Fqixlvejgl0yjbok8sru

栃木

CATEGORY | 栃木

日光・湯西川温泉かまくら祭【2019年】ゆっくりできるおすすめ宿の情報など

2019.01.14

日光・湯西川温泉の冬の風物詩「かまくら祭り」は、2019年の今年、26回目を迎えます。極寒のなかでのイベントになりますが、癒されるあかりで身も心もポッカポカ。今回は、シャトルバスやホテルなどの現地情報をはじめ、湯西川温泉・かまくら祭りの全貌をご紹介します。

目次

  1. ①【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】日程・イベントスケジュール
  2. ②【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(1)『元湯・湯西川館本館』
  3. ③【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(2)『本家伴久(ばんきゅう)』
  4. ④【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(3)『上屋敷・平の高房(たいらのたかふさ)』
  5. ⑤【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(4)『彩り湯かしき花と華(いろどりゆかしきはなとはな)』
  6. ⑥【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(5)『民宿やま久・囲炉裏の温泉民宿』
  7. ⑦【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】おすすめのホテル(6)『ホテル湯西川』
  8. ⑧【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】交通・シャトルバス情報
  9. ⑨【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】の魅力
  10. ⑩【2019年・湯西川温泉・かまくら祭り】のまとめ
Lflpocu4t17hzixlejtg
引用: https://www.instagram.com/p/BQX_iUcDIV0/

栃木県湯西川温泉の「かまくら祭り」は、2019年の今年、26回目を迎えます。今や冬の風物詩となったイベントで、楽しみにされている地元の方や観光客も多いことでしょう。2019年は1月26日(土)から3月3日(日)までの開催となります。「平家の里」をメイン会場とし、湯西川温泉一帯が優しいあかりに包まれます。平家の里は、平家が源平の戦いに敗れた1185年からちょうど800年目の1985年に、村内の茅葺き屋根の民家を移築し作った雰囲気満点の民族村。まるで過去にタイムスリップしたかのような錯覚を覚える村です。住所は(栃木県日光市湯西川1042)。野岩鉄道会津鬼怒川線の湯西川温泉駅から日光交通ダイヤルバスで約17分のロケーション。

メイン会場は「平家の里」

Kcmizvz9gl0aw4pqv4hv
引用: https://www.instagram.com/p/BQIqCnKBns6/

「かまくら祭り」のメイン会場は「平家の里」で、期間中オープンは9時から21時まで。一日利用券は大人510円(小人250円)。17時から利用可能なナイトチケットは大人300円(小人200円)になります。2009年に「日本夜景遺産」に認定された「沢口河川敷ミニかまくら会場」は17時30分から21時まで(水・木はクローズ)、こちらは無料となります。また、有料ですが、バーベキューやそり遊びも体験できます。日光市観光協会(TEL:0288-22-1525)までお問い合わせください。シャトルバスの情報については、後述します。

Vzou8bbvarozeryqmdkx
引用: https://www.instagram.com/p/BXrk7kdlBpu/

「元湯・湯西川館本館」は、天然温泉100%の掛け流しで、源泉は、前山源泉、湯西川館温泉源泉、高手観音の湯の三つ。満天の星空を眺めながら入れる露天風呂や大きな窓の内湯のほか、家族風呂も完備。湯西川一帯を見下ろす中心地の高台に位置しています。自家農園で育てた野菜、サンショウ魚のから揚げ、熊鍋、鹿の刺身など、オリジナルの珍味を味わえます。上野駅公園口や千葉駅、横浜駅などから毎日運行している直通バス「湯けむり号」は、往復3000円。要予約となります。公式サイトをご確認ください。

「栃木パスポート」を提示しよう!

Iuic5rwcj1ljczxw3wkz
引用: https://www.flickr.com/photos/srgtravel/24469264963/

「本物の出会い・栃木パスポート」の提示でオリジナルグッズのプレゼントがあります。

「元湯・湯西川館本館」詳細情報

「本物の出会い 栃木パスポート」詳細情報

1 / 4