P15mxtli5sy4iwrasfry

宮城

CATEGORY | 宮城

宮城に行ったら訪れたいおすすめ博物館情報!2018年最新版

2019.01.16

宮城県には多くの素敵な博物館があります。総合博物館だけでなくテーマを絞った博物館や寺院の宝物館など、宮城県にある博物館の種類も多岐にわたっています。このページでは、宮城県に行ったら是非訪れてほしいおすすめ博物館情報をイベントや料金情報とともにご紹介します。

目次

  1. 宮城で訪れたい博物館1「仙台市博物館」
  2. 宮城で訪れたい博物館2「地底の森ミュージアム」
  3. 宮城で訪れたい博物館3「宮城県慶長使節船ミュージアム」
  4. 宮城で訪れたい博物館4「青葉城資料展示館」
  5. 宮城で訪れたい博物館5「瑞巌寺宝物館」
  6. 宮城の博物館が素晴らしい

仙台市博物館

Luaq1pwia60ftvchnjxu
引用: https://www.instagram.com/p/BqjLVWcnKs2/

「仙台市博物館」は仙台市青葉区川内の旧仙台城三の丸跡にある仙台市立の博物館で、屋内展示の幅8メートルある奥州仙台領絵図や仙台藩・伊達家・慶長遣欧使節関係の展示が人気の博物館です。屋外には仙台ゆかりといわれる人物の記念碑や胸像・レリーフなどの作品等が展示されています。この中には、元仙台城跡に建立されていた初代伊達政宗像の胸像が展示されています。

Hnyah5gnzyskiupdrrlw
引用: https://www.instagram.com/p/Booa1u5gV5j/

「仙台市博物館」では、事前申込制で聴講が無料の初心者向け古文書解読講座やプレイミュージアムとして仙台地方に伝わる手作り凧「するめてんばた」への絵付けなどのイベントが年間を通じて開催されています。常設展とは別に期間を定めて特別展や企画展も開催されています。常設展観覧料金は、一般料金と大学生料金460円・高校生料金230円・小学生中学生料金110円で、特別展や企画展観覧料金は、都度発表されています。

地底の森ミュージアム

N9rg0oc9cxz1ngamefdo
引用: https://www.instagram.com/p/Bpn9fmdnmZW/

「地底の森ミュージアム」は仙台市太白区にある歴史博物館です。「地底の森ミュージアム」は「仙台市富沢遺跡保存館」ともいわれていて、後期旧石器時代から近世にかけての存在した複合遺跡富沢遺跡の遺構や遺物が保存展示されています。出土した森林遺構は地底の森と名付けられていて、約2万年前のたき火の跡や森の跡を見ることができます。

Jfciqx4x8oxstsfp6qdm
引用: https://www.instagram.com/p/Bkur21fAurk/

「地底の森ミュージアム」では常設展の他、年4回実施予定の企画展と申込み不要で体験無料の石器を作るイベントやたのしい地底の森教室など土曜日・日曜日・祝日中心の体験イベントが開催されています。事前申し込みが必要なホンモノの化石に触れて化石を学ぶイベントも開催されています。過去には「カオの考古学」「米づくりはじめました」「―仙台の遺跡めぐり― 古墳時代のはじまったころ」などの企画展や特別企画展が開催されています。入場料金は一般料金460円・高校生料金230円・小学生中学生料金110円となっています。

宮城県慶長使節船ミュージアム

Oboxxmfixis65xv80yzt
引用: https://www.instagram.com/p/BqmvfjNBQTd/

慶長遣欧使節(けいちょうけんおうしせつ)は、伊達政宗がスペイン国王であるフェリペ3世とローマ教皇であるパウロ5世のもとに派遣した使節のことで、支倉常長を副使としたことでも有名な遣欧使節です。「宮城県慶長使節船ミュージアム」は、慶長使節が太平洋往復に使用したサン・ファン・バウティスタ号を復元して、慶長使節に関することを展示説明している博物館です。

1 / 2