Qs5jtkeishh7l6w9oq2c

タイ

CATEGORY | タイ

【2019年】タイの民族衣装!地元民おすすめのレンタル屋さんも!

2019.01.27

タイの結婚式や伝統行事などで着用される民族衣装は、外国人観光客の間でも人気です。今回はタイの民族衣装を着て写真撮影ができるフォトスタジオやレンタルサービスのあるショップをご紹介します。おすすめのポイントや値段なども参考に民族衣装の魅力を堪能してきてください。

  1. タイの民族衣装の特徴(女性編)
  2. タイの民族衣装の特徴(男性編)
  3. タイの民族衣装おすすめのレンタル・フォトスタジオ①トンラック スタジオ(Tonrak Studio)
  4. タイの民族衣装おすすめのレンタル・フォトスタジオ②タイ スタイル スタジオ(Thai Style Studio)
  5. タイの民族衣装おすすめのレンタル・フォトスタジオ③バーン バイ スタジオルーム(BAAN by studioroom)
  6. タイの民族衣装おすすめのレンタル・フォトスタジオ④ラ フォーレ
  7. タイの民族衣装おすすめのレンタル・フォトスタジオ⑤ITDAタイ文化交流センター スクンビット39校
  8. タイの民族衣装を購入できる場所
  9. タイの民族衣装が展示されている博物館
  10. タイのお土産には民族雑貨がおすすめ
  11. タイの民族衣装情報まとめ
D9vdj3pmh4ksxi3z3tgr
引用: https://www.instagram.com/p/BpJk-R4HJNT/
タイの女性の正装として着用される民族衣装は「シワーライ」と呼ばれ、綿やシルク素材の布を腰に巻いてスカートにし、肩にも斜めにかけるのが一般的です。男性の正装に比べて地域による特色も様々で、スタイルや色柄などに地域差が見られます。滞在中はタイ料理のレストランや伝統舞踊鑑賞時にシワーライを着ている女性を目にすることもあるでしょう。
Xgkgvgbhfcsxp16zec0q
引用: https://www.instagram.com/p/BsH3jfglamw/
男性の正装は「スア・プララーチャターン」と呼ばれる伝統衣装で、普段王族が着用しているものです。一般の男性も結婚式や特別な儀式などのときに着用します。首元まで襟が立ち、女性に比べて肌の露出がほどんどない衣装です。それでも上質なシルクなので長時間でも快適に着ていられます。
Lqagjx5wsh7ze5ipk2b0
引用: https://www.instagram.com/p/BtFYSpTl7k6/
日本人駐在者も多いトンロー周辺には多くのウェディングフォトスタジオがあります。なかでも有名人なども多く訪れている人気店が「トンラックスタジオ」です。ウェディングフォトだけでなく、タイの民族衣装やチャイナドレス、西洋風のドレスなどを着て写真を撮るという旅行者も多いとか。こだわりの撮影スタジオでは様々な背景に変わるスクリーンや小物があり、なりきり写真を撮ってもらえます。値段は高めですが、充実の施設とサービスで満足できるでしょう。
Tbwbw6ee4jeytzvjdmjg
引用: https://www.instagram.com/p/BtDuGLHhDqO/
<トンラックスタジオ(Tonrak Studio)の基本情報> 住所:739 Soi Sukhumvit 55 Sukhumvit Rd., Khlongton Wattana Bangkok 10110 住所(タイ語):739 ซอย สุขุมวิท55 ถนนสุขุทวิท คลองตัน วัฒนา กรุงเทพฯ 10110 電話番号:02-712-5222 営業時間:09:30-20:30 アクセス:BTSトンロー駅からタクシーで約10分
Fwduajbkqzwf8lv9q7tv
引用: https://www.instagram.com/p/BgBlxACFbnf/
電化製品や衣服、お土産などなんでも揃うMBKショッピングセンターは観光客にも大人気の買い物スポット。MBK内にある「タイ スタイル スタジオ」では、多くの観光客がタイの伝統衣装を着てカラフルなスタジオで変身写真体験を楽しんでいます。衣装だけでなく煌びやかなアクセサリーも目を引くゴージャスな写真に。値段はメイクアップやヘアスタイリングなどを含んで1つの衣装で2000バーツ〜です。便利な立地で充実のサービスでありながらこの値段はリーズナブルと言えます。
Dccosiqaphtgyrt8dent
引用: https://www.instagram.com/p/BssJKQpl7ng/
<タイ スタイル スタジオ(Thai Style Studio)の基本情報> 住所:2F、3F C309 MBK Bldg. Want Mai Pathumwan Bangkok 10310 住所(タイ語):ชั้น 2,3 ซี309 ตึกเอ็มบีเค ปทุมวัน กรุงเทพ 10310 電話番号:0-2611-7136(3階)0-2620-9496(2階) 営業時間:10:00〜20:30 アクセス:BTSナショナルスタジアム駅3番出口直結の東急に入り、そのまま店内でMBKショッピングセンターへ。周辺は渋滞しやすいエリアなのでBTSでアクセスするのがおすすめ。
B3jziidkdjvlqcyzok7l
引用: https://www.instagram.com/p/BiCfOGGjOwD/
タイの民族衣装を着て自由に好きな場所で写真を撮影したい方は「バーン バイ スタジオルーム」の衣装レンタルがおすすめです。朝レンタルして夕方17時までに返却すれば500バーツ、次の日の17時までの返却で1000バーツと、値段も安く気軽に利用することができます。伝統衣装を着てお気に入りのスポットで思う存分写真撮影をお楽しみください。
Zrtadj8jgnb0c19aavyx
引用: https://www.instagram.com/p/BtAhBbln4tB/
<バーン バイ スタジオルーム(BAAN by studioroom)の基本情報> 住所:338 Soi Dhammasarot, Phayathai Rd., Ratchathewi Bangkok, Thailand, 10400 電話番号:+6697-1624650 営業時間:11:00〜17:00(タイ衣装レンタルサービス) アクセス:BTSラチャティウィ駅から徒歩数分、サイアムから徒歩約7分
Deegp5dh6pikezuoielu
引用: https://www.instagram.com/p/BrkKi0tBXmn/
「ラ・フォーレ」はバンコクにある日系フォトスタジオで、現地駐在の日本人家族などに人気のスタジオです。海外ではなかなかできない七五三撮影なども行っており、重宝されています。日本語が通じるということもあり、日本人観光客の利用も多いとか。タイ民族衣装撮影は着付けやヘアメイク、データCDも付いて女性1500バーツ、男性1000バーツです。子供用の衣装もあるので家族揃って民族衣装を着て記念に残すのもいいですね。
R266crz3v52fgphxwmzf
引用: https://www.instagram.com/p/BrPw8GohIgb/
<ラ フォーレの基本情報> 住所:2/47 Soi 41 Sukhumvit Bangkok Thailand (スーパートップスの裏側) 電話番号:+662-258-8918(バンコック市内からは 02-258-8918)
Kfyyf3drcucn5skcwwnp
引用: https://www.instagram.com/p/Bs8SMWQnCNN/
ITDAタイ文化交流センターではタイの文化や伝統芸能を学ぶことができるプログラムが開催されています。石鹸に彫刻を施すソープカービングや花を編んで作るフラワーアートなど内容も様々。その中で伝統衣装を着てタイの挨拶の仕方や伝統舞踊の簡単な動きなどを学べるプログラムは貴重な体験となります。値段は1500バーツで写真の撮影もしてもらえるので、滞在の記念にしてはいかがでしょうか。
Wfqlpio2k2lxk6hxorhp
引用: https://www.instagram.com/p/BraJw7YHjbH/
<ITDAタイ文化交流センター スクンビット39校の基本情報> 住所:36/16 Sukhumvit Road, Soi 39 Klong Toey, Bangkok 10110 電話番号:02-662-4230, 02-075-1611 営業時間:9:00〜18:00
Nmrctvejivzafjkkh4qk
引用: https://www.instagram.com/p/Bs2mmwzj8iZ/
タイの民族衣装は観光スポットをはじめ様々なところで販売されていますが、なかでもお手頃価格で見つけることができるスポットが「チャトチャックウィークエンドマーケット」です。アジア最大級のマーケットには食べ物から衣服、インテリア雑貨まで様々な商品を販売する露店がずらっと並んでいます。週末のみの営業なので予定を合わせて訪れてみてください。全部見ようと思うと1日かかるので気になるセクションを絞って見て回ることをおすすめします。値段交渉も楽しみましょう。
Hds604cuoxqrdzj2vnva
引用: https://www.instagram.com/p/Bpwc0lalDpV/
<チャトチャックウィークエンドマーケットの基本情報> 名称(英):Chatuchak Weekend Market 営業時間:毎週土・日 9:00~18:00 ※営業時間は店舗によって異なります アクセス:BTSモーチット駅1番出口から徒歩約5分
Xsmblpi2eie6v1t6xhj9
引用: https://www.instagram.com/p/Bs2tAzpnbrd/
もう一つはMBKショッピングセンターです。このショッピングセンターは携帯電話やパソコンのパーツといった電化製品が安い値段で販売されていることで知られていますが、タイ土産のお店も多く観光客にも大人気です。フォトスタジオもあるので時間がない方は買い物もタイ衣装での撮影もここで一気に済ませるのもいいでしょう。
Zxtxlg1wolnwtbxcwfqt
引用: https://www.instagram.com/p/Bgsc6yIBZ8u/
<MBKの基本情報> 名称(英):MBK Center Bangkok 住所 :444 8th Fl. MBK Center Phayathai Rd., Pathumwan Bangkok 10330 営業時間:10:00から22:00
Cugbafnindlgo9i1k7sq
引用: https://www.instagram.com/p/BsRj2Z-HU90/
クイーンシリキットテキスタイル博物館は王宮と合わせてみたいスポットです。建物は王宮の敷地内にあり、タイの織物に関する様々な展示を見学することができます。博物館内のショップではタイシルクを使った製品が販売されているのでお土産に買って帰るのもおすすめです。
Mtk0kpxhxzl1f8x8rcnt
引用: https://www.instagram.com/p/BdRgp-pl5rv/
<クイーン シリキット テキスタイル博物館の基本情報> 名称(英):Queen Sirikit Museum of Textile) 住所:Na Phra Lan Rd, Khwaeng Phra Borom Maha Ratchawang, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200 営業時間:9:00〜16:30(最終入場15:30)
Wdspo6x2fpph8iilsw6k
引用: https://www.instagram.com/p/BskEeHvAN2_/
タイの民族衣装一式となるとお土産にもらっても着る機会がなく困るという方も多いでしょう。そこでお土産におすすめなのが民族雑貨です。カラフルな色合いで手作りの温かみのあるものが多く、アジアン雑貨が好きな方に特に喜ばれます。キーホルダーなどは安く、かさばらないのでばらまき土産にもぴったりです。
Bsvknfinedwjcclhqhoh
引用: https://www.instagram.com/p/Bit7UkSAY7t/
タイの民族衣装についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?なかなか着る機会のない煌びやかなタイの衣装を身にまとって変身写真を撮ってみてはいかがでしょうか。貴重な体験をして忘れられない思い出になるといいですね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlxH3nfgO9Z/