Vnizyqeml6yfzfyfdpda

アメリカ合衆国

CATEGORY | アメリカ合衆国

ニューヨークといえば自由の女神!行き方や予約方法を徹底解説【2019年】

2019.01.28

ニューヨークのシンボル「自由の女神」はニューヨーク観光の定番です。自由の女神がいるリバティー島への行く前にフェリー、王冠、台座、上陸それぞれのチケット予約の準備も重要。今回は、ニューヨーク・自由の女神を満喫するための行き方や各予約方法を詳しくご紹介します。

  1. ニューヨーク・自由の女神への行き方や予約法①:行き方について
  2. ニューヨーク・自由の女神への行き方や予約法②:チケット予約方法【クラウンリザーブチケット】
  3. ニューヨーク・自由の女神への行き方や予約法③:チケット予約方法【ペデスタル予約チケット】
  4. ニューヨーク・自由の女神への行き方や予約法④:チケット予約方法【チケットのみ】
  5. ニューヨーク・自由の女神への行き方や予約法⑤:チケット予約の注意点・見学時間帯
  6. まとめ
N4ynasqjfcxovpkkugog
引用: https://www.instagram.com/p/BXD7noJhy3J/
自由の女神がいるリバティー島へはフェリー乗り場からフェリーに乗って行きます。タイムズスクエアから地下鉄(ダウンタウン)行きに乗ると、フェリー乗り場が近い「South Ferry」駅へ行けます。あとはフェリー乗り場となる「バッテリーパーク」へ行きフェリーに乗船すればリバティー島へ到着します。フェリーは朝8時30分から夕方5時まで約20分ごとに運航しています。
Ibeyw3qfmkropml148by
引用: https://www.instagram.com/p/BcLc68OFSF8/
リバティー島へのフェリー乗り場はニューヨーク側とニュージャージー側の2つがあり、行きやすいのはニューヨーク側のバッテリーパークです。ただ、混み合いますので、面倒でも混雑を避けたいという場合はニュージャージー側のフェリー乗り場から行くのも良いのではないでしょうか。
Uuhivbo4syii5ibjtpl9
引用: https://www.instagram.com/p/BcUdkJxhkKY/

ニュージャージー側のリバティステートパークフェリー乗り場への行き方

バッテリーパークからリバティステートパークへ行くには、ワールドフィナンシャルセンターから「Liberty Landing Ferry」に乗って行きます。 ニュージャージーシティからの場合は、ライトレールに乗ってリバティステートパーク駅で降り、そこからはフェリー乗り場まで徒歩約25分ほどです。
L7yivgmidq4ifpvscw0r
引用: https://www.instagram.com/p/BsiKwTAnapj/
自由の女神を楽しむためには事前に各チケットを予約しておくのが一番です。予約は公式サイトで全て手続きができます。「クラウンリザーブチケット」は、往復フェリー運賃・自由の女神像・オーディオツアー(日本語解説)・エリス島・自由の女神「王冠」・「台座」と全てが含まれたチケットです。
Dz6gjzeg9mzy2lbbvjip
引用: https://www.instagram.com/p/BogxqpnAKsy/
ヨーロッパから移民してきた人々の歴史や当時の様子を深く知ることができるエリス島の見学もできるので、時間がある場合はこちらがおすすめです。「チケット料金」大人:21.50ドル・シニア(62歳以上):17ドル・子供(4~12歳):12ドル
Y7feka0k9pz1famarsrl
引用: https://www.instagram.com/p/Bfm0lduBJP1/
Jqc0ntr6bhbuumpjuslc
引用: https://www.instagram.com/p/BtD3zpmnJpC/
こちらのチケットは、往復フェリー運賃・エリス島・自由の女神像・オーディオツアー・台座が見学できる内容で、王冠までは行けません。「チケット料金」大人:18.50ドル・シニア:14ドル・子供:9ドル・0~3歳:無料
Raizgjda3zscxsevgwpk
引用: https://www.instagram.com/p/BtDmD9jBfGv/
こちらのチケットは自由の女神像があるリバティー島へのアクセスのみで、女神像の中へは入らず外から見学する内容となっています。往復フェリー運賃・エリス島・自由の女神像・オーディオツアー。「チケット料金」大人: 18.50ドル・シニア:14ドル・子供:9ドル・0~3歳:無料
Qh0dzuhfa4gl3pp2rrci
引用: https://www.instagram.com/p/BtDdcW5Ff_D/
①「目的のチケットを決めておく」:チケット予約は公式サイトから簡単に予約ができますが、購入ページを開くとカレンダーが表示され空き状況から選択することになります。あらかじめ購入したいチケットとスケジュールを決めてから購入しましょう。②「予約する時間は早朝」:予約をしようとする時間帯は、セキュリティーチェックが短く待ち時間が少ない早朝がおすすめ。
Csykc75ewrh5way2uu7i
引用: https://www.instagram.com/p/Bs_-n2blH_O/
③「早い時期に予約する」:シーズンにもよりますが、自由の女神は人気の観光スポットなのでチケット予約もなかなかとれないことが多いのが現状です。予約をする場合は遅くても3ヶ月前、できれば6ヶ月以上前には予約をしておくのがおすすめです。④「出かける時間帯は午前中」:自由の女神の見学はじっくり周れば約半日。午後に出発すると島にはあまり滞在できなくなるので午前中に行くのがおすすめです。

自由の女神のチケット予約公式サイト

Uwyhxeyghfp38rtskctd
引用: https://www.instagram.com/p/BphBpMUhgeV/
ニューヨーク・自由の女神への行き方や各チケットの予約についてご紹介しました。自由の女神はニューヨークで一番人気の観光スポットです。当日券も購入できる場合はありますが、驚くほどの待ち時間と上陸のみのチケットしか買えないこともあります。事前にしっかりチケット予約をして有意義な見学にしましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BphBpMUhgeV/