Unuop4n5xkykly932hax

北海道

CATEGORY | 北海道

初めての札幌旅行・これを押さえておけば悔いなしのおすすめプラン

2018.05.31

初めての札幌旅行!回りたい場所はたくさんあるけれど、行きたい場所同士のアクセスが意外と離れていてプランがなかなか立てられない…。今回はそんな札幌初心者さんのための、旅行目的別のおすすめプランを作成しました。ぜひプラン作成の参考にしてみてくださいね。

  1. 【札幌旅行の定番プラン】札幌に行った感がある名所巡り!
  2. 札幌旅行のはじまりはここから!「JR札幌駅」
  3. 明治ロマンな赤煉瓦建築「北海道庁旧本庁舎」
  4. 札幌のイメージといえばココ!「札幌市時計台」
  5. イベントに合わせて旅行するのもイイネ!「大通公園」
  6. 札幌のランドマーク的存在「さっぽろテレビ塔」
  7. 【食事満喫プラン】札幌の「おいしい」を制覇する旅行!
  8. 北海道のおすすめの味が揃う「サッポロファクトリー」
  9. 札幌旅行で立ち寄りたい場所NO.1「すすきの駅前通り」
  10. 昼から飲めるのも旅行の特権!「サッポロビール園」
  11. 意外と知らない酪農の世界「雪印メグミルク(株) 酪農と乳の歴史館」
  12. 【ミュージアム旅行プラン】札幌の美術館・博物館を巡ろう!
  13. 気軽に鑑賞できる常設展がおすすめ「北海道立近代美術館」
  14. 散策ついでに立ち寄ってみよう「札幌市資料館」
  15. 札幌最古のライラックがある!「北海道大学 植物園」
  16. 無料なのに見応えバツグン!「北海道大学総合博物館」
  17. 札幌の貴重な文書を収蔵!「北海道立文書館」
  18. 【札幌散策プラン】ファミリー旅行にぴったりの旅行プラン
  19. 旅行先で家族の健康祈願!「北海道神宮」
  20. 子どもとの家族旅行におすすめ!「札幌市円山動物園」
  21. 自然のチカラが感じられる神秘的な場所「円山原始林」
  22. 札幌旅行でしか行けない施設「札幌オリンピックミュージアム」
  23. 【自然満喫旅行プラン】札幌の雄大な景色を満喫できる旅行
  24. のどかな放牧風景が楽しめる!「さっぽろ羊ヶ丘展望台」
  25. 大自然の中で体を動かそう!「羊ヶ丘カントリークラブ」
  26. 【温泉旅行プラン】札幌でゆったり&ぷらぷらしたい人向け!
  27. 心身を癒す旅行にぴったり!「定山渓温泉」
  28. 秋の紅葉は見逃せない「定山渓ダム」
  29. のんびり旅行の思い出に「ノースサファリサッポロ」
  30. 札幌旅行おすすめプランのまとめ
まずは札幌の人気観光地を巡る定番プランから。「時計台」やさっぽろテレビが見える「大通公園」など「札幌に来た!」というような気持ちを強めてくれる、撮影スポットとしても有名な場所を巡ります。こちらのプランは札幌での滞在時間が短い日帰り&ショートステイ派の人におすすめ。もし時間に余裕があるなら次のプランで紹介している「すすきの駅前通り」に立ち寄ってみると、より充実した札幌旅行を楽しめますよ。
北海道の駅で最も利用客数が多いといわれる「JR札幌駅」。構内には観光案内所が入っているので、観光先に悩んだらここに立ち寄ってみると良いですよ。またお土産店も2店舗あるので、旅行中に荷物がかさばるのが嫌な人は帰りにここでまとめて買う方法がおすすめです。ちなみにお土産店のひとつである北海道四季彩館では、北海道土産の定番「白い恋人」や「じゃがポックル」、「マルセイバターサンド」などを購入することができます。
かつて北海道の本庁舎として約80年にわたり利用された、アメリカ風ネオ・バロック様式の建物。赤レンガでつくられており、「赤れんが庁舎」として多くの人から親しまれました。この建物は1969年に重要文化財に指定され、現在は人気の観光スポットになっています。館内では北海道の歴史資料を展示しており、無料で見学することができるのでぜひ立ち寄ってみてください。
元々旧札幌農学校内の演武場に設置された時計台。農学校移転時に当時の札幌区が借り受け、そこから時計台と呼ばれるようになったそうです。明治洋風の木造建築でつくられたこの時計台は重要文化財に指定されているほか、 日本の音風景百選ならびに機械遺産にも認定されています。時計台内は赤れんが庁舎と同じく資料館となっていますが、別途見学料が必要です。
大通公園は、さっぽろ雪まつりやYOSAKOIソーラン祭り・ライラック祭りなどの有名イベントが開催される場所。普段は花・つどい・フロンティア・オアシス・交流の5テーマで構成された公園内を散策することができます。
そんな大通公園は日本の道・都市公園・歴史公園の100選シリーズにそれぞれランクイン。札幌の代表的な観光スポットのひとつでもあります。
札幌のランドマークでもあるさっぽろテレビ。約90mの位置にある展望台からは、大通公園を含めた札幌の風景を一望することができます。そんな展望台フロアにはテレビ塔の人気キャラクターのお楽しみコンテンツや、限定グッズを販売しているお土産ショップも併設されており、見どころ満載。ついつい長居してしまいます。
札幌にはジンギスカンや地ビール・乳製品など、たくさんの「おいしい」が揃っています。そこで、こちらでは札幌の名産品が満喫できる旅行プランを提案。食べることが大好きな人におすすめです。
明治の開拓使麦酒醸造所・サッポロビール工場跡地につくられた全天候型ショッピングセンター。ビール工場のシンボルとして親しまれた醸造所では、ビール醸造に関連する設備や写真資料などを展示しています。ちなみにレンガ館では地ビールを楽しめる大型ビヤホールがあるので、見学後に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
そのほかステーキや一夜干し・海鮮丼など札幌の味が楽しめるレストランなどがたくさん揃っているので、旅行時の食事に迷ったときにおすすめです。
「日本3大歓楽街」「北の歓楽街」といわれるすすきの。交差点には有名な「ニッカウヰスキー」の看板があり、活気のある大通りにはさまざまなお店が軒を連ねています。札幌ラーメンやジンギスカン、海鮮料理など…すべての料理をここで楽しむことができますよ。
食道楽を満喫したあとは、狸小路にある「おみやげの店 こぶしや」でお土産を見繕ってみてはいかがでしょうか。夜10時まで営業しているので、ゆっくり買い物することができますよ。
工場直送の生ビールやジンギスカンが楽しめるサッポロビール園。ビール園内はサッポロビールに関する資料を展示しているギャラリーがあり、無料で見学することができます。無料見学も良いですが、おすすめは500円で参加できるプレミアムツアー。ガイド付きのこのツアーでは、なんと最後に創業当時の味「復刻札幌製麦酒」と「黒ラベル」を試飲することができるのです!ビール好きにはたまりませんよね。
ちなみにショップでは北海道の名産「ラムロール」と、サッポロビール園特製タレのセットを購入することができます。ジンギスカンが気に入ったらぜひお土産にして帰りましょう。
北海道遺産・近代化産業遺産に登録されたこちらの歴史館。雪印メグミルクの歴史に関する資料や、創業時に実際使われていた乳製品の製造機械・模型などを展示しています。そんな歴史館では無料で工場見学をすることも可能。乳製品の製造工程の解説や、実際に牛乳がつくられている様子が見学できます。意外と知らないことも多い酪農について、改めて勉強してみるのも良いかもしれません。
こちらのプランは芸術好きな人におすすめしたいのがこちらの旅行プラン。札幌にある美術館・博物館を巡ります。ミュージアム見学にかかる時間は、基本的に1つの場所で2時間くらいが目安と言われています。今回紹介するのは全部で5つ。すべて徒歩で訪れられる距離にありますが、ゆっくり時間をかけて回りたいなら2~3日かけて観光することをおすすめします。
北海道立近代美術館では、北海道にゆかりのある作家や近代美術・ガラス作家などの作品を展示しています。世界的な作家の作品もコレクションされており、タイミングが合えばダリやシャガールらの名作を鑑賞することができますよ。これらのコレクションが展示される常設展は510円(大人)で鑑賞可能。ロープライスなので、気軽に立ち寄ることができるのが嬉しいですね。
札幌市資料館は、大正時代に札幌控訴院として使われた建物です。建物には貴重な札幌軟石を使っており、札幌市の有形文化財にも指定されています。
建物内には刑事法廷展示室があり、控訴院時代の法廷が再現されています。そのほか旧応接室では展望室として開放されており、これらすべてを入館無料で見学することができます。建物の周りも庭園風になっているので、散策にもおすすめ。ふらっとのぞいてみてはいかがでしょうか。
緑のオアシスとして親しまれているこちらの植物園。約13haという広大な園内には、北海道で自生する植物やカナディアンロックガーデン・バラ園など数種類のエリアにて約4000の植物が育っています。
なかでもおすすめは 札幌最古のライラック。アメリカからもたらされたライラックの株は、今ではライラックまつりが開催されるほど、札幌中に広まりました。植物に興味のある人には、ぜひおすすめした植物園となっています。
北海道大学の構内にあるこちらの博物館。館内で保管されている約300万点の標本・資料の中から一部を公開。動物の骨格標本や恐竜の化石、鉱物などの珍しい標本を無料で見学することができます。なかには触れられるものや体験展示も。老若男女問わず楽しめるエキサイティングな博物館となっているので、札幌に来たらぜひ立ち寄ってみてください。
北海道の歴史に関連する文書・記録を保存している北海道立文書館。資料は単に保存しているだけではなく、その一部が無料で公開・展示されています。常設展示では文書・資料の面から北海道の歴史や開拓時代について解説。北海道が歩んできた歴史を辿ることができます。ゆっくり時間をかけて読みたい貴重な資料ばかりなので、時間に余裕を持って行くことをおすすめします。
家族旅行ではできるだけたくさんの場所を回りたいけれど、実際子どもと一緒に遠くまで移動するのは大変なもの。そこでこちらのプランでは円山公園を中心にした、移動が少ない&子どもから大人まで楽しめる観光スポットを巡るコースをご紹介します。組み方によっては日帰り&1日観光が可能です。
八重桜の名所として知られる「北海道神宮」。春には神宮内で桜の塩漬けや梅酒などが販売されています。そんな北海道神宮では、北海道の開拓・発展の守護神として3柱の御霊代が祀られています。ご利益は交通安全・健康祈願。家族の健康をお祈りするのにぴったりですね。
アムールヒョウやユキヒョウ・エゾヒグマが見れるこちらの動物園。なかでも最大の人気エリアは、2018年3月にリニューアルした「ホッキョクグマ館」。水中トンネルからホッキョクグマが悠々と泳いでる姿や、ダイナミックなダイビングの様子を見ることができて迫力満点だと評判です。
寒い土地で元気に暮らす動物たちに会える機会を、ぜひお見逃しなく!
先ほど紹介した「北海道神宮」「札幌市円山動物園」へのアクセスに便利な遊歩道。原始林が並び、緑豊かなこのエリアは散策や森林浴に最適なスポットです。
運が良ければシマリスやエゾリスに出会えるかも。たまには喧騒から離れて、自然に囲まれた静かな場所をゆっくり散歩してみるのも良いですね。
オリンピック・パラリンピックの歴史やウィンタースポーツについて学べる体験型の施設。こちらでは、無料でスキージャンプやクロスカントリースキー・ボブスレーなどのオリンピック競技を体験できるアトラクションが設置されており、選手の視点からスピード感やジャンプ感を楽しむことができます。このアトラクションは子どもに大人気。夢中ではしゃぐ子どもの姿を見ることができるでしょう。
せっかく北海道に来たのだから、雄大な自然を楽しみたい!そんなあなたにおすすめしたいプランがこちら。展望台からのどかな放牧風景を楽しんだ後は、自然に囲まれた広いゴルフ場で思いっきり体を動かしましょう。
「少年よ、大志を抱け」で有名なクラーク像があるのは、こちらの「さっぽろ羊ヶ丘展望台」。展望台からは毎日放牧されている羊(冬季以外)を見ることができ、牧歌的な風景を楽しめます。ほかにも冷えた体をあたためてくれる足湯や、名物羊ヶ丘ソフトやえぞ鹿の串焼き・ラムまんが食べられるカフェコーナーなどの施設も充実。観光だけでなく食事やリラックスもできるスポットとなっています。
白樺林に囲まれた丘陸地にある「羊ヶ丘カントリークラブ」。こちらでは、北海道の自然に囲まれてのびのびとゴルフを楽しむことができますよ。なかには恵庭岳をバッグにプレイを楽しめるホールもあります。全体的にフラットな形状でグリーンコンディションも良いと評判。料金はビジター向けのほか、レディースデーやサービスデーもあるので、日によっては通常よりもおトクにゴルフを楽しむことができますよ。
普段頑張っているご褒美として、旅行先ではのんびりと過ごしたい!旅行といえばやっぱり温泉でしょ!そんなあなたにおすすめしたいのが、定山渓観光プラン。名湯スポットとして人気の定山渓では、実は温泉のほかにも1日中楽しめるたくさんの魅力があるのです。連泊&ロングステイを予定している人におすすめのプランとなっています。
江戸末期から温泉地として親しまれている定山渓。修験僧によって開かれたこの峡谷には年間約120万の人が訪れており、別名「札幌の奥座敷」とも言われています。エリア内には56か所の源泉があり、温泉三昧を満喫したい人にはぴったり。
また温泉街には自然豊かな観光地や食事処もたくさんあり、散策するだけでも充分に楽しむことができます。ちなみにお土産の定番でもある温泉まんじゅうは、お店によって味が異なるんだとか。ぜひ食べ比べしてみたいものですね。
定山渓ダムにはダム湖であるさっぽろ湖や、ダム内を一部見学できる資料館、あたりを一望できる展望台などがあります。またダムの下流園地にあたる時雨橋は、秋の紅葉が見事に色づく絶景スポット。渓谷を鮮やかに彩る錦秋絵巻を楽しむことができますよ。景勝地としても知られる定山渓の一面を見ることができる、おすすめのエリアです。
温泉旅行に刺激が欲しくなったら、この「ノースサファリサッポロ」がおすすめ。この動物園は本館とデンジャラスエリアに分かれおり、本館にはボールパイソンやカンガルー・ライオンやキリンが、デンジャラスゾーンにはシャムワニやピラニア、ベンガルトラやツキノワグマがいます。
そんな「ノースサファリサッポロ」最大の特徴は、この動物たちと触れ合えるというところ。ヘビを首にのせたり、ライオンやキリンにエサをあげるという他の動物園ではできない体験ができますよ。動物好きの人にはぜひおすすめしたいスポットです。ちなみに園内のレストランでは、クロコダイルやダチョウといった珍しい肉が食べられるオリジナルメニューが提供されています。興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。
札幌の定番観光地巡りや、グルメ巡り&ミュージアム巡りなどさまざまな旅行タイプにわけて、札幌のおすすめプランを作成してみましたが、いかがでしたでしょうか。これらのプランはすべて近場にあるスポットのみで作成しているので、初心者の人も気軽に回ることができますよ!ぜひ札幌旅行のプラン作成の参考にしてみてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BjKDaQGlBmB/