Ygfeunza4x0i2nxqtzum

モルディブ

CATEGORY | モルディブ

【2019年最新】モルディブのチップの相場はどのくらい?渡し方やマナーも

2019.02.14

ハネムーンやダイビング旅行などで大人気のモルディブ。1島1リゾートで長い時間を過ごすだけにチップについても気になりますね。今回はモルディブでのチップのマナーやどれくらいの金額なのか迷ってしまう相場、渡し方などをご紹介したいと思います。

  1. モルディブ旅行でチップにもう悩まない!相場や渡し方は?1・リゾートの相場を知ろう
  2. モルディブ旅行でチップにもう悩まない!相場や渡し方は?2・バトラーへのチップ
  3. モルディブ旅行でチップにもう悩まない!相場や渡し方は?3・テーブル担当へのチップ
  4. モルディブ旅行でチップにもう悩まない!相場や渡し方は?4・ダイビングスタッフへのチップ
  5. まとめ
Uacvmns9lgcwexc0vet4
引用: https://www.instagram.com/p/BadUXf1Bdr7/
1島1リゾートなので、基本的に同じリゾートのスタッフからサービスを受けることが多いモルディブ。朝の挨拶からディナー後のバーでの1杯まで、小さなリゾートであれば小さなリゾートであるほどスタッフの数は限られ、滞在が長ければお互いに顔を覚えることにもなるでしょう。   一般的に宿泊費用が高いと思われているモルディブですが、各環礁の中でも最高級リゾートからカジュアルリゾートまでが揃っているのが現実です。 3食込みの金額を提示しているリゾートも多いため一概には言えませんが、リーズナブルなリゾートで一泊200ドル程度、最高級であれば10000ドルは下らないハイエンドなリゾートも多くレンジに幅があります。 チップに関して言えることは、やはりハイエンドなリゾートになればチップの相場も若干は上がるという事を覚えておいた方が良いでしょう。 ベッドメイキングやルームサービス、ダイビングスタッフへのチップは基本的にまとめて10ドル程度が多いようですが、個人的にスタッフに手渡すチップは最高級のサービスを受けた場合、どれくらいかと言うとやはり少し多めに渡すのがマナーです。
T6cprzkprh1eadyb9ou4
引用: https://www.instagram.com/p/BtyDiNAlgsL/
Ldz3mchwj2xs4zomxhjm
引用: https://www.instagram.com/p/BrUqXN8gYIh/
ハイエンドなリゾートに宿泊した場合、各部屋にバトラーが付く場合があります。 バトラーとは執事という意味ですが、とにかく滞在中は何かを頼みたいと思えばフロントに連絡をしたりスタッフを探す必要はありません。 渡されたバトラーへの直通コールの為の携帯電話のスイッチを押すだけで、あなたのバトラーが全てを解決してくれます。 滞在中に誕生日がくれば、バースデイカクテルを準備してくれたり、なにか特別なツアーを体験してみたいと思えばオリジナルツアーを企画してくれたりと、とにかくスペシャルな日常を演出してくれるバトラー。 やはり彼らが素晴らしいサービスを提供してくれたら、それに応じたチップを支払いましょう。 どれくらいを支払うかという目安としてはチェックインの時に10ドル程度、さらに滞在に満足したら1日あたり3ドル~5ドル程度を最終日の朝にまとめて渡すのがスマートです。
Nibwgucpxr5blv3twfjj
引用: https://www.instagram.com/p/BZOmoNfDnq7/
G7kwptjjdm9uhdcwelkw
引用: https://www.instagram.com/p/BtmWrHbljEL/
モルディブは1島1リゾートのため、小規模なリゾートであればレストランは島内に1軒しかなく、同じレストランで3食を食べることも多いのが現実です。 リゾートにもよりますが、部屋番号によってテーブルの場所も決まっており、そこを担当するウエイターも同じスタッフということがあります。初日にチップを渡す必要はありませんが、最終日に10ドル程度をそっと手渡すとスマートですね。
Dr4m5nfr0hlj483y3qol
引用: https://www.instagram.com/p/BtzGGX_nTN9/
P7bd0qw64tkeess1fdwi
引用: https://www.instagram.com/p/BtzOz-hAOIf/
美しいサンゴ礁に囲まれたモルディブ、インド洋の真珠とも呼ばれる各環礁には、美しい熱帯魚や珊瑚は勿論、マンタやジンベイザメなどの大物までが見られるとあって世界中のダイバーが集まってくることでも有名です。 素晴らしいリゾートにステイして、気が向いたらビーチでセルフダイビングをしたり、1日に数回あるボートトリップに参加してダイビングに出かけたりと時間がいくらあっても足りませんね。 もしもリゾートのダイブショップに日本人スタッフがいたら、初日にチップの説明があることも多いので安心です。 一番多いパターンは、ダイビングサービスのカウンターにチップボックスが置いてあり、最終日にそこに支払うというものです。 ダイビングはボートを操縦してくれるキャプテンがいたり、タンクを運んでくれるビーチスタッフがいたり、その他にもダイビングガイドも複数いるため一人一人にどれくらいを支払うのかという計算が出来ないため、まとめてチップを払い後でスタッフが割るというシステムですね。 支払う金額の目安もスタッフが教えてくれますのでそれを参考にすると良いでしょう。 もしもチップボックスが無い場合には、ショップの責任者に「皆で分けてね」と伝えて渡すのがスマートですね。
Xaegarrydh3bc6va0vuc
引用: https://www.instagram.com/p/BtzOD5wFfEH/
Qawakljscw0xm8zrijrb
引用: https://www.instagram.com/p/BAtrSoGSnUK/
いかがでしたか?美しいサンゴ礁に囲まれたリゾートで過ごす休日、チップの心配なく過ごせたら良いですね! 是非次のモルディブ旅行では素敵な時間をお過ごしください!
Dpazfm5o1inf15831yri
引用: https://www.instagram.com/p/BhO8XDkAgtI/
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BtuKQ4aFIPu/