Jbp5vxfmq1eouyk71apd

ブルキナファソ

CATEGORY | ブルキナファソ

【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも

2019.02.13

西アフリカの国・ブルキナファソ。アフリカ旅行と言うと治安が心配ですが、ブルキナファソはどうなのでしょうか?ここではブルキナファソの治安情報やおすすめ観光スポットの他、行き方や文化についても簡単にご紹介しますので是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも①想像よりも治安が良い?
  2. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも②気をつけたいのは周囲の国
  3. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも③ピーク・サンドゥ
  4. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも④ボボ・ディウラッソの大モスク
  5. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも⑤ティエベレ地域
  6. 【2019年最新】ブルキナファソの治安を徹底調査!おすすめ観光スポットも⑥ブルキナファソへの行き方と文化的な基本情報
  7. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Br4-Nl_AHnz/
ブルキナファソは西アフリカにある国。アフリカというと治安が良くないイメージがありますが、ブルキナファソも治安があまり良くないのではと考えてしまいますよね。西アフリカのなかには、確かに情勢が不安定な国がいくつかあります。ただそれらの国に比べると、ブルキナファソの治安は想像よりも良いとのこと。
引用: https://www.instagram.com/p/Brny12Zh2wT/
実際に行った人によると、西アフリカで一番治安が良いのではないかという意見もあるほどです。とてものんびりした国なので、アフリカにしては平和過ぎてちょっと拍子抜けするかもしれません。
引用: https://www.instagram.com/p/Bcl-lYPlWUq/
ただブルキナファソの治安は良くても、周りの国、とくにマリやニジェールの情勢はとても不安定。マリではテロや誘拐の危険がありますし、ニジェールでもやはりテロや拉致、感染症の危険があります。そのためマリやニジェールとブルキナファソとの国境付近については、外務省の公式ホームページでも警戒情報が発表されています(2019年2月時点)。
引用: https://www.instagram.com/p/BUWaC1aFBj3/
このように周囲の国の情勢によりブルキナファソの治安も影響を受けますので、ブルキナファソ旅行の際は必ず外務省の公式ホームページを事前にチェックしましょう。仮にブルキナファソが警戒レベル1だったとしても油断は禁物。マリやニジェールの情勢次第では、ブルキナファソへの渡航を再検討した方が良い場合もあるでしょう。くれぐれも慎重に行動してくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BnT1cOFlrak/
ここからはブルキナファソのおすすめ観光スポットをご紹介します。最初にご紹介するのは、ピーク・サンドゥ(Les Pics de Sindou)です。ピーク・サンドゥは、至るところに岩がぼこぼこと隆起している不思議な観光スポット。ブルキナファソの西部にあり、有料の公園となっています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bsj5IkwATvQ/
大きな岩の間を散策したり、岩に直接触ったりしてみましょう。アフリカの大地にいることが実感できるのではないでしょうか?ちなみに観光の際は必ず水などの飲料を持ち歩きましょうね。とても暑いので熱中症には気を付けましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BtvYlfdhQzb/
次にご紹介するおすすめ観光スポットは、ボボ・ディウラッソの大モスク(Mosque of Bobo-Dioulasso)です。こちらはブルキナファソ第2の都市・ボボ・ディウラッソにある大きなモスク。ブルキナファソの観光スポットの中でも、大人気の場所です。建物は泥でできており、そこに何本もの木の棒が刺さっています。とてもインパクトのある建築物です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bsj0-DoAWPG/
つくられたのは18世紀末。モスクの中に入ることもできます。内部に入ると当時のモスクの雰囲気がより直接的に感じられるでしょう。なお女性が入る際は、マナーとしてスカーフを頭に巻くことをおすすめします。
引用: https://www.instagram.com/p/BhteLBNADqk/
最後にご紹介するおすすめの観光地は、ティエベレ地域(Cour Royale de Tiébélé)です。ティエベレ地域もブルキナファソの大人気観光スポット。この地域の大きな見どころは、何と言っても幾何学模様が描かれた建物です。
引用: https://www.instagram.com/p/Bj92ecWAMU4/
入り口が狭く、要塞のような家の壁に描かれた模様がとてもユニーク。建物に描かれている1つ1つの模様には、豊作など文化的な意味があるそうです。ちなみに入り口が狭いのは、ライオンなど動物の侵入を防ぐためなのだとか。アフリカならではの理由にビックリですね。

日本からのブルキナファソへの行き方

引用: https://www.instagram.com/p/BttIjWlhJY7/
日本からブルキナファソへの行き方には、大きく2つあります。1つはフランスのパリを経由して行く方法。もう1つはドバイ、モロッコを経由して行く方法です。パリからブルキナファソまではいくつかの航空会社が飛んでいますが、最も安定しているのはフランス航空です。安全のことを考えて、なるべくフランス航空を利用するのが良いでしょう。

ブルキナファソの文化的な基本情報

引用: https://www.instagram.com/p/Btv0hEFhCGt/
ブルキナファソの首都はワガドゥグー(Ouagadougou)、人口は約1919万人(2017年)です。モシ族やグルマンチェ族、ヤルセ族など複数の民族が同居しています。公用語はフランス語ですが、各民族でモシ語やグルマンチェ語も使われています。宗教は伝統的宗教を信仰する人が最も多く、その後にイスラム教、キリスト教が続きます。通貨はCFAフラン(XOF)です。
引用: https://www.instagram.com/p/BsQPTpLA9DL/
ここではブルキナファソの治安情報やおすすめ観光スポットの他、行き方や文化についても簡単にご紹介しました。いろいろ興味深い観光スポットがありましたね。ただ想像よりも治安が良いとはいえ、やはりアフリカの国。旅行の際はくれぐれも気を付けてくださいね。