E17fkbtastkofczxmmac

岩手

CATEGORY | 岩手

駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋やホテル情報まで~

2018.11.18

盛岡駅周辺で観光がしたい!駅周辺の美味しいグルメを知りたい!そんな方におすすめ! 盛岡駅周辺にはおすすめスポットがたくさんあります! そこで今回は、駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~

  1. 駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋やホテル情報まで~
  2. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】盛岡とは?
  3. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】盛岡の歴史
  4. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】盛岡の気候
  5. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】1.盛岡市動物公園
  6. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】2.特産品プラザらら・いわて盛岡店
  7. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】3.盛楼閣
  8. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】4.盛岡城跡公園
  9. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】5.東横イン盛岡駅前
  10. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】6.ぴょんぴょん舎
  11. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】7.開運の湯
  12. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】8.フレスキッシマ
  13. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】9.石割桜
  14. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】10.元岩手銀行
  15. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】11.もりおか啄木・賢治青春館
  16. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】12.しげる温泉
  17. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】13.もりおか歴史文化館
  18. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】14.盛岡手づくり村
  19. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】15.岩山展望台
  20. 【駅近!盛岡駅周辺の観光スポット15選【2018年版】~居酒屋・ランチやホテル情報までご紹介~】まとめ
Zslwtba8weqjck4edcto
引用: https://www.instagram.com/p/BqNVGdUlghT/
Agdgab561ix0gbx17zpp
引用: https://www.instagram.com/p/BqQqs-SlTqs/
Jqkyyy3ic6xr81jdlmik
引用: https://www.instagram.com/p/BqRaaObFuQe/
「盛岡」の名は、1691年に、当時の藩主南部重信と、盛岡城鬼門鎮護の寺院として置かれた真言宗豊山派永福寺第42世・清珊法印との間で交わされた連歌に由来する瑞祥地名である。「盛り上がり栄える岡」の意味を持つとされ、のちに藩名も「南部」から「盛岡」へと改められた。版籍奉還直後は一時「盛岡県」が存在したが、盛岡城の存在した旧郡の名にちなみ岩手県へ改められたと言われている(諸説あり)。現代では一般的呼称ではないが、中世には「盛府」とも記された。 盛岡市中心部は、かつての「巖手郡仁王郷不来方」に相当し、不来方(こずかた)または「古志方(こじかた)」と呼ばれていたと考えられている。盛岡はこれに代わる「美名」として名付けられたが、今日ではむしろ「不来方」が雅称として用いられる傾向にある。また、「杜陵」「杜稜」と書いて「もりおか」あるいは「とりょう」と読み[19]、雅号とすることもある。盛岡市出身の石川啄木は、その作品の中で「美しい追憶の都」、盛岡市ゆかりの宮沢賢治はエスペラント風に「モリーオ市」と記した。「みちのくの小京都」とも称される。 「盛岡」を連想させるものとして、市内のあらゆる地域から望まれる岩手山が多くの学校の校歌に謳われるほか、市の中心部で合流する中津川・北上川・雫石川の三大河川、国の史跡に指定されている盛岡城石垣、国の天然記念物に指定されている石割桜、国の重要美術品の上ノ橋擬宝珠、旧盛岡藩主南部氏の家紋「向鶴(双鶴)」「武田菱」が、盛岡を表す端的なモチーフとして用いられることが多い。 詳細は「岩手郡」、「紫波郡」、および「不来方」を参照

Zn633qp1lkakvtqpaock
引用: https://www.instagram.com/p/BqRZgPIgPGr/
Pcqh7ub21zeqwuinsizv
引用: https://www.instagram.com/p/BqRVJ9FFMM3/
平安時代の延暦年間、征夷大将軍・坂上田村麻呂により志波城が築かれた。続いて豪族安倍氏により「厨川柵・嫗戸柵」が置かれて事実上の自治を果たすが、安倍氏が源氏からの侵攻を受けると、代わって出羽国から清原氏が進出した(前九年の役)。清原氏が内紛で滅亡すると(後三年の役)、現在の盛岡市(当時の岩手郡・斯波郡)は平泉を拠点とする藤原清衡ら(奥州藤原氏)の勢力圏となる。平泉が源頼朝に攻略され再び源氏が統治すると(鎌倉幕府の成立)、「厨川城」を拠点に御家人「奥州工藤氏」が治め、のちに岩手郡は北条氏・斯波郡は足利氏の影響下に置かれる。南北朝時代には両統が割拠する中、甲斐源氏を祖とする南部氏が三戸からの南進を果たす。工藤氏らを配下として岩手郡を領有、南部氏家臣福士氏が「不来方城(慶善館・淡路館)」を置く。南部氏は斯波氏を滅ぼし「斯波郡(紫波郡)」を領有すると不来方城を礎に盛岡城を築き、城下町を整備。これが盛岡の現代に至る始まりである。盛岡藩(旧南部藩)は盛岡県を経て岩手県となり、盛岡市はその県庁所在地となる。紫波・岩手両郡の中核となり、古代以来の統治拠点「志波城」「厨川城」「盛岡城」を包含する地域として、現在の盛岡市が形成される。

Epwovrqjei3pfudtjeri
引用: https://www.instagram.com/p/BqRS4pXBrrG/
Yffkgsjps4n8h7ue8df7
引用: https://www.instagram.com/p/BqRR_qFlqEx/
全般に北上盆地の中に位置するため内陸性気候であり、盛岡地方気象台の過去最高気温は37.2℃(1924年7月12日)、過去最低気温は-20.6℃(1945年1月26日)となり、夏と冬、昼と夜とで寒暖差が大きい。市内にある気象庁による観測地点は、中心部にある官署の盛岡地方気象台、市北部の玉山区にあるアメダスの好摩と藪川の計3か所設置されている。ケッペンの気候区分によると、盛岡中心街から南部の北上盆地は温暖湿潤気候、一方市の北部の滝沢市に隣接する地区や北上盆地周辺の標高の高い地域などは亜寒帯湿潤気候に属する。 夏季は、真夏日となる日もみられるものの[6]、やませの影響を強く受ける[7] 年があるほか、フェーン現象が発生することもあるため、年によって夏日は41 - 94日、真夏日も1 - 48日と変動する。熱帯夜となることは稀(1931年 - 2012年の82年間で1994年(平成6年)8月11日[8] や1999年(平成11年)8月6日[9] や2012年(平成24年)9月18日[10]や2014年(平成26年)8月6日[11]4夜のみ[12])であるため、朝晩は特に過ごしやすい。 冬季は、本州の県庁所在地では最も寒いとされ、30年平均(1976年 - 2005年)で冬日が124.6日(97 - 147日)、真冬日が16.6日(1 - 40日)となっている。年間平均降雪量は以下の都市別比較表にある1971~2000年平年値の351cmより大幅に減少し272cm、過去最深積雪は81cm( 1938年2月19日) 程度と、毎年必ず積もるとはいえ雪は極端に多くはない一方で、冬季の日照時間が長いために、よく晴れた深夜・早朝に放射冷却現象が起き路面が凍結し、雪害以上の課題となっている。ただし、近年、盛岡市中心部は年々冷え込みが弱くなり、マイナス10度以下まで冷え込むことは少なく、盛岡地方気象台(標高155.2m)の1月の平均気温の-1.9℃は1970年代の-3.0℃と比べると1.1℃も上昇した。しかし、郊外は氷点下15度を下回る気温も観測されるなど朝晩の冷え込みは非常に厳しく、市北部のアメダス好摩(標高205m)では1月の平均気温が-3.1℃、平均最低気温は-8.1℃になる他、隣接する雫石町(標高195m)では2018年2月2日に-20.8℃、南部の紫波町のアメダス(標高125m)でも2013年1月18日には-16.9℃まで下がっているなど、中心部と郊外では朝晩は夏季よりも年々気温差が大きくなる傾向にある。

Vekb6flghutf8raq71k7
引用: https://www.instagram.com/p/BqRRXcRF1IP/
Nrhyffbkrggro1ksobjj
引用: https://www.instagram.com/p/Bp4Rh9ygORW/
カワウソやアルパカなど、珍しい動物を見ることができることスポット。盛岡駅からも比較的近いおすすめスポットとなっています。動物たちは見るだけではなく、触れ合うこともできるのでお子さんにも非常に人気です。 見どころも満載なので岩手県民のみならず県外からでも沢山の観光客が訪れているこのスポット。 普段動物園では見ることのできない珍しい動物たちもたくさん飼育されていますのでぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?
Fbwuh240uhkej1nazqnc
引用: https://www.instagram.com/p/BqMqUvnlZxo/
H4bew9shxlofd2ltkkly
引用: https://www.instagram.com/p/BVhEA7jgsOD/
盛岡に来たのであればやはりお土産や特産品は欠かすことはできませんよね!盛岡でしかゲットできないものを買いたい!そもそも盛岡ってどんなものが売っているの?そんな方にもおすすめなのが特産品プラザらら・いわて盛岡店です! ここでは食品や伝統工芸品など様々なものが販売されているので見るだけでも楽しいですし、お土産にも喜ばれること間違いなしです!ここでしか買うことができないものを購入したら、お土産などに渡しても良いのではないしょうか? 盛岡駅からも比較的近いので是非訪れてみてはいかがでしょうか?
Zeqgg1hkbtqjnlzmgd1j
引用: https://www.instagram.com/p/BOOSg6cjJPY/
Rtn4xmkfjyyzlhnfrkcv
引用: https://www.instagram.com/p/BqRTN0TBqn3/
盛岡といえば、盛岡冷麺を欠かすことはできませんよね。つるつるとした歯ごたえのある食感が癖になるこの冷麺はわざわざ県外から食べに来る人もいるほどの人気ぶり。この冷麺店は、観光客にも非常に人気の高いお店になっており、芸能人や有名人もわざわざ訪れる人気のお店になっています。盛岡冷麺はスイカが入っていることが特徴なのでみずみずしく美味しい冷麺をたべることができるので非常におすすめです。是非訪れてみてはいかがでしょうか?
1 / 4