Gk7k9oghfcoscpvjw6wu

兵庫

CATEGORY | 兵庫

淡路島へフェリーで行くには?【2019年】車で行く航路や料金を徹底調査!

2019.01.29

瀬戸内海の東部に位置する淡路島は瀬戸内海最大の島。明石から淡路島までを結ぶフェリーはバイクや自転車も積載可能で、淡路島観光がますます楽しくなります。そこで今回は、車やフェリーを使った淡路島への行き方や航路、料金などについて詳しくご紹介します。

  1. フェリー・車での淡路島への行き方|航路や料金も~①:車で行く方法と料金
  2. フェリー・車での淡路島への行き方|航路や料金も~②:高速バスで行く方法と料金
  3. フェリー・車での淡路島への行き方|航路や料金も~③:フェリーで行く方法・航路と料金
  4. フェリー・車での淡路島への行き方|航路や料金も~④:淡路ジェノバライン時刻表<明石発>
  5. フェリー・車での淡路島への行き方|航路や料金も~⑤:淡路ジェノバライン時刻表<岩屋発>
  6. フェリー・車で行く淡路島|行ったら泊まりたい宿①:ホテルニューアワジプラザ淡路島
  7. フェリー・車で行く淡路島|行ったら泊まりたい宿②:ホテルニューアワジ
  8. フェリー・車で行く淡路島|行ったら泊まりたい宿③:パルシェ香りの館香りの湯
  9. フェリー・車で行く淡路島|行ったら泊まりたい宿④:淡路島観光ホテル
  10. まとめ
Djimpfxb5juq0lvaww34
引用: https://www.instagram.com/p/BtKUW_6lR08/
淡路島へ行くには高速道路となっている「明石海峡大橋」を渡る必要があり、車では垂水JCTから乗ることになります。高速道路なのでバイクの場合125cc以下は通行できないのでご注意くだい。淡路ICまでは距離にして23.7km、所要時間は約34分ほどです。
H5jxrjfsusmizyjlleit
引用: https://www.instagram.com/p/BoQoM_BBmCT/
通常料金は垂水JCT~淡路ICまで普通車が片道2,370円、軽自動車が1,900円です。ETC利用の場合普通車が片道900円、軽自動車が750円となっています。断然ETCを利用したほうがお得なので、ぜひETC搭載にて通行することをおすすめします。しかもETCの場合、普通車は平日も休日も同額の900円です。

大阪・神戸方面から明石海峡大橋までのアクセス

阪神高速神戸線~第二神名道路経由・名谷JCTを通り垂水JCTから神戸淡路鳴門自動車道「明石海峡大橋」へ。

岡山・姫路方面から明石海峡大橋までのアクセス

第二神明道路~伊川谷JCTで阪神高速北神戸線へ。永井谷JCT~第二神明道路北線を通り垂水JCT、神戸淡路鳴門自動車道「明石海峡大橋」へ。

四国方面から明石海峡大橋までのアクセス

徳島からの場合、国道11号を鳴門IC~神戸淡路鳴門自動車道へ。大鳴門橋を渡って「明石海峡大橋」へ。高松からは、高松自動車道~鳴門IC経由で神戸淡路鳴門自動車道へ。大鳴門橋を渡り「明石海峡大橋」へ。
Ro1cx3c3wmkkdvibtbxq
引用: https://www.instagram.com/p/Bj-TZ1YAfDW/
高速バスを利用して淡路島へ行く方法をご紹介します。バスの種類は幾つかあり、高速舞子バスストップから乗る場合、高速舞子から出る淡路島への高速バスは淡路交通・本四海峡バス・神姫バスとなっています。バス会社によって本数が異なり、一番多いのが本四海峡バスです。
Fmfjeelrhapy1rg0mmfq
引用: https://www.instagram.com/p/Bj_W3IHA7fd/
そこから高速へ乗り淡路ICまで。高速舞子~淡路ICは所要時間約7分で、大人410円、子ども210円です。4枚綴りの回数券が1,480円で販売されているので複数人で往復高速バス利用ならこちらがおすすめです。また、淡路島へ宿泊し、バスでゆっくり巡るなら、島内の路線バスが2日間乗り放題の淡路島フリークーポン(路交通株式会社)もあります。

大阪からの高速バス

阪急バス、淡路交通で、阪急3番街バスターミナル~津名港~洲本高速バスセンターのルート。所要時間は3時間40分で片道2,350円です。また、JR大阪駅からは西日本ジェイアールバス「かけはし号」、本四海峡バス「かけはし号」があり、ルートはJR大阪駅⇒津名港⇒洲本高速バスセンター。所要時間は4時間50分、片道2,350円です。

神戸からの高速バス

神姫バス、淡路交通で、神姫バス三ノ宮バスターミナル~高速舞子~津名港~洲本高速バスセンターのルート。所要時間は2時間61分で片道1,850円です。
Galsc7mgvdojwjdg51pn
引用: https://www.instagram.com/p/BhYvtFUlXB6/
淡路島へ渡るには、現在明石と淡路島を結ぶ航路となっている「淡路ジェノバライン」を利用します。明石から淡路島までわずか約13分です。デッキで美しい景色を見ながら潮風に吹かれているとあっという間に淡路島へ到着します。「まりんあわじ」は2階建ての船で収容人数180名、小型バイク(125cc以下)8台、自転車20台が可能。
Gtk7zka9a3acaoy7fvq1
引用: https://www.instagram.com/p/BRz5Mdugvn0/
乗船できるバイクは125cc以下の2輪車で、第一種原動機付自転車、第二種原動機付自転車。両ハンドルグリップをベルトで固定できるものに限ります。3輪の場合はホンダのジャイロのみ可能です。明石乗り場は、JR明石駅から海方面へ向かって徒歩約8分ほどのところにあります。岩屋乗り場は岩楠恵比寿神社そばの岩屋ポートビルにあります。

【基本情報】

【住所】<明石乗り場>兵庫県明石市本町2-10-1・<岩屋乗り場>兵庫県淡路市岩屋925-27【電話】(明石営業所)078-918-2411・(岩屋営業所)0799-72-2015【営業時間】<明石→岩屋>(平日)5:40~23:40(土日祝)6:30~23:40・<岩屋→明石>(平日)5:20~23:20(土日祝)6:00~23:20【料金】大人500円・小人250円・自転車220円・原付バイク450円
Lpblsdygjy7gqo9surfl
引用: https://www.instagram.com/p/BK_2mbGhGZ4/
【明石発・平日ダイヤ】5:40・6:20・7:00・20・40・8:00・20・40・9:00・20・40・10:00・20・11:00・40・12:20・13:00・40・14:20・15:00・40・16:20・17:00・20・40・18:00・20・40・19:00・20・40・20:00・20・21:00・40・22:40・23:40となっています。
Jcuyt0ztje7eebzavxqo
引用: https://www.instagram.com/p/BqO5IvglIMc/
【明石発・休日ダイヤ】6:30・7:00・30・8:00・30・9:00・30・10:00・30・11:10・40・12:20・13:00・40・14:20・15:00・40・16:20・17:00・40・18:20・19:00・40・20:20・21:00・40・22:40・23:40となっています。平日も休日も、1時間に1~3本運航しています。
Cmhxdxt9royn5boespk9
引用: https://www.instagram.com/p/BfbK5aSha87/
【岩屋発・平日ダイヤ】5:20・6:00・40・7:00・20・40・8:00・20・40・9:00・20・40・10:00・40・11:20・12:00・40・13:20・14:00・40・15:20・16:00・40・17:00・20・40・18:00・20・40・19:00・20・40・20:00・40・21:20・22:20・23:20です。
Ijojygcy3iawbf1tbjne
引用: https://www.instagram.com/p/BfsQSB2H9nQ/
【岩屋発・休日ダイヤ】6:00・30・7:00・30・8:00・30・9:00・30・10:00・40・11:20・12:00・40・13:20・14:00・40・15:20・16:00・40・17:20・18:00・40・19:20・20:00・40・21:20・22:20・2320となっており、こちらも明石同様、平均1時間に1~3本ほど運行しています。ほど良く本数があるので安心です。
Osmgdxhm6anyn3kxd7v6
引用: https://www.instagram.com/p/BlNmmUSnTKC/
2017年に「別邸蒼空」が新たにオープンした「ホテルニューアワジプラザ淡路島」は淡路島で人気№1のホテルです。高い丘の上にあるこのホテルは、美しい眺望が自慢。「ソラテラス」は鳴門海峡や大鳴門橋を一望できる一番の絶景ポイントです。
A847zlmrzqheehivyx6a
引用: https://www.instagram.com/p/BlVPhm-hqMd/
充実した設備はもちろん、ホテルの周囲は800mの散歩道があり、景色を眺めながら淡路島の大自然を味わうことができます。展望露天風呂家7美人の湯など天然温泉も存分に堪能でき、食事の時間は淡路島グルメも楽しみましょう。専有露天風呂付きの特別客室など宿泊プランも豊富です。
Irwaldqji6n36wb3uvzh
引用: https://www.instagram.com/p/BsuEXraljW2/
淡路島の美しい海の絶景に包まれる温泉を堪能できる「ホテルニューアワジ」。浴場棟「スパテラス水月」には「淡路棚田の湯」や「くにうみの湯」があり、2018年に開湯したばかりの新源泉「洲本温泉うるおいの湯」、そして自家源泉の「古茂江温泉」が楽しめます。
Ytqlzlfrmuzxf23tln90
引用: https://www.instagram.com/p/3G6gulN-Kx/
また、回廊で繋がっている淡路夢泉景の「天宮の雫」も利用できるので、贅沢に湯めぐりもおすすめです。かつて仁徳天皇も絶賛したほどの淡路の食材を心のこもった料理で堪能できます。洲本バスセンターから無料の送迎バスも出ているのでアクセスの心配もありません。
Ceqqzdhpzivn12jv5qsd
引用: https://www.instagram.com/p/BJ40XWzDxLq/
岩屋高から車で約50分のところにある、ハーブ園が人気のホテルです。約50種類のハーブが植えられている香りの小道では、かわいい花やハーブの香りを楽しみながらお散歩できます。他にも敷地内にはカフェや農園、滑り台、温室などもあり見どころ満載です。目の前には瀬戸内海の絶景が広がりまさに楽園のようなスポットです。
Neueodw7skztcmaimzll
引用: https://www.instagram.com/p/BWEAhRCBUkl/
天然温泉の大浴場で存分にリラックスしたら、ボリューム満点の懐石料理を楽しみましょう。神戸牛や松坂牛など高級ブランド牛が味わえるプランもあります。
T7roqvsedi1nxjrqgqxh
引用: https://www.instagram.com/p/Bm47bATBcw2/
日本一のフィッシングホテルとして有名な「淡路観光ホテル」。ホテル専用のプライベート釣り場があり、宿泊をしながら思い思いに釣り体験ができます。初心者もベテランも関係なく、一年を通して海の大パノラマに包まれながら大海原に釣り糸を垂らせます。
Zz72rxdqop9cu5aysk2o
引用: https://www.instagram.com/p/BoK3YGEniFR/
釣り場は全部で5ヶ所あり、季節によってさまざまな魚が釣れます。釣った魚はその日のうちに調理をして夕食で提供してくれます。また、露天岩風呂や2階パノラマ大浴場など、地下1,500mから湧き出る天然温泉も楽しみの一つ。
Oetdqxvrs2fvvj0tjvfm
引用: https://www.instagram.com/p/Bmy33lChXSb/
落ち着きのある和風の客室は、窓が大きな一枚のガラス張りになっているので、広がる海の絶景をいつでも眺めることができます。プライベート感ある露天風呂付きの客室もおすすめです。
Yckbe9majgsu8n9zmluj
引用: https://www.instagram.com/p/BtI6gaCn2FB/
フェリー・車での淡路島への行き方や料金、そして人気の宿をご紹介しました。島内をくまなく巡りたい場合は車で、目的のスポットが絞られている場合はフェリーで渡るのも良いのではないでしょうか。せっかく淡路島へ来たら、美味しいグルメも堪能できる宿へ泊まり、どっぷりと淡路島に浸りましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BtI6gaCn2FB/