Nu9huo6o65fcijczhf4o

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

【2019年完全版】ベトナムの観光完全ガイド!全都市&旅行に必要な情報を網羅!

2019.10.21

南北に長い国ベトナム。常夏のホーチミンから雪の降る北部山岳地帯のサパまで、様々な気候を体験できるおすすめの観光地。日本人の口にあうベトナム料理や、美しい刺繍雑貨もおすすめです。ハロン湾のクルーズ観光からホーチミンの街歩きまで、どなたにでも楽しんでいただけます。

この記事に登場する専門家

Kijeifof8u4iucefs0nv

ぷらたび運営事務局

トゥリマカシ

東南アジアをこよなく愛するライター。特に、ベトナム・インドネシア・タイには毎年のように訪れては現地での情報収集を行っています。将来は東南アジアとのデュアルライフを予定しています。東南アジアの面白さを存分に伝えていければと思います。

  1. ベトナム観光の定番と言えば!ホーチミンシティー
  2. ベトナム観光の大人気都市!ハノイ
  3. ベトナム観光でハノイから行ける絶景ポイント:ハロン湾
  4. ベトナムの世界文化遺産と言えばコレ!ホイアン
  5. ベトナムで人気急上昇のリゾート地!ダナン
  6. ベトナムでトレッキングするなら!世界遺産ミーソンの遺跡
  7. ベトナムの情緒溢れる古都を楽しみたい人へ。フエ
  8. ベトナムの良心。ハノイ近郊の小さな村!バッチャン
  9. ベトナムの避暑地!民族衣装も楽しいサパ
  10. ベトナムでジャングルを楽しむには!ミトー
  11. ベトナム旅行の前に①:ベトナムの治安は?
  12. ベトナム旅行の前に②:ベトナムの物価はどれくらい安い?平均予算はコレ
  13. ベトナム旅行の前に③:ベトナム旅行のベストシーズン&服装は?
  14. ベトナム旅行の前に④:ベトナムにはビザが必要?
  15. ベトナム旅行の前に⑤:ベトナム旅行で用意した方がいいWi-fiとSIM情報
  16. ベトナム旅行の前に⑥:ベトナムの電圧って?変圧器は必要?
  17. ベトナム旅行を120%楽しむコツ①:ベトナムで食べるべきグルメは?
  18. ベトナム旅行を120%楽しむコツ②:ベトナムで買いたいお土産は?
  19. ベトナム旅行を120%楽しむコツ③:ベトナムで必見の世界遺産は?何個知ってる?
  20. ベトナム旅行を120%楽しむコツ④:ベトナムのカジノはこう遊ぶ!
  21. ベトナム旅行を120%楽しむコツ⑤:ベトナムの夜遊びの完全ガイド:クラブや人気バーは?
  22. ベトナム旅行を120%楽しむコツ⑥:ベトナムのおすすめマッサージ&スパ!
  23. シーン別ベトナム旅行の楽しみ方①女子旅
  24. シーン別ベトナム旅行の楽しみ方②バカンス
  25. シーン別ベトナム旅行の楽しみ方③一人旅
  26. シーン別ベトナム旅行の楽しみ方④ゴルフ三昧
  27. シーン別ベトナム旅行の楽しみ方⑤カウントダウン・年越し
  28. ベトナム旅行の豆知識①:ベトナムの水は飲める?
  29. ベトナム旅行の豆知識②:ベトナムの有名なお酒は?
  30. ベトナム旅行の豆知識③:ベトナムでしか食べられないスイーツとは?
  31. ベトナム旅行の豆知識④:ベトナムのトイレ事情は?
  32. ベトナム旅行の豆知識⑤:ベトナムで最近流行りのイルミネーションって?
  33. ベトナム旅行の豆知識⑥:ベトナムでチップって必要?
  34. ベトナム観光まとめ
Tdjldcxni4hozjehldao
引用: https://www.flickr.com/photos/bacshi/40166974192/

成田や関西国際空港、いくつかの地方空港からも直行便が出ているホーチミン市は、ベトナム旅行が初めての方はもちろん、海外旅行ビギナーにも断然おすすめの観光地です。観光客を狙うスリや置き引きなどが日本より多いのは事実なのですが、比較的治安の良い安全な街です。日本語の通じるお店も多く、市民も親切。快適に旅行ができます。

おしゃれな雑貨を探しにドンコイ通りへ!

Tynnlae4uki0rhbuh33e
引用: https://www.flickr.com/photos/128748909@N08/38253733054/

左右におしゃれな雑貨屋さんやカフェ、レストランがずらりと並ぶドンコイ通りは、ホーチミン観光の目玉となります。特にお買い物目的の女性は、一日に何度も往復してしまうのではないでしょうか?どの雑貨店にもキラキラ輝くビーズや美しい刺繍のグッズが所狭しと並んでいます。一つのお店でまとめ買いをしてディスカウントしてもらいましょう。

活気あふれる庶民の市場、ベンタインへ!

Adv97jhz8u6suufbvib6
引用: https://www.flickr.com/photos/131314993@N06/26691611901/

ドンコイ通りから歩いて15分程度のところにあるベンタイン市場。地元の人と触れあえる活気あふれる市場です。バッグやサンダル、コーヒーからドライフルーツまで様々なお土産物が揃っています。「おねえさん」「おにいさん」と四方八方から声がかかり賑やか。ただ相場よりかなり高い値段で売ろうとしたリ、悪質な客引きがいるのも事実。ドンコイなどで店舗を構える定価のあるお店で、ベトナム的金銭感覚を身につけてから訪れるのがおすすめです。

ニューランでサンドイッチ(バインミー)を食べる!

R70csc5lq2dzgakfz8lr
引用: https://www.flickr.com/photos/haynes/4253797770/

ホーチミン一(いち)、安くて美味しいと評判のニューランでバインミー(ベトナムのサンドイッチ)を食べましょう。元フランス領だったベトナムはパンも絶品。日本語はもちろんのこと英語すら通じませんが、ジェスチャーで簡単に買えます。値段は25,000VND(2018年2月現在)。約130円で具沢山、ボリュームたっぷり。この店では肉まんやおこわなども買えます。ドンコイ通りから歩いてすぐ。お持ち帰りも可能。早朝から深夜まで営業しています。

ホーチミンに興味を持った方、行ってみたいと思った方はコチラをチェック↓

ホーチミンの全てを語っています。

Qejbwfkmndzfrokraqyd
引用: https://www.flickr.com/photos/living_dreams/15697559129/

ホーチミンが商業の街だとすれば、こちらは政治の中心地。ベトナムの首都はこちらハノイになります。風光明媚な湖や古き良き時代の面影を残す旧市街など、ホーチミンとは一味違うベトナムの顔を見せてくれます。

市民の憩いの場、ホアンキエム湖でリフレッシュ!

Mgc6giyetay20kfvueq3
引用: https://www.flickr.com/photos/ume-y/13909069059/

比較的治安が良く市民も親切なベトナムでも、数日滞在するうちに、慣れない喧騒とバイクの多さに少々疲れてくる日本人旅行者もでてくるのではないでしょうか?そんなときには、ハノイの中心地、ホワンキエム湖がおすすめです。静かな湖畔で太極拳やジョギングをする市民やベンチで寄り添う恋人同士もいて、地元の人たちの暮らしを間近に見ることができます。

ベトナム最古の大学跡、文廟(ヴァン・ミウ)を見学!

H6wx5s7lnikn1jtjxxm2
引用: https://www.flickr.com/photos/dalbera/4356115370/

受験シーズンになるとベトナム中の受験生が参拝にくる文廟(ヴァン・ミウ)。1070年の建立です。儒教の始祖として、今なお尊敬を集める孔子が祀られています。資格試験を控えた方や、受験生のご家族には特におすすめの観光地。入場料は30,000VND(2018年2月現在)、約150円となります。2010年にユネスコの世界記録遺産に登録されています。

ハンガイ通りでお買い物!

K90ddlc3geq6rlhcyrvc
引用: https://www.flickr.com/photos/aschaf/5679446032/

ホアンキエム湖の北側に位置する「シルク通り」とも呼ばれるおしゃれな雑貨屋さんが集まる通り。ベトナム旅行が初めての方には安心安全のお店が並びます。お気に入りのバッグやポーチ、バッチャン焼の食器などが必ず見つかるはず。通りにはたくさんのバイクが走っていますので、道路を渡るときは十分ご注意ください。

ハノイに興味を持った方、行ってみたいと思った方はコチラをチェック↓

ハノイの全てを語っています。

Fq5za3wfabygya8zvh6z
引用: https://www.flickr.com/photos/aschaf/5678894909/

大小の奇岩が並ぶハロン湾のクルーズはベトナム旅行のハイライト。ハノイの旅行会社でハノイ発のツアーをお願いするか、日本の旅行会社にオプショナルで付けてもらうのがおすすめ。もちろんパッケージツアーについていることもよくあります。日帰りとクルーズ船に宿泊するツアーがありますが、ハロン湾を堪能したいのなら迷わず1泊2日のツアーをおすすめします。湾上の漁村を訪問したり、洞窟観光をしたりアクティブな観光スポットです。

ハロン湾に興味を持った方、行ってみたいと思った方はコチラをチェック↓

ハロン湾をどう楽しめばいいか、バッチリ分かります!

Aqh8bynzpuobdzylj6my
引用: https://www.flickr.com/photos/travelbusy/7975442491/

ベトナム中部の都市ダナンの南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する港町ホイアンは1999年に世界文化遺産に登録されています。古い街並みを歩くだけでノスタルジックな気分にひたれるおすすめの観光地。町は小さく、ほぼすべての観光地を徒歩でまわることができるほど。日本から直行便が出ているダナンから車で30分程度の場所にあります。

幻想的なランタン祭りに参加する!

Xzklvcxemzjqrzxcqt8x
引用: https://www.flickr.com/photos/jesusabizanda/35802972843/

満月の日、つまり旧暦の14日に開催されるホイアンのランタン祭り。フルムーンフェスティバルとも呼ばれています。日が暮れると町中の人たちが電気を消して、月明りとランタンの灯りだけで過ごします。この日町は、どこもかしこも歩行者天国となり、世界中の旅人たちで溢れかえります。旅行者の満足度100%のフェスティバル。ぜひ、旧暦の14日にホイアンを訪れてみてください。一生の思い出になること間違いなしです。

ホイアンと日本の友好の架け橋、来遠橋(日本橋)は外せない!

J7kx88uzsjuknxpxy1fv
引用: http://www.igosso.net/id/4776115919.html

16世紀半ばより、日本・中国・ポルトガルなどとの貿易で栄えた町、ホイアン。当時、多くの日本人が暮らしていました。1593年に日本人が来遠橋を架け、日本人町と中華街を結んだそうです。橋の名前の由来は論語の「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」。素敵な名前ですね。

ホイアンに興味を持った方、行ってみたいと思った方はコチラをチェック↓

ホイアンの遊び方が完璧に分かります!

Wtwj7yoqpuhxqkmf9re4
引用: https://www.flickr.com/photos/archer10/3383445916/

成田や関西国際空港からの直行便があるダナンは、ベトナム屈指のビーチリゾート地。高級ホテルが点在しています。海辺ということもあり、シーフードがおすすめ。ビーチやホテルでのんびりするのを楽しみにされている観光客が多いようですが、ホイアンや世界遺産ミーソンの遺跡への拠点となる場所でもあります。ミーソン遺跡で発掘された彫刻や石像が展示されているチャム彫刻博物館もダナン市内にあります。ぜひ遺跡探索の前に。

今、大人気のダナンはコチラの記事を見てみてください。

絶対に行きたくなります。

Tpfmeqmburcakn6sdan6
引用: https://www.flickr.com/photos/pruzicka/337790799/

ミーソン遺跡は、かつてベトナム中部で栄えたチャンパ王国の聖地です。1999年に世界文化遺産に登録されています。ただし、残念なことにベトナム戦争で大半が破壊され、現在も修復中。ホイアンとダナンの中間地点に位置するミーソンの観光は、現地旅行会社のツアーを利用するのがおすすめ。宿泊ホテルのレセプションでご相談ください。多少山道を歩きますので、スニーカーで。日影が少ないので、帽子、サングラス、水筒などを持参し、熱中症にご注意ください。

Zybztogprvotc7a0nami
引用: https://www.flickr.com/photos/midorisyu/2891186550/

ハノイからもホーチミンからも国内線の利用で約1時間、ベトナムの真ん中、古都フエ。フエは19世紀から20世紀にかけてベトナムに存在していた阮(グエン)朝の首都でした。フエには、王宮、皇帝廟、仏教寺院や遺跡が多数点在し、歴史ファンにはたまらない観光スポット。一部はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。

ありし日の阮(グエン)朝をしのぶ広大な敷地を散策!

Wvgsrcwix8x0cymzsgbr
引用: https://www.flickr.com/photos/13476480@N07/27047648819/

1802年から1945年までの143年間、ベトナム最後の王朝が置かれていたフエの王宮観光は外せません。約3.6㎢の広大な敷地に宮廷文化を今に伝える数々の建造物が点在しています。入場料は大人150,000VND(2018年2月現在)。約750円です。門の外から見るライトアップも必見。

東洋美と西洋美の融合、カイディン帝廟見学!

Xqzzn3jzzcljxll0icte
引用: https://www.flickr.com/photos/132646954@N02/27767160179/

フランスの華やかな装飾と東洋の美を建築様式に取り入れたカイディン帝廟は、フエ観光の目玉です。中国の兵馬俑風の兵士たちがカイディン帝をお守りしています。カイディン帝が皇帝に即位していたのは1916年~1925年のたったの9年間。40年という短い生涯でしたが、死後もなおフエの街で圧倒的な存在感を放ち続けています。270段の階段の上り下りがありますので、ご年配の方はご注意を。カイディン帝廟の見学にはツアーの参加をおすすめします。

フエにはまだまだマイナーだけども見どころたくさんの観光スポットがあります。

コチラを見てみてください↓

Dj2ldofaywaqpr2sg5ee
引用: https://www.flickr.com/photos/12720221@N08/39702793614/

バッチャンはハノイから南東13kmにある小さな村です。ハノイ市街からタクシーか現地のツアーに参加するのがおすすめ。人口5000人あまりの小さな村ですが、ほとんどの村人がバッチャン焼に関する職に就いているというから、村の一大産業ですね。ハノイからの半日観光にぴったりの村。ベトナムの牧歌的な風景も楽しめて一石二鳥です。

Bmz297wpwktb98n9slrv
引用: https://www.flickr.com/photos/ballena/2092653882/

フランス人たちの避暑地だったサパ。民族衣装に身を包んだ少数民族の女性たちが有名です。中国との国境に位置し、標高は1600m。夏は快適ですが、冬は肌寒く、まれに雪が降ります。物売りの女性たちのセールスは激しいので、押しに弱い方はご注意ください。サパに行くには、ハノイからラオカイまで夜行列車を利用し、ラオカイからバスで1時間揺られるか、旅行会社のツアーにご参加ください。

サパにはまだまだマイナーだけども見どころたくさんの観光スポットがあります。

コチラを見てみてください↓

Tmooeeyxpgkc1oosdffy
引用: https://www.flickr.com/photos/10908506@N03/23630679432/

メコンデルタのジャングルクルーズはホーチミンからの日帰り1日ツアーがおすすめ。ホーチミンを出発し1時間30分程度でミトーに到着します。スピードボードでメコン川をクルーズ。ココナッツキャラメルの工房を見学したり、名物のエレファントフィッシュを食べたりするコースが一般的。

旅行をする上では欠かせない治安情報をまずは確認しておきましょう。

こちらにしっかりと纏めています。

東南アジアの旅行は、できるだけ節約して楽しみたいですよね。

こちらで物価の水準と平均予算を確認してみてください。

せっかくベトナムに来たのに、ずっと雨・・・だと悲しいですよね。

ベストシーズンと、気候ごとの服装をチェックしておきましょう。

旅行をする上では欠かせないビザ情報をまずは確認しておきましょう。

こちらにしっかりと纏めています。

旅行をばっちり楽しむには、インターネット環境が必須です。何かの時にも安心ですしね。

コチラに纏めています。

スマホの充電がなくなることほど、ストレスがたまるものはありません。

ちゃんと充電できるように準備を。

旅行をする上では欠かせないグルメ情報をまずは確認しておきましょう。

フォー以外にもたくさんあります!

何かと悩んでしまうお土産。センスのいいお土産を選びたいですよね。

渡したい人別にたくさんまとめています!

あなたはベトナムの世界遺産をいくつ知っていますか?


あれ、意外と知らない?

ではこちらで確認しておきましょう。

海外旅行の一つの楽しみでもあるカジノ。ベトナムでもできちゃいます。

マナーがあるので、ちゃんと覚えておきましょうね。

海外旅行に行ったら夜もシッカリ遊びたいですよね?

筆者オススメのクラブと人気バーも入っています!

海外旅行でホッと一息つく・・やはりマッサージは欠かせません。

ぼったくりに合わないようにチェックしておきましょう。

ベトナムに女子で旅行するときはこの記事をチェックしてみてください。

ビーチリゾートでゆったりと過ごす、そんな旅行を思い浮かべている人、必見です。

ベトナムでもめっちゃ楽しむことができます。

一人旅を考えている人はこちらを見てみてください。

注意点をしっかり纏めています。

久しぶりに海外でゴルフに明け暮れたい、そんな方へ。

とても楽しいベトナムのゴルフ場をお教えします。

今年の年末はベトナムで過ごす。そんなアグレッシブな方へ。

まずはホーチミンの情報です。

こちらはダナンです。

ダナンは観光都市なのでイベントも多いですよ。

海外で水道水に気を付けるのは当たり前。

ベトナムで水はどうすればいいか、知っておきましょう。

ベトナムのおすすめビールはもちろんアレ!

知らない人はチェックしてください。

下記でベトナムで食べるべきスイーツをまとめています。

必見です。

旅行で、ちょくちょく困るトイレ。

先に知っておいて損はないです。

最近、イルミネーションが流行っているって知ってました?

オススメスポットを紹介しています。

ベトナムはチップの文化はないですが、シチュエーションによっては支払いが必要な時もあります。

いかがでしたか?今回は、南北に長いベトナムの魅力を広くお伝えしました。この中に気になるスポットがあれば、ガイドブックを片手に出かけてみましょう!ベトナムは日本人にとって、とても旅行のしやすい外国の一つです。親日家の国民が多く、短い滞在でも十分に楽しめるおすすめの観光地。日本語の通じる店も多く、不安を感じることはほとんどありません。ぜひ、次の旅先の候補にベトナムを加えてくださいね。スペースの関係上、お伝えしきれなかったことも多々あります。お出かけ前にはベトナム観光情報局の最新情報をご参照ください。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.flickr.com/photos/txetxurubio/32699276011/