Frd1cb3epfthpizk8spx

ネパール

CATEGORY | ネパール

神々の国ネパール・その魅力や旅の諸情報を紹介【2018年最新版】

2018.05.29

神々の国として神秘的で魅力のある観光地「ネパール」は、近年、中高年やトレッキングを目的とした人たちの注目を集めている旅行先です。まだ、ネパールには知られていない魅力的な観光地がたくさんあります。今回は、知られざるネパールの魅力や旅の諸情報を紹介します。

  1. 神々の国 ネパールとは
  2. ネパールの観光ベストシーズンは?
  3. ネパールの治安
  4. ネパールの観光旅行にかかる費用
  5. ネパールのおすすめ観光スポット① ダルバール広場(カトマンズ)
  6. ネパールのおすすめ観光スポット② スワヤンブナート寺院
  7. ネパールのおすすめ観光スポット③ パタン
  8. ネパールのおすすめ観光スポット④ ナガルコット
  9. ネパールのおすすめ観光スポット⑤ ボダナート・ストゥーパ
  10. 観光スポット ネパールでおすすめアクティビティ① ヒマラヤトレッキング
  11. 観光スポット ネパールでおすすめアクティビティ② マウンテンフライト
  12. 観光スポット ネパールでおすすめアクティビティ③ エレファントライド&ジャングルサファリ
  13. ネパールの観光でおすすめホテル① デュリケル・ロッジ・リゾート
  14. ネパールの観光でおすすめホテル② ホテル・シャンカー
  15. ネパールの観光でおすすめホテル③ ホテル・ガネーシュ・ヒマル
  16. おすすめのネパール料理
  17. 観光スポット ネパールのおすすめレストラン① Western Tandoori
  18. 観光スポット ネパールのおすすめレストラン② Rosemary Kitchen and coffee shop
  19. 観光スポット ネパールのおすすめレストラン③ Krishnarpan Restaurant
  20. ネパールのおすすめお土産① ミティラーアート
  21. ネパールのおすすめお土産② ネパールコーヒー、ネパールティー
  22. ネパールのおすすめお土産③ ヒマラヤンソルト
  23. 神秘の国 ネパールに魅せられて
ネパールは、亜熱帯地域のジャングルから世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈まで多岐にわたる国土に30以上の多民族が暮らしている国です。神々が宿る国として、神秘的なネパールは、近年、トレッキングや世界遺産を目当てにたくさんの観光客が訪れる観光立国となっています。アジアの中でも治安や物価が安定していることも魅力の一つでしょう。今回は、ネパールの魅力と旅の費用や治安などの情報を中心に紹介します。
ネパールは、5月中旬から9月中旬まで雨期となります。この時期は、ほとんど毎日スコールが降り、天気の移り変わりが激しいのが特徴です。最も暑いのは、雨期が始まる前で、気温と湿度が高く熱中症の注意が必要です。12月から1月ごろが最も寒く、最低気温が氷点下まで下がることもありますが、日中は気温が20度くらいまで上がります。しかし、暖房設備が整っていない場所が多いので、寝袋など防寒具が必要です。ネパールは、10月から11月、3月から4月がベストシーズンとなります。
ベストシーズンには綺麗な花が咲き乱れ、神々の国を実感できます。
ネパールの治安は、比較的悪くありません。ネパールでは、基本的に殺人などの重罪は起こりにくいとされていますが、スリや置き引きなどの犯罪はあるため、観光などで街を歩く場合は、注意が必要です。ただし、パケ郡やシラハ郡周辺は少し治安が良くないので注意しましょう。ネパールの治安が不安な人は、外務省から情報を入手することをおすすめします。ネパールの治安は、悪くありませんが、パンダと呼ばれるストライキに巻き込まれると観光が難しくなるので、事前に調べておくと良いでしょう。また、女性は痴漢に注意してください。地元の人が行かないようなところは治安も良くありません。
日本からパックツアーで行く場合の旅行費用は、13万円台から30万円前後が相場となります。金額の差は、日本語ガイドの有無や、ホテルのランク、旅行の目的の違いですが、日本の旅行会社が全て手配するので安心です。個人旅行で行く場合の費用は、時期や移動手段、ホテルのランクで大きく変わりますが、飛行機代は5万円前後からあります。ホテルは、格安で300円程度から高級ホテルの10000円程度まであるので、費用や予算によって、計画を立ててみましょう。他にも、ネパールでのビザ代などがかかります。日本からのパックツアーは、費用が掛かりますが安心できます。個人旅行の場合は、費用を抑えられますが、トラブルの対処なども自分でする必要があります。
ダルバールとは、宮廷と言う意味でダルバール広場は世界遺産になっています。震災の影響で、復興途中の建築物が多く、ダルバール広場もその一つです。しかし、地元の人と観光客が多く、にぎやかなダルバール広場には、多くの露天商や土産物店が軒を並べているので、見ているだけで楽しくなります。治安は悪くありませんが、人混みには注意しましょう。

詳細情報

名称: ダルバール広場(カトマンズ)(Kathmandu Durbar Square) 所在地: Kathmandu 44600. Nepal
ネパールで最も古い寺院として世界遺産にも登録されている「スワヤンブナート寺院」は、モンキーテンプルとしても有名で、寺院には数多くのサルがいます。また、夕方に行くと、寺院からカトマンズの街と夕日が見えるビューポイントとしてもおすすめです。400段近い階段を上るとストゥーバがあり、大きな目が世界を見渡しています。治安は悪くありませんが、サルに注意しましょう。

詳細情報

名称: スワヤンブナート寺院(Swayambhunath Temple)(別名:モンキーテンプル) 所在地: Swayamhu Cirle Rd. Kathmandu. 44620. Nepal 電話番号:+977-986-5713743
パタンは、カトマンズの南のバグマティ川を超えたところにある小さな町です。マッラ王国が栄えた時代の首都で、カトマンズ盆地では一番古い街と言われています。パタンゲートから世界遺産のダルバート広場までは、ネパール市民の生活や商店など、趣のある風景が広がります。道に迷うこともありますが、治安も良く、ネパールの人は優しい人が多いので安心です。
懐かしい雰囲気の街並みをゆっくり散策するのも良いでしょう。

詳細情報

名称: パタンゲート(Patan Gate) 所在地: Patandhoka Road. Patan(Lalitpur) 44700. Nepal
ナガルコットは、カトマンズから手軽に行けるヒマラヤのビューポイントです。特にナガルコットからチャングナラヤンに行く道は、トレッキング初心者でも楽しめるコースで、数多くの観光客が景色を楽しんでいます。カトマンズから1時間程度で行けるので、夕方にカトマンズを出発してナガルコットに宿泊すると、ヒマラヤの朝日を眺めることもできます。
ナガルコットからチャングナラヤンに行くハイキングコースは、ネパールの人の生活を垣間見ることもできます。4時間程度のハイキングコースなので、のんびり景色を楽しみながら歩くのもネパールの楽しい思い出です。
ボダナートは、カトマンズの中心部から7キロ程度の郊外にあります。ボダナートへの門をくぐると目の前にネパール最大といわれる巨大なストゥーバが見えてきます。このストゥーバの四方に描かれているの大きな目は、世界を見渡しているといわれています。ネパールの寺院では、右回りに参拝するのが基本なので、参拝者と一緒に右回りにお参りしてみてはいかがでしょうか。観光地なので治安も悪くなく、ストゥーバの周りには土産物店が多く並んでいるので、散策するのも楽しいですが、スリなどに注意する必要があります。ストゥーバを見学するのに拝観料などの費用が掛かります。

詳細情報

名称: ボダナート・ストゥーバ(Boudhanath Stupa) 所在地:Boudha. Kathmandu 44600. Nepal 営業時間:9:00‐17:00
ネパールで、一番人気のアクティビティはトレッキングです。トレッキングは、雨期が終わる9月後半から4月までがベストシーズンで、特に3月から4月はネパールの国花「シャクナゲ」を見ることができ、雄大な自然を楽しむトレッキングは、年齢を問わず人気があります。ネパールでは、手軽な日帰りトレッキングから本格的な10日前後のトレッキングまで、数多くのツアーが組まれています。
最近は、個人でトレッキングを楽しむ人も増えていますが、安全面を考えると現地ガイドの利用をおすすめします。費用は旅行会社によって違うので、内容をしっかり確認して信用できる旅行会社を選びましょう。
マウンテンフライトは、時間がない人やトレッキングが不安な人におすすめのアクティビティです。首都カトマンズから飛行機やヘリコプターでヒマラヤの山々を周遊するツアーは、天候によっては就航できないため、時間に余裕をもってスケジュールを組むことをおすすめします。
マウンテンフライトは、カトマンズからヒマラヤの山々を周遊する約1時間の遊覧飛行で、飛行機から見る大パノラマは感動間違いなしです。また、フライト中、コクピットを見学できるサービスもあり、普段見ることができないコクピットを見る楽しみもあります。マウンテンフライトの費用は、旅行会社によって違いますが、遊覧飛行だけだと200ドル程度が相場と言われています。
チトワン国立公園は、かつて王家の狩猟場だったこともあり、手付かずの自然が残されています。豊かな自然に囲まれたチトワンは、インドサイやベンガルトラ、アジアゾウなどが生息しており、絶滅が危惧されている希少な動植物の宝庫となっています。1984年に世界遺産に登録されたチトワン国立公園では、エレファントサファリやジープドライブ、カヌーライド、バードウォッチングなど数多くのアクティビティが用意されています。旅行会社によって費用は違いますが、ネパールに行ったら、ぜひ訪れて欲しい世界遺産です。治安は問題ありませんが、野生動物に注意しましょう。

詳細情報

名称:チトワン国立公園(Chitwan National Park) 所在地:中央ネパール南部のナラヤニ県チトワニ郡、マハーバーラタ山脈とチューリア丘陵の平原の一角。 行き方:カトマンズから飛行機で約30分。バラトプルから車で約45分もしくは、車でカトマンズから約7時間。日本か現地の旅行会社でツアーに申し込む方が良いでしょう。
カトマンズから車で約1時間の「デュリケル・ロッジ・リゾート」は、トレッキングやヒマラヤ山脈の朝日を見たい人におすすめのホテルです。部屋は、清潔でこじんまりしていますが快適に過ごせます。湯沸かしポットも完備しており、部屋のバルコニーでヒマラヤを眺めながらコーヒーや紅茶を楽しめます。シャワーのお湯も問題なく、冬はベッドに湯たんぽを入れてくれるなどホスピタリティも高く、ヒマラヤを眺めながら食べる朝食やダルバートも最高です。宿泊費用は少し高めです。

詳細情報

名称: デュリケル・ロッジ・リゾート(Dhulikhel Lodge Resort) 所在地: P.O.Box 6020/ P.O.Box 6020. Dhulikhel 00977. Nepal 電話番号:+977-11-490114
部屋はシンプルですが、使い勝手がよくバスタブにお湯を溜められるので、ゆっくり旅の疲れを取ることができます。朝食も種類が豊富でネパール料理を楽しめ、ミネラルウォーターも人数分用意してあるので助かります。王宮のような外観のホテルは、旅の良い思い出になるでしょう。ホテル周辺の治安も良いので安心です。
暑い時期はプールに入っても気持ち良いでしょう。気候の良いときはプールサイドで食事もとれ、ゆっくり過ごしたいときにおすすめです。プールサイドで眺める星空も素敵な思い出になります。清潔で豪華ですが、宿泊費用も安い観光客に人気のホテルです。

詳細情報

名称: ホテル・シャンカー(Hotel Shanker) 所在地: Lazimpat. Kathmandu 44600. Nepal 電話番号:+977-1-441051
ホテル・ガネーシュ・ヒマルは、タメル中心部から少し離れていますが、ダルバール広場やアッサン・トーレに近いので、早朝の賑わいを楽しみたい人に向いています。スタンダードの部屋は少し手狭ですが、必要なものは備わっているので、困ることもありません。ロビーや中庭などのパブリックスペースは、ネパールらしい装飾が施され、気持ちよく滞在できます。ホテルのレストランも手ごろな価格で利用できます。予約する時に送迎を頼めば、空港まで迎えに来てくれるのも、人気がある理由でしょう。宿泊費用も手頃で、ホテル周辺の治安も良いおすすめのホテルです。

詳細情報

名称: ホテル・ガネーシュ・ヒマル(Hotel Ganesh Himal) 所在地: P.O.Box. 12547 Chhetrapati. Kathmandu. 44600. Nepal 電話番号:+977-1-4263598.4228488

ダルバート(Dalbhat)

ダルバートとは、ネパールの定番料理で日本の定食にあたります。おかず、ご飯、豆のスープ(ダル)、漬物の4品のセットが一般的で、漬物の種類はトマト、ジャガイモ、大根、マンゴーなどさまざまです。漬物やダルをご飯と一緒に食べるのがネパールの食べ方で、基本的に、どの店でもお替り自由となっているのも魅力の一つでしょう。ダルを肉にするか野菜にするかで費用も変わってきますが、ネパールに行ったら、試してみてはいかがでしょうか。

モモ(Momo)

中国、インド、チベット料理の影響を受けたネパール料理は、バラエティー豊かで日本人の口にも合うといわれています。そんなネパール料理の中でも、「モモ」と呼ばれる料理は、日本人ファンが多く人気がある料理です。モモはチベット発祥の蒸し餃子のことを言い、形も日本の餃子やシューマイと似ているため、抵抗なく食べることができます。具材は主に、チキンや野菜、水牛でタレにつけて食べます。タレに工夫を凝らしており、店によってピーナッツベースのものやトマト、胡麻などを使用しているので、同じモモでも違った味を楽しめます。モモはどこでも気軽に食べられるので、小腹が空いたときに良いでしょう。

セルロティ(Selroti)

セルロティは、ドーナッツのような形をしており、ネパールの結婚式や誕生日、宗教儀式のときに食べられる伝統のお菓子です。米とバナナ、砂糖などを使って油でカラリと揚たセルロティは、作りたてを食べるのがおすすめです。外はカリカリ、中はモチモチとして、時々、口の中に感じるお米の食感が不思議です。懐かしい甘さのお菓子セルロティを、街で見かけたら、ぜひ試してみてください。
庶民的な店は、いつもたくさんの人で混み合っています。客層も地元の人と観光客が半々くらいで相席は当たり前の費用が安いレストランです。パラクパニールやチキンカレー、シャヒパニールと一緒に食べる焼き立てのナンは、何を食べても外れがないと評判で、通い詰める観光客もいるほどです。地元の人と混ざってネパールの雰囲気を味わいたい人におすすめのレストランです。
焼き立てのナンは、プレーンやガーリック、オニンオンなど種類も豊富で好みに合わせて注文できます。

詳細情報

名称: ウエスタン・タンドリー(Western Tandoori) 所在地: Amrit Marg. North of trivedi Marg. Thamel. Kathmandu. 44600. Nepal 営業時間: 10:00頃から
タメルの大通りから少し奥まったところにある「ローズマリー・キッチン&コーヒーショップ」は、雰囲気の良い観光客に人気のレストランです。ネパール料理に飽きてしまった時に利用すると良いでしょう。白身魚のムニエルやハーブのチーズ、ガーリックトースト、パスタなど、どれを食べてもおいしいと評判です。また、店内は清潔で無料のWifiも使えるのが観光客にとっては嬉しいポイントです。歩き疲れた時に、テラス席で飲むコーヒーやミントがたっぷり入ったレモネードはクセになるでしょう。費用は少し高めです。

詳細情報

名称: ローズマリー・キッチン & コーヒーショップ(Rosemary Kitchen & Coffee Shop) 所在地: Thamel Marga. Kathmandu 44600. Nepal 電話番号: +977-1-426-7554 営業時間: 7:00-12:00. 13:00-17:00. 18:00-22:00
カトマンズで高級ホテルと言われているドゥワリカス・ホテル内にある「クリシュナパン・レストラン」は、予約が必要です。予約時に食べられない食材やアレルギーの有無を確認するなど、細かい心配りが感じられます。ネパール料理のコースは、質・量ともに大満足で、日本人には少し多いと感じるかもしれません。ネパールの代表的な民族衣装を着た女性がホスピタリティの高いサーブをしてくれるので、ストレスも感じません。費用は少し高めですが、静かでクオリティの高い食事を楽しめるのでおすすめです。

詳細情報

名称: クリシュナパン・レストラン(Krishnarpan Restaurant) 所在地: Pashupatinath. Kathmandu. 44600. Nepal(ドゥワリカス・ホテル内) 電話番号:+977-1-4470770
ミティラーアートは、ネパールらしいお土産として人気があります。
可愛らしいミティラーミーアートは、お洒落なインテリアにもなり、旅の良い思い出になるでしょう。
高山で栽培されるネパール紅茶は、とても上質でお土産に喜ばれます。お土産用にかわいい木箱やパッケージに入っているものもあり、おすすめです。
オーガニック栽培のネパールコーヒーも、美味しいと注目を集めています。
鉄分やミネラルが豊富に含まれている「ヒマラヤンソルト」は、楊貴妃やクレオパトラも愛用していたといわれています。料理や、バスソルトに使うこともできます。
ネパールは、アジアの中でも治安が良く、安心な旅行先として人気があります。特に最近は、トレッキングや世界遺産、懐かしい原風景を求めて数多くの観光客が訪れています。震災に合い、復興途中のネパールですが、明るい笑顔のネパールの人に心が癒されます。ぜひ、ゆっくりネパールを散策してみてはいかがでしょうか。きっと心温まる出会いがあるでしょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjHtoVZhvnH/?tagged=nepal