Erlynlzktzbfk8ifr20p

東京

CATEGORY | 東京

福岡のアンテナショップ2019年版!「ザ・博多」と「久留米館」のおすすめ商品を徹底紹介!

2019.08.20

東京で福岡の名品が買える福岡アンテナショップ、有楽町の「ザ・博多」と新橋の「久留米館」が知られています。これら2つのお店には、福岡のおすすめ名品が勢ぞろいしています。福岡の味が懐かしくなった人はもちろん、福岡の味を楽しみたい人には最適のアンテナショップです。

この記事に登場する専門家

Twewjxc8nuu7cfpn3nxk

福岡在住フリーライター

花野洋介

福岡を中心に九州各地はもちろん、多くの国内旅行経験があります。
「地元の人しか知らない」情報にこだわっており、初めて訪れる場所でも楽しめる様に監修します。

  1. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」はどこにある
  2. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」へのアクセス
  3. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ①豚骨ラーメン
  4. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ②もつ鍋
  5. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ③ムツゴロウラーメン
  6. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ④イソギンチャクの味噌煮
  7. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑤博多カリカリ鶏皮
  8. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑥努努鶏
  9. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑦あまおうソフトクリーム
  10. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑧堅パン
  11. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑨小ぶり紅鶴乃子
  12. 東京の福岡アンテナショップ!「ザ・博多」おすすめ商品 ⑩辛子めんたい粉
  13. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」はどこにある
  14. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」へのアクセス
  15. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ①大砲ラーメン
  16. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ②黒棒筑紫路
  17. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ③福岡のり明太子味
  18. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ④焼海苔
  19. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ⑤あまおう苺
  20. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品 ⑥久留米絣
  21. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑦籃胎漆器
  22. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑧い草製品
  23. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑨みのう豚
  24. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑩棚田米
  25. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑪調味料
  26. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑫日本酒
  27. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑬地ビール
  28. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑭はとむぎ化粧品
  29. 東京の福岡アンテナショップ!「久留米館」おすすめ商品⑮お茶
  30. まとめ
K9r5diulvmt6dblihwlx
引用: https://www.instagram.com/p/BBPVmpaPKwv/

東京にある福岡アンテナショップ、まず一つ目の「ザ・博多」は有楽町にあります。東京駅からJRの山手線で一駅という有楽町の駅前、東京交通会館の地下にあるので、アクセス抜群です。2009年に開店した、博多をメインにした品ぞろえの九州物産品の販売店で、博多キャナルシティ内にある「ザ・博多ギフトショップ」の東京支店ということになります。

Ukt62nhpnucpwvhkhaxp
引用: https://www.instagram.com/p/BkgnU99AgDA/

有楽町にある東京交通会館は複合商業施設のビルで、まさに有楽町駅前に位置しているため、有楽町駅へアクセスすればよいことになります。東京駅からは山手線外回りで1駅、所要2分です。また、東京メトロ有楽町線も通っており、有楽町駅以外に銀座一丁目駅からもすぐのアクセスです。同じく東京メトロの丸ノ内線や銀座線の銀座駅からも約3分の所要とすぐです。

Da2jesblcx3fve5lhih7
引用: https://www.instagram.com/p/BjZyfu5DayI/

「ザ・博多」でのおすすめ商品、まずは博多と言えばこれということで、最初にあげたいのが「豚骨ラーメン」です。ただ「豚骨ラーメン」と言っても、実はあっさり系から濃厚な味まで色々あるのです。あっさり系の代表は長浜、濃厚な味は久留米という感じですが、ここでは、実にさまざまな「豚骨ラーメン」がいつも50種類程売られているので、色々と買いそろえることもできます。また、たびたび訪れてみると、新しいバージョンに出会える可能性もあります。

Zqm9n7ontyezystdhjdl
引用: https://www.instagram.com/p/BpYpsInAOt7/

続いても博多名物料理の「もつ鍋」です。水炊きと並んで博多の鍋料理の定番となっているのが「もつ鍋」ですが、博多で締めちゃんぽんの発祥店として知られているのが、元祖もつ鍋の楽天地です。その楽天地の味をそのまま味わえる商品が売られているのが嬉しいところで、自社製造の伝統の味を家でも堪能することができるのです。

Slrjzvvns3uipr8j8odo
引用: https://www.instagram.com/p/BdcSa4IAICj/

アンテナショップの魅力は、それぞれの土地の地産名品に出会えることですが、この「ムツゴロウラーメン」もその一つです。有明海のムツゴロウをスープにした醤油味のこのラーメン、ムツゴロウ炙りだしの柳川ブランド認定品という、まさに地インスタントラーメンを地で行く商品です。豚骨ラーメンとの食べくらべにも、ぜひ味わってみたい商品です。

Ox3xe23hwrsxlzwvawyy
引用: https://www.instagram.com/p/BmdqckqhaQ7/

「ザ・博多」で買うことのできる地産商品、柳川のうなぎラーメンなど他にも数多く並んでいますが、これらのラーメンと同じく有明海の名品の一つに数えられるのが「イソギンチャクの味噌煮」です。柳川の郷土料理「イソギンチャクの味噌煮」のレトルトパッケージ版が1260円で販売されています。地元では、昔から味噌汁にも使っていたというのがこのイソギンチャクです。

Dw8e0ro1qe2gd0isrsco
引用: https://www.instagram.com/p/BiF7Hj9gnVG/

次に紹介するのは、おつまみに最適な商品「博多カリカリ鶏皮」です。国産鳥の皮だけを文字通りカリカリに揚げたこの商品は1袋486円とお手ごろで、まとめ買いする人も続出の人気商品です。黒コショウが効いたピリッと感がビールやお酒のおつまみには最高の味付けです。新幹線で博多まで乗車する長旅には、最高の旅のおともになる逸品です。

W44t8rvjjrcxwmghezm4
引用: https://www.instagram.com/p/Bh637BVHpfM/

続いても鶏の商品が続きますが、こちらは温めてはいけない唐揚げ「努努鶏(ゆめゆめどり)」です。普通の唐揚げとは全く違った感覚の唐揚げを作ろうというコンセプトでできたのがこの商品。やわらかく温かいという概念を捨て、その正反対の商品が今や大人気になっています。こちらも、おつまみに最高の商品で1080円のお値段で、東京ではここでしか買えない逸品です。

Yun3ifwfntunrgokkwom
引用: https://www.instagram.com/p/BnGbR9FhnW4/

「ザ・博多」のおすすめ商品、次はがらっと変わって「あまおうソフトクリーム」です。あまおうとは、福岡名産のイチゴですが、そのあまおうをたっぷり使った上に、ミルクも福岡産というこだわりの福岡版ソフトクリームです。爽やか感いっぱいの甘さと、いちごの粒感を味わえる食感で1つ400円、銀座でのお買い物の後に寄って食べるのもいい感じかもしれません。

D7b24b7twpvztsf03cpv
引用: https://www.instagram.com/p/BsfEz73lEda/

続いては、これも福岡名物「堅パン」です。名前の通り堅いパンなのですが、その堅さは筋金入りです。もともと、大正時代に官営八幡製鐵所で、従業員用の栄養補助食品で作られていたという歴史があります。パンというよりはビスケットのような感覚ですが、堅いのでミルクやコーヒーなどドリンクに浸して食べることも多い商品で、プレーン、ほうれん草、ココア、イチゴという4種類の味があります。

Dxraayadposdvaoziytr
引用: https://www.instagram.com/p/BrB4BsNl6cn/

福岡名産のイチゴあまおうを使った商品をもう一つ紹介します。今度は和菓子の「小ぶり紅鶴乃子」です。博多で100年以上の伝統を誇る石村萬盛堂の銘菓が、泡立てた卵白の中に餡を入れた「鶴乃子」ですが、その小さめのバージョンに、さらにあまおうを使った甘酸っぱい餡を入れたのが、この「小ぶり紅鶴乃子」なのです。伝統の銘菓と名産イチゴのコラボで誕生した美味しい和菓子で、6個入り540円とリーズナブルなお値段です。

Xztp59yaxmvsuzctq1k6
引用: https://www.instagram.com/p/BkgoBOmAODy/

「ザ・博多」のおあすすめ商品、数多くある中で最後に紹介するのが「辛子めんたい粉」です。これも博多ならではの商品で、各種製品が売られていますが、特に年に2回の特売商品として登場するのが、井口食品の「辛子めんたい粉」で、数量限定の2個で500円という人気商品になっています。

Qxtgvzo8dowpisxbmbcb
引用: https://www.instagram.com/p/BqQkL5UnE2f/

東京にある福岡アンテナショップ、もう一つが新橋にある福岡「久留米館」です。福岡県の久留米市、大川市、小郡市、うきは市、大刀洗町、大木町の4市2町が連携し、地元商品のアピールを兼ねて出品しているアンテナショップで、新橋駅前のSNTビルの1階と2階にあり、こちらも非常にアクセスの良い場所に立地しています。

Yolxgrkpwbra6ywdrqgt
引用: https://www.instagram.com/p/BlemcAGhQ3D/

福岡「久留米館」は新橋駅前に位置しているため、新橋駅へアクセスすればよいことになりまが、東京駅からは山手線外回りで2駅、所要4分です。また、東京メトロ銀座線と都営地下鉄浅草線も通っており、それぞれ新橋駅からすぐです。

Amv6behcslr4mjjqmayi
引用: https://www.instagram.com/p/BsqDCbknoKW/

こちら「久留米館」のおすすめ商品、やはりラーメンからで、豚骨ラーメンの老舗である久留米市の人気ラーメン店「大砲ラーメン」のパッケージ商品です。人気のラーメン店の味が、家庭でも楽しみながら食べられると人気の商品です。伝説の呼び戻しスープ発祥の店として有名なお店の味を堪能できます。

Rqrwmmgtgynygwlffrto
引用: https://www.instagram.com/p/Bsz2iFChKul/

続いては、大正9年創業という老舗の久留米黒棒本舗が作る「黒棒筑紫路」です。創業以来、黒砂糖の美味しさを追求して、産地指定の小麦粉と黒糖を使って作り続けられている伝統のお菓子です。職人によって、黒糖蜜を手付で1本1本仕上げていくという、飽きのこない伝統の味は東京でも食べたくなります。

Tk2zmjjcddqp6y68qmq4
引用: https://www.instagram.com/p/BoF_vuNhrwy/

次は、おつまみに適した商品ということで取りあげた「福岡のり明太子味」です、有明海産の初摘み海苔を使用しているので、本格的な海苔の味がしっかり出ており、同じく福岡名品の明太子味がコラボして、なかなかの味と評判の人気商品です。おつまみに最高ですが、もちろん、ご飯と一緒に食べても良しという商品です。

Idhaoaqvecwbkcojppwb
引用: https://www.instagram.com/p/Bst-5aDDT0S/

続いてもう一つ、有明海産の海苔ですが、今度は「焼海苔」です。こちらは巻き寿司や手巻き寿司におすすめの海苔で、やはり、有明海産の初摘み海苔を使っています。他にも味付け海苔など、多くの海苔製品がありますが、福岡有明海産の海苔を買いたくなったら、やっぱり福岡アンテナショップという感じで、品ぞろえが豊富です。

Gbhjayjwgxhjdcanp84l
引用: https://www.instagram.com/p/Br1daVTH9ps/

「ザ・博多」のおすすめ商品のソフトクリームや和菓子にも登場したのが、福岡名産のイチゴ「あまおう苺」です。福岡県のみで生産されるという希少なイチゴで、あまくて、まるく、おおきくて、うまいというのがこの「あまおう」の名称になったのです。まさに福岡が誇るイチゴの名品です。

日本三大絣の一つ、久留米絣の魅力は丈夫で素朴さ。日傘やパスケースなど普段使い出来る様々な小物があります。

籃胎とは竹を削って編み漆を塗った工芸品で、お盆や茶筒、お箸などに日常生活に使われるものが多く生産されています。

400年の伝統があるい草は畳の材料。筑後地方はい草の産地として知られています。伝統的な畳だけでなく靴の中敷きとしても使われています。

丁寧な下処理により、豚足特有の臭みを除去し豚足が苦手な人も食べられるという。ほろほろと柔らかく美味しい豚足です。

棚田とは山の傾斜を利用した田んぼで、その棚田で育ったお米です。綺麗な水と長い日照時間で良米が出来ます。

全国的にも甘口と言われる九州のお醤油。カボス等の柑橘類の風味の調味料も人気があります。

久留米は日本有数の酒どころ、豊かな筑後川の良質な軟水と筑紫平野の上質な米により作られた美味しいお酒です。

久留米は九州最大のハトムギの産地であり、その久留米産のハトムギで作られた、0度では凍らないクラフトビールです。

久留米産のハトムギで作られた化粧品。ハトムギの保湿成分が入った様々な化粧品があります。

八女は日本有数の茶どころ。豊かな水と肥沃な土壌により上質なお茶が栽培されています。

Kjqgsjhyxwack7rjw9nz
引用: https://www.instagram.com/p/Bqzo2S2lbDT/

東京にある福岡アンテナショップの「ザ・博多」と「久留米館」を紹介し、それぞれのお店で売られている福岡の名品を厳選して取りあげました。東京で福岡の名品を手に入れることができるアンテナショップ、ぜひ一度お出かけになって、とんこつラーメンや伝統のお菓子など福岡の味を堪能して下さい。

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BsI7sZMls_b/