W4sel8ykldhb5r2f9jzs

スイス

CATEGORY | スイス

【2019年版】スイス芸術の町バーゼル!観光スポットや魅力をご紹介!

2019.02.11

スイス北西部に位置し、スイス、フランス、ドイツの国境に接する街バーゼル。40を超える美術館や博物館が存在し、芸術文化が色濃く根付いています。ゆっくりとした時間が過ごせる素敵な街バーゼルでおすすめのスポットをご紹介しますので、観光や買い物の際にお役立てください。

  1. バーゼルのおすすめ観光スポット①旧市街
  2. バーゼルのおすすめ観光スポット②ミュンスター大聖堂
  3. バーゼルのおすすめ観光スポット③バーゼル市庁舎
  4. バーゼルのおすすめ観光スポット④グローブス
  5. バーゼルのおすすめ観光スポット⑤バーゼル美術館
  6. バーゼルのおすすめ観光スポット⑥エリザベート教会カフェ
  7. バーゼルのおすすめ観光スポット⑦ライン川
  8. バーゼルのおすすめ観光スポット⑧ジャン・ティンゲリー美術館
  9. バーゼルのおすすめ観光スポット⑨国境
  10. おわりに
Hndswmq7hnivfdbqnpru
引用: https://www.instagram.com/p/BdQ0G12hoW9/
【旧市街 (Old Town)】人通りのない路地や夜の女性の一人歩きは避けるべきというのが、ヨーロッパの都市で多く見られる治安状況ですが、バーゼルは街全体が静かに落ち着いた雰囲気を持つ場所であり、女性が路地を一人で歩いても平気なほど。街灯はしっかり設置されており、夜も安全に街歩きを楽しめます。中心部に位置する旧市街においても、交通はしっかり規制され、歩行者優先が徹底されているのも印象的です。
Fuvzeefxydw7vttdzroz
引用: https://www.instagram.com/p/Bss69tzHwe1/
信号のない場所で、渡るタイミングを待っていると車は止まってくれる国です。一般の乗用車からバス、タクシーでも同様に。旧市街を散策していると、様々な広場や緑がたくさんの公園、そして豪華な住宅が建ち並ぶエリアなど歩いているだけでも楽しいスポットですので、隙間時間にぜひ歩いてみてください。
Tustlyb1y1xpfvj7hcqg
引用: https://www.instagram.com/p/BrzqB__FD6c/
【ミュンスター大聖堂(Basel Munster)】バーゼルを代表するレンガ色の外観が印象的な大聖堂。市街地から徒歩圏内で訪れることができ、かつて12~15世紀にかけて建てられたロマネスク様式の大聖堂でしたが、その後の大地震により倒壊し、新たにゴシック様式の塔が建設されましたが、その後も何度か改装されており19世紀に建設されたのが現在の建物です。
Jge0utaxske8mf1jjrqf
引用: https://www.instagram.com/p/-PksRcr8OB/
さらにこちらの大聖堂の塔に上ることができ、上からはバーゼルの街とライン川、そして周辺の街とドイツの黒い森までが見渡る絶景が広がっています。この機会にバーゼルの街並みは見ておきたい必見のスポット。聖堂内の美しいステンドグラスや、夜のライトアップも見どころの一つですので、バーゼルのシンボル大聖堂の色々な表情をお楽しみください。
Isbdxpsk1waiugx5gsrv
引用: https://www.instagram.com/p/BjKhN6FDzko/
Agrydyrnzwv8vnunrezx
引用: https://www.instagram.com/p/BpATHv6lZjp/
【バーゼル市庁舎(Rathaus)】赤色がひときわ目立つバーゼル市庁舎。現在の建物は1504年に着工し10年かけて完成した歴史ある建物です。赤色の外壁には青や黄色、緑に金色などの鮮やかな装飾が施されており、ぜひ近くで見ておきたい繊細で華やかな装飾です。旧市街の「マルクト広場(Marktplatz)」に着くと、この赤色の建物がイヤでも目に入ってくるほどすぐわかります。市庁舎が建つマルクト広場も観光名所として人気の場所ですので、この周辺は押さえておきたいスポットの一つです。
X0vjkwyybi27bpjfhohl
引用: https://www.instagram.com/p/Bl1SCLtnisE/
A8hduzicfhx0etsqpjro
引用: https://www.instagram.com/p/Brc8Y3TF2uk/
【グローブス(Globus)】スイス国内において38店舗を展開する高級デパート。1892年から創業されている老舗デパートであり、食料品をはじめ衣類や子供用品、キッチン用品にステーショナリーグッズやコスメなど幅広い商品が展開されており、必要なものはほぼ全て揃う心強い買い物スポット。食料品コーナーには、近年の日本食ブームの影響で、寿司や日本の果物なども輸入されているほど。
Bvvijrk2plpjuluvdcel
引用: https://www.instagram.com/p/BqISuuEnARA/
街の中心部となるバーゼル市庁舎の建つ「マルクト広場」に位置しており、観光のついでにも立ち寄れるアクセス抜群のデパートで日常の買い物もお土産の買い物も心配無用です。バーゼルの中でも最も立派なデパートと言っても過言ではなく、ご飯の食料品からお土産まで買えるおすすめ買い物スポット。下手なお土産屋さんよりもスイスチョコレートを買ったり素敵な雑貨が購入できるため買い物には便利な場所を憶えておきましょう。バーゼルの街の雰囲気やトレンドをチェックするのにも最適なデパートは要チェックの買い物スポットです。
N6mubrrecksx0yt3h09s
引用: https://www.instagram.com/p/BtEB6-_nYjU/
Yc64zcuiwz6anyxnwpna
引用: https://www.instagram.com/p/Btpfjkcleb_/
【バーゼル美術館(Kunstmuseum basel)】多数の美術館が揃うバーゼルにおいても、定番の観光スポットとして外せないのが、こちらのバーゼル美術館。そこには4,000点もの絵画や彫刻作品、そして30万点ものデッサン画やポスターが展示されている見応えのある内容となっています。約700年続くアート・コレクションはヨーロッパ屈指のクオリティを誇ります。
Lfrqemlj0hlfmmg9ejdo
引用: https://www.instagram.com/p/BtgBimPnWOR/
また、2016年にリニューアルオープンを迎え、新しくスタイリッシュで近代的な建物が話題にもなっており、世界的な画家ゴッホやモネの知られざる作品など、とにかく豊富な展示数が並びますのでしっかりと時間をとって訪れましょう。
Mcrxezdhpfpniy2fr7hg
引用: https://www.instagram.com/p/BeLFoymFN2J/
【エリザベート教会カフェ(Cafe Bar Elisabethen)】バーゼルの街を観光して疲れた時のちょっと一休みする際におすすめしたいカフェ。バーゼル駅から徒歩およそ10分の距離に建つ美しい教会にカフェが併設されています。というと、教会の隣や外にカフェがあるかと思うかもしれませんが、こちらは教会の中に席が設けられたれっきとしたカフェです。教会の厳かな雰囲気と芸術的なステンドグラスを見ながら、美味しいコーヒーやお菓子をいただけます。
Ygegysnaqehz4wqlt4wl
引用: https://www.instagram.com/p/BEbRrUGTBbH/
さらに朝の7時から営業しており、爽やかな朝の空気とともに朝食をとるのも素敵な一日になりますね。こんな素敵な空間でコーヒーが飲めることは珍しく、貴重なまさに穴場スポットです。バーゼルで必ず訪れたいスポットの一つ。
Aqxrsp2vgdpkxvafmxr4
引用: https://www.instagram.com/p/BspzXU6APqd/
【ライン川(Rhein)】スイスとドイツの国境ともなるライン川。ドイツの印象が強いかもしれませんが、源流はスイスに位置し、ドイツとの国境線を流れ、バーゼルの街を横切り、その後ドイツとフランスの国境へ続いています。このライン川を渡るのにかつて昔の人々も生活の一部として使っていた渡し船(Rheinfähre)が現在も運行されており、利用することができます。5つの橋がライン川に架り、その合間をぬうように4艘の渡し船。
Iqfpmpil88nqlblepwkj
引用: https://www.instagram.com/p/BkkLbzGnx9p/
反対岸に渡るおよそ5分間ですが、穏やか時間でバーゼルで一度は体験しておきたい渡し船です。ライン川の両岸には散歩道が設置され、これぞバーゼルという景色が見渡せる絶景スポットとなっています。夏のシーズンには、ライン川で泳ぐイベントが開催されたりと、バーゼルの街の重要なスポットです。
Yvcxfp1m4rforwomdtpj
引用: https://www.instagram.com/p/BRUZjX9hF2k/
【ジャン・ティンゲリー美術館(Jean Tinguely Museum)】代表的な「動く美術作品」の作家として知られるジャン・ティンゲリー。スイスの他の街で生まれ、美術を学んだ場所がここバーゼルとなり、こちらの美術館には、廃材を利用して作られたまるで機械のように動くことができる彫刻がたくさん展示されており、大人から子供までが楽しめる面白い場所です。音と動きで楽しむ独特な世界観が広がります。
G6ukjtkjkwuimccphbwo
引用: https://www.instagram.com/p/BQX44kTAtyQ/
また、バーゼル市立劇場の前庭に設置されている「ティンゲリーの噴水」も有名なスポットであり、公園ですので無料でティンゲリーの芸術作品が楽しめる穴場スポットです。
Clfbc6fpfsscwpzbgvfz
引用: https://www.instagram.com/p/BRqfUClBuHs/
【国境(Dreilaendereck)】スイスとフランス、ドイツの国境にせっかくの機会ですので、行ってみましょう!島国の日本では体験できない国境ですが、ヨーロッパなどの陸続きの大陸ではごく普通の当たり前の光景であり、道路が国を超えていることもあったりと。ぜひバーゼル滞在中に3カ国が接しているスポットを見ておきましょう。最寄りのトラム駅から徒歩約10分の距離に存在し、周辺は国境だけにガランと淋しい気もしますが、逆に穴場スポットとして静かに国境を味わます。
Rnwmdp02qdxzub7y1y9m
引用: https://www.instagram.com/p/Bg8Kh-cjGAk/
スイスのバーゼルでおすすめする観光スポットを9選まとめてきました。歴史的建造物が建ち並び、40以上もの美術館や博物館が揃いそれぞれに特徴をもつ芸術に触れられる平和な街です。スイスを訪れる際の参考にしていただき、バーゼルでの観光と買い物の時間をどうぞお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/Bid-FqmlQ9W/