Xvv8w2ss5cgjjf16vfie

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

ブリスベンからゴールドコーストの距離や行き方まとめ!観光まで【2018年】

2018.11.14

オーストラリアで第3の都市として、観光スポットも多く人気の都市ブリスベン。ゴールドコーストへ行くには、直接行くほかにブリスベンからも行けます。ブリスベンからゴールドコーストまでの距離や車・電車を使った行き方をまとめます。

目次

  1. ブリスベンからゴールドコーストまで:距離は?
  2. ブリスベンからゴールドコーストまで:電車での行き方
  3. ブリスベンからゴールドコーストまで:車での行き方
  4. ブリスベンからゴールドコーストまで:空港からシャトルバスを利用する
  5. ブリスベンからゴールドコーストまで:観光スポット
  6. まとめ
Background 3062023  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2018/01/05/02/42/background-3062023__340.jpg

ブリスベンからゴールドコーストまでは、使う道などによって変化しますが、最短で77,8キロで最長でも100キロ以内なので、とても近い距離にあります。

Sunset 2210870  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/04/07/12/30/sunset-2210870__340.jpg
Gold coast 746822  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2015/04/30/12/20/gold-coast-746822__340.jpg

ブリスベンから電車を使ってゴールドコーストへ行くには、「ゴールドコーストライン」にに乗るのが便利です。ブリスベンからだと、セントラル駅やサウスバング駅から出ています。電車に乗ったら、Helensvale Station(へレンズベール駅)で下車します。そこから、トラムに乗り換えてゴールドコーストの人気スポット「サーファーズパラダイス」や「サウスポート」まで行けます。所要時間は約1時間15分ほどです。料金は切符だと15,2ドル、ゴーカードを使うと10.47ドルです。

K8u9rciyegwiiomhjhh3
引用: https://www.instagram.com/p/BqFE3x-HQmT/

ゴーカードとは?

Zwqcoarq4xk1q5zp2p3h
引用: https://www.instagram.com/p/BFCxdTqsjQU/

色々なお得な機能が付いたICカードです。ペーパーチケットの30パーセントオフになり、オフピークタイムと言われるときに乗るとさらに20パーセントオフになるという優れもの。さらに、1週間に8回使うと残りの日は乗車賃が半額になったり、学生なら半額と、豊富な特典がいろいろあります。

Sun 2423717  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2017/06/20/16/45/sun-2423717__340.jpg

レンタカーを借りて行く場合には、日本の免許証でも行けますが日本領事館の発行した書類が必要になります。国際免許証をお持ちの方は、それで大丈夫です。ゴールドコーストまでは高速道路M1かM5経由のどちらかのルートで行けます。M1で約1時間ていど、M5経由すると2時間ていどで行けます。24時間のレンタル料金で2000円が一般的です。

Gold coast city 446964  340
引用: https://cdn.pixabay.com/photo/2014/09/15/12/51/gold-coast-city-446964__340.jpg

現地の電車やレンタカーでの運転に不安がある方は、シャトルバスを利用することもできます。オプショナルでつけることもできますが、現地の相乗りバスですと、大人一人22ドル~になりますので、手軽に利用できます。

S8eo8dyyqbr9ygu4nubv
引用: https://www.instagram.com/p/BVKjNA_An8n/

ブリスベンの観光スポット

Rlu0he1dyodnmae8lehl
引用: https://www.instagram.com/p/BqBlsWqnyRh/

「サウス・バンク」は、ブリスベンで最も人気のある観光スポットの一つです。万博会場の跡地を利用してつくられた、複合施設です。人工ビーチやおしゃれなレストラン、プールもあります。また、毎週のように開かれるイベントも、とても賑やかで楽しいです。ナイトマーケットやバーもあり、大人から子供まで、1日中遊べるスポットになっています。室内の方が好きという方にも、図書館や博物館、美術館もあるので、雨の日やインドア派の方でも楽しめます。

1 / 2