K0uippono0armsmxnthd

沖縄

CATEGORY | 沖縄

【2019年最新】宮古島へ女ひとり旅!一人でも楽しめるおすすめプランを解説

2019.02.10

宮古島へ行ってみたいけど、女のひとり旅ってどうなの?と悩んでいる人いませんか?宮古島へ女でもひとり旅が楽しめるおすすめのプランをご紹介します。日帰りでは難しいので1泊2日のプランをご用意しました。1日目の夜はおすすめの居酒屋もあるので、ぜひ行ってみてください。

  1. 宮古島へ女ひとり旅!居酒屋ももちろん!一人でも楽しめるおすすめプラン①宮古空港到着1泊2日旅行開始
  2. 宮古島へ女ひとり旅!居酒屋ももちろん!一人でも楽しめるおすすめプラン②フェリーで伊良部島へ向かう
  3. 宮古島へ女ひとり旅!居酒屋ももちろん!一人でも楽しめるおすすめプラン③宮古島「ひららや」ゲストハウスにチェックイン
  4. 宮古島へ女ひとり旅!居酒屋ももちろん!一人でも楽しめるおすすめプラン④居酒屋「南楽」で泡盛と沖縄料理を堪能
  5. 宮古島へ女ひとり旅!居酒屋ももちろん!一人でも楽しめるおすすめプラン⑤2日目イムギャーマリンガーデンでシュノーケル~宮古島散策
  6. 宮古島へ女ひとり旅はこれでOK
A1uxegxczuwgkmaacsla
引用: https://www.instagram.com/p/BdrBoDLg-7y/
宮古島の朝、宮古空港9:45分空港着からスタートし、1泊2日の観光プランを紹介して行きましょう。まずは移動手段としてレンタカーを借りる事からスタートです。

宮古島散策

Frcd6htbqfligj9jnp6r
引用: https://www.instagram.com/p/BtihFrEAoGu/
早速レンタカーを借りて宮古島島を散策してみましょう。方向としては宮古島の北部へ行きます。“幻の大陸”と呼ばれるほど数多くのサンゴ礁やいろんな熱帯魚などを見る事ができます。どこを見渡しても青い海がどこまでも広がります。

「ぱいぱい のむら」ランチ

Soo5qfhaj1gbxhrtwoyd
引用: https://www.instagram.com/p/BmDyxE-gOM2/
時間的にお昼頃になるかと思います。道中にある「ぱいぱい のむら」でランチです。ここは宮古島のファミレスで、地元ファンが多い老舗のレストランです。ここでは沖縄そばがメニューにあります。他にもメニューがたくさんありますが、せっかくの沖縄へ来たならば“沖縄そば”を頂きましょう。
Q4m3kphtdyludvyyl0tm
引用: https://www.instagram.com/p/Babo1VznA8-/
ランチを堪能した後は14:00発の伊良部島行きのフェリーに乗りましょう。(チケットは事前に購入しておきます。借りれているレンタカーも乗船させ、乗船します。

下地島のタッチ&ゴースポットや通り池散策

Qly6fil5ecd7mjlszuhu
引用: https://www.instagram.com/p/BtUOdI5n-of/
伊良部島もコバルトブルー色の裕海が広がります。ここは沖縄有数の島の中でも絶景スポットとして知られています。ここでレンタカーに乗り、2015年に開通された宮古島と伊良部島をつなぐ日本一長い橋“伊良部大橋”を通り抜けます。
S27ophdexniz13uqnpq6
引用: https://www.instagram.com/p/BtoAB12Aa1I/
そして伊良部島を慢膣した後はまたフェリーにで宮古島へ戻り、今夜宿泊する宿へ向かいます。
引用: http://livedoor.blogimg.jp/shingo7_7snow/imgs/9/f/9fcdace0.jpg
宮古島へ戻ったら少しだかけ美しい与那覇前浜というビーチを通り、小さなゲストハウス「ひららや」へチェックイン。宮古島の民宿100選にも選ばれた有名な宿です。場所は宮古島の中心街地にあり、平良港にも近い場所にあります。こちらは長期利用者には長期割引の適用や貸切もできます。レンタルサイクルや、シュノーケリングのレンタルも行っています。旅行者御用達の人気の宿です。また安価な料金で利用できます。
引用: http://1.bp.blogspot.com/-9nIByAt3ZLE/UGiO8rQIsnI/AAAAAAAAAH0/pg9BwHAPkQ0/s1600/%E5%86%99%E7%9C%9F-38.JPG

「ひららや」の詳細情報

住所:沖縄県宮古島市平良東仲宗根282−1 F TEL:0980-75-3221 備考:一泊2000円~
引用: https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/94912/640x640_rect_94912507.jpg
宿に荷物を置いたら車は宿において、地元で有名な居酒屋「南楽」へ。沖縄県外から家族で宮古島へ旅行する時、子供を連れて入れる居酒屋さんでもあり、口コミでは涙が出てくるほどおいしいと評判のお店です。
引用: https://stat.ameba.jp/user_images/20140722/19/31688/f2/db/j/o0539040413011059782.jpg?caw=800
ゆったりくつろげるテーブルと、沖縄料理を少し頼んだだけでもお腹いっぱいになるほどのボリューム満点です。女子一人旅では少し寂しいかもしれませんが、気さくなオーナーさんはとてもフレンドリーなので、会話のも増えていいかもしれません。沖縄の泡盛と沖縄料理を楽しみ、1日はこれで終了です。
引用: https://scontent-sea1-1.cdninstagram.com/vp/0d1451bedd03d72546affc54bfba2a01/5C67326B/t51.2885-15/e35/s480x480/36607441_399301393891801_2656384753715904512_n.jpg

「南樂」の詳細情報

住所:沖縄県宮古島市平良字西里568 TEL:0980-73-1855 アクセス:宮古空港から、車で11分 営業時間:18:00~23:00 定休日:不定休
引用: https://rurubu.jp/img_link/jti/SightImage/S/SI_80043030_60166.jpg
ホテルで宿泊し7時に起床。まだ早いのでチェックアウト前にイムギャーマリンガーデンへ行き、シュノーケリングをしましょう。30分くらい楽しんで宿に戻りチェックアウトの準備をします。

宮古島「砂山ビーチ」散策

Nq7yepsavbvnsptjbmht
引用: https://www.instagram.com/p/Bmr7jlOnHUC/
チェックアウトをしたら宮古島「砂山ビーチ」を散策しましょう。のんびりと時間を忘れて心を無にする事ができます。心地よい風を感じて朝の太陽を思う存分浴びましょう。
Mpu6ybeslkjgyw8gycoz
引用: https://www.instagram.com/p/BtfJ6Dcg6RW/

スナヤマカフェでお茶

Ojcx5megabggesepviyb
引用: https://www.instagram.com/p/BY4sIGXBguB/
砂山ビーチからほど近い場所にある「スナヤマカフェ」。ランチまでまだ時間があるなら砂山ビーチを散策した後ちょっぴり休憩しましょう。白い建物で亜熱帯植物に囲まれた涼し気なカフェです。冷たい飲み物やかき氷、軽食もあります。

すむばり食堂でランチ

引用: https://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/019/277/59/N000/000/010/137686960412713126107.JPG
2泊目の日程は「すむばり食堂」でランチを食べて午後には宮古空港へ戻り帰路へ。ここで食べるランチでおすすめは「タコ丼」です。宮古島で獲れるタコが食べられるお店で、タコ料理好きな人にはたまらないお店です。
Dvaoocwkma9lyndtukfp
引用: https://www.instagram.com/p/Br2uVHpjRX3/
宮古島へ女ひとり旅はこれで終了です。宮古空港から帰路へ帰ります。宮古島は最低でも1泊以上が理想的です。また、女性の一人旅でもゆったりとした時間を過ごすことができます。民宿のオーナーさんや居酒屋のオーナーさんもフレンドリーな人ばかりです。地元の人と会話も弾み楽しい旅になるでしょう。思い出に残るような旅を楽しんできてくださいね。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BrhC75KjRl-/