Zbixwircgsfjtwxlli3g

沖縄

CATEGORY | 沖縄

宮古島の観光スポット【沖縄】グルメや見所などおすすめ10選!

2018.05.26

宮古島は大小8つの島からなる宮古諸島の中心で周囲をとりまく海は宮古ブルーと言われる美しい絶景や熱帯魚などの海の生き物を間近で見られる観光スポットが満載。 宮古島にある人気のビーチやグルメなど宮古島観光を満喫できる観光スポット10選をご紹介します。

  1. 宮古島おすすめ観光スポット①伊良部大橋
  2. 宮古島おすすめ観光スポット②牧山展望台
  3. 宮古島おすすめ観光スポット③池間大橋
  4. 宮古島おすすめ観光スポット④雪塩ミュージアム
  5. 宮古島おすすめ観光スポット⑤宮古島海中公園
  6. 宮古島おすすめ観光スポット⑥砂山ビーチ
  7. 宮古島おすすめ観光スポット⑦与那覇前浜(よなはまえはま)
  8. 宮古島おすすめ観光スポット⑧来間大橋・竜宮城展望台
  9. 宮古島おすすめ観光スポット⑨ユートピアファーム宮古島
  10. 宮古島おすすめ観光スポット⑩平安名崎灯台(へんなざきとうだい)
  11. まとめ
伊良部大橋は宮古島から伊良部島と下地島をつないだ橋で2015年に開通しました。 長さは無料で渡れる橋としては国内最長の橋で全長3,540mあります。 真っ直ぐ続く橋は視界を遮るものがなく青い海と青い空に囲まれた景色を堪能しながらドライブしたり、サイクリングなども楽しめます。
引用: https://farm9.static.flickr.com/8258/8712834912_c26585191c_z.jpg
牧山展望台は伊良部大橋を渡った伊良部島側にあり島の中では最も高い場所に造られた展望台です。 宮古島や池間島、来間島を一望できるほか、海を渡る伊良部大橋の全景も見ることができ橋の上からはよく見えなかった海の青さも実感できます。
周囲には遊歩道があるので森の中の散策も楽しめます。 展望台まで少し歩きますが無料の広い駐車場も完備されています。

牧山展望台の詳細

住所:沖縄県宮古島市伊良部池間添/0980-78-6255/駐車場:あり・無料
引用: https://farm5.static.flickr.com/4028/4598579334_ded846bb3a_z.jpg
池間大橋は宮古島と池間島とを結ぶ全長1425mの橋です。 宮古島には島を結ぶ大きな橋が3つありますが、その中でも池間大橋の周辺の海はグラデーションが美しいことで評判です。 宮古島側でも駐車スペースがあるので池間大橋を見ることができますが、ぜひ青からエメラルドグリーンへと変化する海を堪能しながら橋を渡ってみましょう。
渡った先の池間島側の橋のたもとには売店が数件立ち並び、広めの駐車スペースなどもあります。 展望台を備えた売店もあるので、渡ってきた海の色を目の前で見ることができます。
雪塩ちんすこうでお馴染みの宮古島特産の雪塩ができるまでを学ぶことが出来るお店です。 宮古島で汲み上げられた地下海水はミネラル成分が豊富に含まれており、ニガリ分までも凝縮するように作られた雪塩はやさしい塩気が特徴です。
ふわふわの雪塩を無料で色々な味の塩を振りかけたり雪塩の使い方や宮古島についてのガイドの案内もあります。
売店では雪塩や雪塩石鹸、雪塩ちんすこうなどの販売もあり工場限定の商品もあるので、宮古島グルメのお土産としても最適です。 少しずつ塩を足すと甘みもが増して、甘くてしょっぱい雪塩ソフトクリームはおすすめです。

雪塩ミュージアムの詳細

住所:沖縄県宮古島市平良狩俣191/電話番号:0980-72-5667
引用: https://farm2.static.flickr.com/1183/4598554700_99a63c5a3f_z.jpg
宮古島海中公園は、宮古島の豊かな海の中が見られる観光スポットで子供から年配の方まで年齢を問わず楽しむことができます。
24個の厚さ12cmのアクリル板の窓からは、カラフルな熱帯魚やタコやウミヘビなど、様々な海の生き物がいて実際に海中にいる海の生物を見るのですから天候や海洋状況の変化によって違う表情の海の中を観察できたり体感できたりします。
地宮古島海中公園からの海沿いにある遊歩道の展望台からは伊良部島を見ることができます。 また、シーサイドカフェ海遊も人気のカフェとなっています。

シーサイドカフェ海遊

宮古島海中公園ないにあるシーサイドカフェ海遊ではカフェメニューの他に宮古島グルメも味わうことができます。 宮古島の食材をふんだんに使用したこだわりのグルメメニューが揃い、中でも一番人気は ジューシーな宮古牛のハンバーグに、宮古島産の野菜がたっぷりのサラダも添えられていたロコモコ。 他にも宮古牛のハンバーガーやマンゴージュース、色鮮やかなドラゴンフルーツのスムージーとテイクアウトもできます。

宮古島海中公園の詳細

住所:沖縄県宮古島市平良字狩俣2511-1/電話番号:0980-74-6335/ 時間:10:0018:000/料金:大人1000円・小人500円
引用: https://farm3.static.flickr.com/2296/2335275416_0cba4a7c07_z.jpg
宮古島市の市街地から約4キロほどの所にある砂山ビーチはその名の通り砂に覆われた砂山の先にある浜辺であることから、砂山ビーチと呼ばれています。 道沿いからはやや離れていますが砂山を一度登ってから下っていくと浜辺になっています。
引用: https://farm4.static.flickr.com/3243/2335273130_1e4b2a74e2_z.jpg
砂山を越えると思わず疲れも忘れるほど美しい青い海と白い砂に覆われた浜辺が目の前に見えてきます。 沖の方では伊良部島や池間島も望むことができ、波の浸食によってできた岩のアーチは砂山ビーチのシンボル的存在。 このアーチ型の岩穴から沈む夕日は一度見ると忘れられないくらいの絶景です。

砂山カフェ

砂山ビーチに近いところに砂山カフェがあります。 ちょっとおしゃれな店内には南の島らしいインテリアもあり、南国ムードを体感できる素敵な内装です。 パイナップルスムージーやマンゴーかき氷など、夏場の観光でちょっと汗をかいた後にうれしいメニューが豊富。
トマトハヤシライスやチキンクリームドリア、宮古牛タコライス温玉のせ、スナヤマカフェ特製ピザなどランチタイムには宮古島グルメを味わうこともできます。 その他には、ワッフル、自家製アイスクリーム、宮古ぜんざいなどスイツーメニューも人気です。 たっぷりのお肉とお野菜に温泉卵が乗った宮古牛タコライス温玉乗せは、味もバランスも絶妙で宮古島グルメの中でも一番人気です。

砂山ビーチの詳細

住所:宮古島市平良字荷川取/電話番号:0980-73-2690(宮古島市観光商工局観光課)
引用: https://farm9.static.flickr.com/8361/8439633707_6427e3a500_z.jpg
宮古島の南西端にある与那覇前浜ビーチは白砂の海岸が7kmにわたって続き、青い海が目の前からはるか沖の方まで広がる光景は東洋一美しい海岸とも言われています。 沖合には来間島や、来間大橋を望むことができ、ここから沈む夕陽の美しさもまさに絶景です。
毎年4月には宮古島の海びらきになり、無料駐車場や売店、食堂、更衣所、シャワー、トイレなども完備されているので海水浴にも最適です。 また、全日本トライアスロン宮古島大会のスタート・ゴール地点としても有名なビーチです。

与那覇前ビーチの詳細

住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇1199/駐車場:あり・無料
来間大橋(くりまおおはし)は、全長1,690mの宮古島と来間島を結ぶ橋です。 橋を渡りながら絶景を楽しむこともできますが、来間島にある竜宮展望台もおすすめ。 来間島の高台にある3階建ての竜宮展望台からは、来間大橋や宮古島のビーチが広がる美しい眺めは最高です。
また、来間島はマンゴー作りが盛んなことが有名で近くにはおしゃれなカフェがたくさんあります。 宮古島グルメのランチやマンゴーを使ったスムージーやパフェのスイーツグルメも堪能できます。

楽園の果実

楽園の果実は、自家農園で作られた有機野菜をはじめ、宮古島産のマンゴーや南国フルーツ、宮古牛など、素材にこだわった料理が味わえる農家レストランです。 中でも2種類のマンゴーが楽しめるデラックスマンゴーは一番人気の絶品です。 宮古島産メロンパフェや、宮古島産の牛乳で作られたジェラートなどもあり、店内では自家製のマンゴージャムや、とれたての果実のマンゴーなども販売されています。

PANIPANI

引用: https://farm8.static.flickr.com/7188/6879239455_9398a216c8_z.jpg
PANIPANIは他にはないテーブルの下は白砂というオープンカフェがトロピカルムード満点で人気のカフェです。 色鮮やかなドラゴンバナナシェイクや、塩豚ロースやチキンなどをはさんだサンドイッチのパニパニパンサンドなど、もっちもちのパンも人気を集めています。

島茶家ヤッカヤッカ

島茶家ヤッカヤッカは、カフェメニューも豊富でフルーツなどをふんだんに使った季節のスムージー、一番人気のスイーツふわふわレアチーズケーキの宮古島産マンゴーソースがけ、島バナナとくるみを使ったスイーツのバナナとくるみのケーキなどが味わえます。
引用: https://farm8.static.flickr.com/7205/6879254057_a48cc09a75_z.jpg
ランチメニューでは野菜たっぷりスパイシータコライスがおすすめ。辛さとココナッツの甘みがマッチしたココナッツとチキンのまろやかカレーも人気のメニューです。 外の涼風を浴びながら食事ができるテラス席もあるのでステキな島時間を過ごせます。
引用: https://farm9.static.flickr.com/8471/8137704372_dc1980f91c_z.jpg

来間大橋・竜宮城展望台の詳細

住所:宮古島市下地来間/0980-73-1881(宮古島観光協会)/駐車場:あり
ユートピアファーム宮古島は50品種にものぼる世界中のブーゲンビリアやハイビスカスが咲き、南国らしい雰囲気が漂う農園です。 農園の入園料は350円で見学することができ農園内にあるパーラーでは、農園内で収穫したマンゴーやパパイヤなどをブレンドしたフルーツソフトクリーム、パパイヤ、島バナナなどをシャーベットにしたスムージーも楽しめます。
引用: https://farm6.static.flickr.com/5443/7155411292_e825cbe5af_z.jpg
マンゴーや南国のフルーツ、ブーゲンビリアやハイビスカスなどの花々にも心癒される観光スポットです。

ユートピアファーム宮古島の詳細

住所:沖縄県宮古島市上野字宮国1714-2/電話番号:0980-76-2949/ 料金:350円(中学生以下無料)/ 開園時間:10:00~17:00
東平安名崎(ひがしへんなざき)は、宮古島の最東端にある岬です。 隆起サンゴ礁の石灰岩からなる岬は国の史跡名勝天然記念物に指定されています。
海に突き出てた岬の先端は2kmほどあり、駐車場から灯台がある岬の先端までは遊歩道が完備されています。 平安名崎灯台は日本では珍しく、入場料200円で実際に中に入って登ることができます。97段の階段を登らなければなりませんが、灯台のてっぺんから見渡せる360度見渡せるコバルトブルーの海や水平線はまさに絶景です。
引用: https://farm9.static.flickr.com/8328/8137691728_3430d124b8_z.jpg

平安名崎灯台の詳細

住所:沖縄県宮古島市城辺町保良平安名/駐車場:あり
宮古島は1年を通して温暖な気候と美しい海、宮古島ならではのグルメも味わえます。そして一度ではなく何度でも訪れてみたい人気の観光地です。宮古島観光をする際はぜひ参考にしてみてください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://farm9.static.flickr.com/8375/8439639325_89e7719497_z.jpg