Ewlfajxr3ktiwfjkdsbj

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

デュッセルドルフのおすすめ観光スポット7選【2018年度版】

2018.11.08

デュッセルドルフの観光情報紹介します。ヨーロッパ一の日本人街デュッセルドルフは効率よく回れば日数的には数日で楽しめます。世界遺産のあるケルンなどとセットで訪れてみてはいかがでしょうか。子供の楽しめる場所やお城などおすすめ観光スポット満載です。

目次

  1. デュッセルドルフ観光基本情報
  2. デュッセルドルフ観光交通機関
  3. デュッセルドルフおすすめ観光スポット①インマーマン通り
  4. デュッセルドルフおすすめ観光スポット②ベンラート城
  5. デュッセルドルフおすすめ観光スポット③ライン川プロムナード
  6. デュッセルドルフおすすめ観光スポット④ラインタワー
  7. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑤カールプラッツマルクト
  8. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑥旧市街
  9. デュッセルドルフおすすめ観光スポット⑦ケーニヒスアレイ
  10. まとめ

ドイツのノルトライン=ヴェストファーレン州、州都のデュッセルドルフは人口62万人のうち約7000人が日本人です。毎年5月には日本デーも開かれ文化交流が行われる、とても日本と結びつきの深い都市の1つです。

Tksaroldxjzqouwpspkg
引用: https://www.instagram.com/p/Bp2HAsLHNkN/

ルール工業地帯として栄えたこの街は第二次世界大戦で大きな被害を受けましたがその後の急速な復旧により、現在ではドイツ内でも裕福な都市となり、行政、ビジネスの中心地として栄えています。またヨーロッパの住みやすい都市6位になるなど、ドイツ国内でも人気の都市の1つです。

デュッセルドルフ観光で利用する交通機関は5つです。タクシー、Sバーン、Uバーン、路面電車、バスです。滞在日数に合わせてうまく交通機関を使い分けて効率よく観光してみて下さいね。

タクシー

空港から思い荷物を持っている際や、限られた日数で観光する際の強い味方がタクシーです。タクシーは金銭的に。。。という方に朗報です。デュッセルドルフなどヨーロッパを中心に急速に拡大しているのが格安タクシーUBERです。ネットで乗車場所と行先を入力すると迎えにくるまでの所要時間と、おおよその料金が瞬時に分かるので大変便利です。デュッセルドルフは日数的に効率よく回れば2、3日あれば十分かと思います。滞在日数に限りのある方はぜひチェックしてみて下さいね。

Sバーン

空港から市内や割と長距離移動する場合に利用するのがSバーンです。

Z04g7ulz2dh516kjcklk
引用: https://www.instagram.com/p/BfTXrPcgqKf/

Uバーン

観光で1番利用する方が地下鉄Uバーンです。多くの観光地の側にはUバーンの駅があります。

Votm519z0xbbvrpeyrlg
引用: https://www.instagram.com/p/BpUQ0X8l0UP/

路面電車

中央駅中心に路面電車が走っています。ドイツ語でシュトラッセンバーンと呼ばれています。

Bx5hzoretfearx6zqve2
引用: https://www.instagram.com/p/Bi99IOTl4cr/

バス

初心者はバスルートが複雑なので、乗りこなすのは難易度が高いかもしれませんが、街の景色を楽しみながら移動できるので日数的に長期で滞在される方はトライしてみてはいかがでしょうか。

Rasitb69rj7wboqvlq1d
引用: https://www.instagram.com/p/Bj_xPH-FTwm/

Sバーン、Uバーン、路面電車バスの料金

ドイツでは改札が存在しません。乗る前に購入した切符を打刻する必要があります。電車の場合は乗る前に設置されている機械で、バスの場合はバスの中に設置されている機械に通して打刻し、これを行うことで日本でいうの改札を通ったことになります。定期的にチェッカーと呼ばれる人が車内をチェックします。切符を持っていてもこの打刻がないと罰金(60ユーロ)の対象になるので必ず打刻は忘れずに行いましょう。

1 / 4