Uhvhfmkrquozjl8k9rat

東京

CATEGORY | 東京

新宿駅周辺の観光で絶対に外さない人気おすすめスポット4選

2018.05.31

仕事や遠出で新宿駅に立ち寄ったけれど移動までに時間があるし、せっかくだから新宿駅周辺を観光したい!今回はそんなあなたにぴったりな、新宿駅近くの人気観光スポット4つをご紹介。いずれも徒歩圏内で散策ついでにもちょうど良い位置にあるので、気分転換にもおすすめです。

  1. 新宿駅周辺の人気観光スポット①「熊野神社」
  2. 新宿駅周辺の人気観光スポット②「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」
  3. 新宿駅周辺の人気観光スポット③「LOVEオブジェ」
  4. 新宿駅周辺の人気観光スポット④「新宿都庁展望台」
  5. まとめ
都会の喧騒から離れ、静かな空間が広がる新宿中央公園。その奥にある「十二社熊野神社」は、室町時代に紀州の熊野三山から十二所権現を移したものといわれています。
この神社は新宿の総鎮守的存在でもあり、古くから人々が集う由緒正しい神社。境内には文化財に指定された絵馬や奉納額・神輿蔵などがあります。ご利益は安全祈願や病気平癒祈願など。公園散策のついでにぜひ立ち寄ってみてください。
新宿の高層ビル42階に位置する「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」。館名のとおり、損保ジャパン日本興亜と縁の深かった洋画家・東郷青児から寄贈されたコレクションを展示しています。東郷青児は、フェミニンな女性像を描くことで知られていた洋画家。彼は美術家団体活動にも貢献しており、「二科会のドン」とも呼ばれました。館内には、東郷青児の初期~晩年の幅広い作品230点が収蔵されています。
また近年では、東郷青児の作品以外にも西洋絵画などのコレクションも行われるようになりました。展示室最後のエリアでは、セザンヌの有名な静物画やゴッホの「ひまわり」が展示されています。このゴッホの「ひまわり」は、バブル景気の絶頂期である1987年に現・損保ジャパン日本興亜が落札した話題作。あの名作をぜひ自分の目で確かめてみてください。ちなみに館内は40分ほどで回ることができるので、ちょっと時間が空いたときにもおすすめですよ。
新宿アイランドの正面入り口にある「LOVEオブジェ」。新宿のシンボルイメージでもあるこのオブジェは、アメリカの現代美術家であるロバート・インディアナさんの作品です。彼の作品で最も有名な「LOVE」デザインは、「神は愛なり」という教会のメッセージにインスピレーションを得たそう。このデザインは瞬く間に世界中で愛され、日本のほかにアメリカ・スペイン・カナダ・シンガポール・台湾に同じオブジェが設置されています。
ちなみにこのLOVEオブジェ、「V」と「E」の間を体が触れることなく1人で通り抜けられたら片思いが叶う。カップルで通り抜けたら結婚するという都市伝説もあるそう。もしあなたが恋をしているなら、一度チャレンジしてみては?
新宿都庁の45階が実は無料の展望エリアになっていること、みなさんご存知でしたか?都庁内の2棟にそれぞれ展望台があり、地上202mから東京の様子を一望することができます。場所や天気によっては東京スカイツリーや東京タワー、さらには富士山までもが見えるのだそう。知る人ぞ知るこの穴場スポットには、噂を聞きつけた外国人観光客の姿も多く見られます。また、開放時間は夜23:00までとなっているので、夜景を見る場所としてもおすすめ。宝石のように煌めく街の光にうっとりすることでしょう。
また、この展望エリアにはパスタやカレーなどの軽食が食べられる「Tokyo Cafe 202」「Good View Tokyo」が入っています。食事をしながらゆっくりと景色を眺めたい人はぜひ利用してみてください。また都庁グッズや日本土産を販売しているショップも設置されていますから、お土産探しもすることができますよ。帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
今回紹介している新宿駅周辺のおすすめスポットは、すべて駅西口方面にあります。駅から一番離れている場所は熊野神社なので、そこから駅に戻る形で東京都庁→LOVEオブジェ→東郷青児損保ジャパン日本興亜美術館と回っていくと効率よく観光することができますよ。
もちろん、西口以外にも新宿駅周辺には観光できるスポットがたくさんあります。東口にはモザイク通りやルミネエスト・歌舞伎町があるので、観光ついでにショッピングや食事を楽しみたいならこちらがおすすめ。自分の目的に合った楽しい過ごし方を探しましょう。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BiJueu8Dfw8