュッセルドルフおすすめ観光スポット③ライン川プロムナード

Mujzzzs5pny403hmakmo
引用: https://www.instagram.com/p/Bp1JjVlHPUz/

場所

中央駅から地下鉄Uバーンで、ハインリッヒハイネアレイ駅徒歩10分、旧市街からライン川に歩くと広がるプロムナードです。

G1mitpny8dae9dfsyq5c
引用: https://www.instagram.com/p/Bp3yP0LFBrY/

おすすめポイント

ライン川沿いにあるこのプロムナードは暖かくなると多くの市民が集まりライン川を楽しみます。カフェやビアホールも立ち並び7月になると毎年やってくる移動遊園地キルメスもやってきます。このキルメスは夜11時ころまで開催され、子供から大人まで楽しめるとあってこの時期はドイツ中から人々が集まります。また芝生の綺麗な広場では子供連れがピクニックを楽しむ光景も良く目にします。

Edu3fggaw42nykeiwfgk
引用: https://www.instagram.com/p/BnGrWyel8kN/

キリスト教の信仰が厚いドイツでは日曜日は休息日として多くのお店がお休みになります。そんな中、このプロムナードではいろいろなマーケットが開かれます。日曜日にデュッセルドルフを訪れる際は特におすすめです。

デュッセルドルフおすすめ観光スポット④ラインタワー

Fshwrwp6xawygmljnboc
引用: https://www.instagram.com/p/Bp33EXSnkrr/

場所

おすすめポイント

デュッセルドルフのシンボルラインタワーからは、美しいライン川とその川沿いに広がる街並みが楽しめます。最上階にはレストランもあり、美味しいドイツ料理を楽しみながら、席が回転していくのでいろいろな角度から楽しめるのも魅了の1つです。

Vrs4ey4iuhkplwznw4t8
引用: https://www.instagram.com/p/Bp4bQDfn5c7/

入場料

7ユーロで、6歳以下の子供は無料です。

デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑤カールプラッツマルクト

Ttxbk7jlbwy42ecw3q6d
引用: https://www.instagram.com/p/BohCgQIBTiN/

場所

Benrather str. & Mittels str., 40213 Dusseldorf, North Rhine-Westphalia, Germany

おすすめポイント

デュッセルドルフの台所、平日は毎日開いているマーケットです。豪快な肉屋や、綺麗な花をたくさん並べた花屋、フレッシュジュースも楽しめる果物屋だけでなく、いろいろな屋台料理が食べれるおすすめグルメスポットです。日本ではありえないトリュフと生ハムのパスタなどが10ユーロで楽しめたりと屋台といえど侮れない美味しい料理に出会えます。

H3fbvuujgecc7agv44kl
引用: https://www.instagram.com/p/BpZiexHHGwH/
Wnxsejjwi6smyvaxnxsx
引用: https://www.instagram.com/p/Bpw5Tc1Hf0T/

デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑥旧市街

Htxo0ggu5juaroywzkns
引用: https://www.instagram.com/p/BeQxZg6Bn4P/

場所

地下鉄Uバーン、ハインリッヒハイネアレイ駅徒歩3分です。

おすすめポイント

ドイツ語でアルトシュタットと呼ばれるこの旧市街はレンガ敷きで可愛い木組みの建物や教会が立ち並んでいるので、どこを歩いても絵になります。また、夏になると各レストランがテラス席を設置し昼間から多くのドイツ人がビールを楽しむことで有名で、世界一長いバーカウンターが登場します。ちなみにデュッセルドルフの地ビールはアルトビアーと呼ばれる黒ビールです。ぜひ合わせてチェックしてみて下さい。

Gy56xvwqizaymb3xqrzy
引用: https://www.instagram.com/p/BSPBSa0Arwq/

デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑦ケーニヒスアレイ

Kukslqjyju7yu5it2c1v
引用: https://www.instagram.com/p/Bp4htE6Hfah/

場所

地下鉄Uバーン、ケーニヒスアレイ駅すぐです。

おすすめポイント

デュッセルドルフ、ナンバー1のショッピングスポットです。小川が流れるケーニヒスアレイ通り沿いにはハイブランドやショッピングモール、そしてお洒落なレストランが立ち並びます。

まとめ

ヨーロッパ一大きな日本人街デュッセルドルフはいかがだったでしょうか。日本以外の国で、日本文化を感じてみるのも楽しいですよ。違った角度から日本の良さを発見できるかもしれません。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bp4yTJClwuJ/