T8ggeyqw2ivapvkcpqke

長崎

CATEGORY | 長崎

【2019年版】長崎県五島列島への行き方・アクセスの注意点もチェック!

2019.02.12

長崎県の五島列島への行き方、アクセスが便利な福江島と中通島を中心に、飛行機、高速船、フェリーとそれぞれの交通機関での行き方を詳しく紹介しています。五島列島へ飛行機利用の発着は福江島に限られ、島同士の移動はほぼ船に限られるなど、注意点も合わせて取りあげています。

  1. 五島列島への行き方!長崎から飛行機で福江島へ
  2. 五島列島への行き方!長崎からジェットフォイルで福江島へ
  3. 五島列島への行き方!長崎からフェリーで福江島へ
  4. 五島列島への行き方!福岡から飛行機で福江島へ
  5. 五島列島への行き方!福岡からフェリーで福江島へ
  6. 五島列島への行き方!長崎・福岡から中通島・奈留島へ
  7. 五島列島への行き方!佐世保から中通島へ
  8. 五島列島への行き方!福江島から他の島へ
  9. 五島列島の島々
  10. まとめ
B1pyp6djsuujbszm59mh
引用: https://www.instagram.com/p/BtaET9SArRY/
五島列島への行き方、まずは飛行機でのアクセス法の紹介です。五島列島で最も大きな島である福江島の福江空港への航空便がありますが、その1つが長崎空港からの便になります。他府県からは長崎空港での乗り継ぎとなりますが、長崎空港へは羽田からの1日20便をはじめ、名古屋の中部国際、大阪伊丹、神戸などからの便があります。
Utb35p3wwoj8nblfvfs2
引用: https://www.instagram.com/p/BtrYzo0hxSq/
長崎空港から福江空港(五島つばき空港)へは、1日3便が運航されています。2019年2月時点のダイヤは、9:35、10:40、14:50発で所要約30分となり、ANAとORCの共同運航になっています。時間的には30分のフライトですぐに着くという感じで、まさに早さ優先のアクセスには飛行機が一番です。
Doyb7r8hlk9tytviqw1n
引用: https://www.instagram.com/p/BiVfhnYgQtq/
長崎~福江間の料金は通常料金が13000円程度ですが、早く予約すると安くなり、28日前までで9800円、最も早い予約で9000円程度にまで下がります。ただ、長崎市内を観光した場合など、市内から空港まで移動する場合は、その移動時間がバスで約45分とかなり時間がかかり、料金も1000円ですので注意して下さい。
D2pl8mdewxxkymqbilht
引用: https://www.instagram.com/p/BTunMPUgk56/
続いてのアクセス法は、同じく長崎から高速船のジェットフォイルを利用する方法です。九州商船が1日4便運航しており、春夏ダイヤの場合、長崎発が7:40、11:30、14:50、16:30となり、所要約1時間25分の乗船で福江島の福江港に着きます。料金は5970円となっており、予約はインターネットおよび電話で2ヶ月前から可能です。
Lzxbjwntxl7sif1j8ovu
引用: https://www.instagram.com/p/BmmppyZhqyV/
このジェットフォイルは「ぺがさす」という愛称で2隻が就航しており、船体は白を基調に緑と赤のラインとなかなかオシャレなデザインです。定員は264名で座席は2階構造になっており、1階の前部座席からは前方の展望が可能になっています。なお、ジェットフォイルの乗り場長崎港ターミナルまでは、長崎駅から徒歩15分、市内電車を利用の場合は、長崎駅前より正覚寺行きで大波止下車後徒歩4分となっています。
Zg50bplljbdq5z1vswys
引用: https://www.instagram.com/p/BXuwAJBHnBt/
続いては長崎から福江島へのフェリーでのアクセスです。こちらは1日3便で、同じく九州商船が運航しています。ダイヤは長崎発8:05、12:25、16:50になっており、所要約3時間10分とのんびり船旅という感じです。なお、12:25の便は途中で中通島の奈良尾港に寄るので所要約4時間と長くなります。旅客料金は2460円とジェットフォイルよりかなり安く、指定席は3280円になります。なお、車両料金は車両長4~5mの車で25060円です。
To6xw6bx7txj5j4v16jn
引用: https://www.instagram.com/p/BeWxxhEA3V5/
福江島観光では島内バスの本数が多くないため、レンタカーを利用する場合も多いのですが、このフェリーを利用してマイカーでの観光も1つの方法です。ただし、福江島から他の島へは橋でつながっていないので、車での移動は福江島の島内に限られます。なお、長崎でのフェリー乗り場はジェットフォイルと同じく長崎港ターミナルになります。
Mgaldhqz4afqz99y3olx
引用: https://www.instagram.com/p/BqUIdBsBpts/
五島列島福江島の福江空港へは、福岡空港からの飛行機便もあります。全国主要都市からアクセスできる福岡空港で福江行きの便へ乗り継ぐアクセス法です。福岡空港から福江へは、ANAが1日4便運行しています。2019年2月時点のダイヤは、8:55、12:45、16:55、17:40発となり所要約45分になっています。
Lfeekaq4byhnbdk6esln
引用: https://www.instagram.com/p/BjWXQlIn2Fd/
福岡~福江間の料金は通常料金が18000円程度ですが、こちらも早く予約すればどんどん料金は安くなり、最も早い55日前予約で11200円となります。長崎空港への便がない都市からのアクセスにはこの福岡空港を利用するのが便利です。
Tbcgitw7nunvxqwwqsff
引用: https://www.instagram.com/p/72qHhSq_1R/
福岡から福江島へは、フェリーでのアクセス法もあります。野母商船のフェリー太古が1日1便夜行便で運航されています。運航ダイヤは博多港を23:45発で、途中宇久島、小値賀島、中通島、奈留島に寄って福江港には8:15着で、所要約8時間30分となります。
Yst49e9i03gryhussph1
引用: https://www.instagram.com/p/BnXbLaZH7ai/
この博多~福江間のフェリー太古、旅客運賃は4840円ですが、夜行便ということもあり、料金は高くなりますがグリーン寝台や特別室なども備わっています。また、車両料金は車両長4~5mの車で33510円で、車両運搬は予約が必要です。
Jk2yvtv0pffjsade3bzu
引用: https://www.instagram.com/p/BqjFgX7gjDw/
五島列島の福江島は最も南にある主要島ですが、その北側にある奈留島や福江島に次ぐ大きな島である中通島へも、福岡や長崎から先に紹介したフェリーを利用して直接アクセスすることができます。博多~福江間の夜行フェリー太古は、中通島の青方港と奈留島の奈留港に寄港し、それぞれ博多から約6時間と7時間40分の所要になっています。
V4jutlr9o86cl0exrwy5
引用: https://www.instagram.com/p/BQvIanlABBw/
また、長崎からの九州商船フェリーは、1日3便ある福江港行きのうち、12:25発の便が途中で中通島の奈良尾港に寄港します。長崎からの所要時間は約2時間半になります。さらに便利なのが、長崎港ターミナルから中通島への高速船で、九州商船は有川港へ1日3便、所要約1時間40分で料金4500円、五島産業汽船は鯛ノ浦港へこちらも1日3便で所要約1時間40分、料金は4890円となっています。
Fe3vogb2q1hry83k1hzm
引用: https://www.instagram.com/p/Bqyv2crFige/
五島列島の主要五島の中で最も北にある中通島へは、佐世保からも直行でアクセスが可能です。九州商船の高速船が佐世保発12:40で中通島の有川港に所要約1時間25分で着きます。料金は5060円になっています。なお、佐世保から同じく有川港へはフェリーも1日2便運航されており、所要2時間35分で旅客料金3040円になっています。
Rqbwawgdmbaq3bej63ax
引用: https://www.instagram.com/p/Bq5zPP6FTbx/
この中通島の有川港ターミナルでは、大きなクジラがぶら下がっているのが注目です。捕鯨の歴史があるこの有川港、ターミナルの1階にはクジラの博物館である鯨賓館ミュージアムがあって、捕鯨関連の展示品が多くあり、捕鯨の歴史も学べる観光スポットにもなっているのです。
Kgaohvnxxhj8mbjxid4p
引用: https://www.instagram.com/p/Bj9zMzRFbAh/
五島列島の主な5つの島は、中通島と若松島を結ぶ橋以外は、橋でつながっていないので、主要島福江島から他の島へのアクセスは船による移動ということになります。もう一つの主要な島である中通島へは九州商船の長崎行きフェリーが1日2便中通島南部にある奈良尾港に立ち寄り、福江港8:00と11:45発で所要約1時間10分になります。
Jq4ee5oj9fi0xne6hqkm
引用: https://www.instagram.com/p/BrP1y_AFkoH/
また、福江島からはすぐ北にある久賀島や奈留島をはじめ、小さな離島である椛島、黄島、嵯峨島など多くの島への船便があります。便数は少ないですが、日程が許せば、いずれかの島を1日観光するというのも五島観光のまた違った楽しみ方になってきます。
Ibsgw3kurkim3j4smmzy
引用: https://www.instagram.com/p/BssiJphHVDZ/
五島列島の5つの主な島で最も南にあるのが福江島ですが、その北にある久賀島と奈留島を合わせて下五島と呼ばれます。これに対して北に位置する中通島及びその中通島と橋でつながっている若松島は上五島と呼ばれています。ちょっとややこしいですが、行政区分的には福江島をはじめとする下五島が五島市になっています。
Igq91n1icyflg42mjpsz
引用: https://www.instagram.com/p/BtJB3_YHegG/
五島列島へのアクセス、飛行機を利用する場合の発着は福江島に限られますが、高速船やフェリーといった船を利用する場合は福江島と中通島へのアクセスが便利になります。五島観光のポイントをどの島に置くのかによって、アクセス法が変わってくることになります。また、福江島から中通島へと向かうルートやその逆など、日程も考えてアクセス法を決めた方が効率の良い旅になるでしょう。
Oqycw1eklkwniedfxyty
引用: https://www.instagram.com/p/BtJCYkEHPwr/
長崎県の人気観光地である五島列島、主な島だけでも5つの島があるので、全てを観光するのにはそれなりの日程が必要です。アクセスの良い福江島や中通島が人気の観光ポイントになっており、今回はその2つの島へのアクセス方法を中心に紹介しました。飛行機や船を利用しての、五島観光の旅をぜひ楽しんでください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BrE-SADnl30/