// FourM
Tiwm6jfsdbwrpn2pkcqj

東京

CATEGORY | 東京

【2019年最新】式根島でキャンプやグランピング!おすすめスポット3選

2019.02.15

伊豆諸島の式根島には2つのキャンプ場と1つのグランピングがあります。断崖に囲まれた青い海と白い砂浜があり、海水浴や海中温泉を堪能できる式根島はキャンプには最適な島になっています。アクセスや持ち物、料金も含めた、式根島のキャンプ場とグランピングの利用情報です。

  1. 式根島でキャンプやグランピング!おすすめスポット ①大浦キャンプ場
  2. 式根島でキャンプやグランピング!おすすめスポット ②釜の下キャンプ場
  3. 式根島でキャンプやグランピング!おすすめスポット ③凪グランピング
  4. 式根島でキャンプやグランピング!近くの海水浴場
  5. 式根島でキャンプやグランピング!近くの温泉
  6. 式根島でキャンプやグランピング!式根島とはどんな島
  7. 式根島でキャンプやグランピング!式根島へアクセス ①下田からフェリー
  8. 式根島でキャンプやグランピング!式根島へアクセス ②東京から高速船
  9. 式根島でキャンプやグランピング!式根島へアクセス ③東京から大型船
  10. まとめ
G7hwigbyjifhgvlsif8c
引用: https://www.instagram.com/p/BiUQW-dggif/
伊豆諸島にある式根島には、2つのキャンプ場があります。まず最初に紹介するのは「大浦キャンプ場」です。こちらのキャンプ場はGWと7月~10月に利用が可能で、ハイシーズン用のキャンプ場になっています。予約は不要で、料金も無料ですが、フェリーの到着する野伏港の近くにある観光協会窓口で受付をする必要があるので注意して下さい。
Tedn28ufebricegugvpd
引用: https://www.instagram.com/p/BTwnzybBOYF/
この「大浦キャンプ場」では、設備として焼き場に水道、シャワー付きのトイレがありますが、キャンプ道具の貸出しはありません。したがってテントはもちろんですが、持ち物として食材やキャンプ用品が必要となります。大浦海水浴場のすぐ上の砂地の部分と山の斜面がテント設営地になっており、野伏港からは車で約5分の所要になります。
Lmjeyvf5vxbmd1mjqf65
引用: https://www.instagram.com/p/Bo9Q49-HRJX/
続いては、式根島にあるもう1つのキャンプ場「釜の下キャンプ場」です。こちらのキャンプ場の利用は「大浦キャンプ場」の利用期間とはずれて、GWを除いた3月~6月の期間と11月に利用できます。すなわち12月~2月の間はどちらのキャンプ場も利用できません。こちらも予約は不要で料金も無料ですが、やはり観光協会で受付をする必要があります。
Nnougposjpar0a1juspe
引用: https://www.instagram.com/p/BRa3VKBAsbc/
この「釜の下キャンプ場」では、設備として焼き場、水道がありますが、トイレは近隣の石白川海岸のトイレを利用することになります。こちらも、キャンプ道具の貸出しはないので、キャンプ関連品を持ち物として準備する必要があります。場所は野伏港から南へ車で約5分となります。いずれにしても、2つのキャンプ場ともキャンプ関連の持ち物が必要になり、通常はそれらの持ち物を車に積んでフェリーを利用することになるのは同じです。
Vdklvciaw8ore5kvqrcu
引用: https://www.instagram.com/p/BnHtOcngVqG/
続いては式根島に2018年に誕生した唯一のグランピング「凪グランピング」です。今話題の宿泊施設グランピングですが、こちらでは、見た目も可愛いとんがり屋根のテントが宿泊場所になります。テント内は快適でエアコンも設置されています。食事やお風呂は別棟の管理棟にあります。最初から設営されているテント式の施設なので、キャンプ用品を持ち物として運ぶ必要がなく、通常のホテルや旅館と同じような準備でOKです。
Bziewtz0rnfcepaellat
引用: https://www.instagram.com/p/BoL1r0mHd72/
この「凪グランピング」は通年の利用が可能で、利用料金は、2名利用の場合の大人1人当たりが1泊2食付きで14000円からになり、休日やハイシーズンは少し高くなります。何といっても、キャンプ用の持ち物なしで、自然と触れ合うキャンプの雰囲気が味わえるのがグランピングのいい所です。場所は野伏港から南へ徒歩約16分の所で、予約や問い合わせは090-2563-9168になります。
Jx4dr1kp3babylfjylwy
引用: https://www.instagram.com/p/Bmig70fAobk/
「大浦キャンプ場」のすぐ下にあるのが「大浦海水浴場」です。砂浜と岩場の両方が混在しており、海水浴と磯遊びを楽しむことができるのが特徴です。また、式根島では一番美しいと言われる夕陽の光景も人気になっています。設備としては駐車場、トイレ、水シャワーがあり、夏には売店も出ます。「凪グランピング」からの利用もこちらが最寄りの海水浴場になり、徒歩約5分です。
Qnvf2cyuhwznqxl4lg32
引用: https://www.instagram.com/p/BlZieodlBYj/
一方「釜の下キャンプ場」に隣接しているのが「石白川海水浴場」で、こちらも白いビーチと岩場がありますが、シュノーケルやダイビングにも適した海岸になっており、多くの海の生物との出会いがあります。設備はこちらも駐車場にトイレ、水シャワー、そして夏には売店が出ます。キャンプ場からは徒歩約3分になります。
Hfc1ejfggw1zxpcdswy8
引用: https://www.instagram.com/p/BdY8qWDDpql/
式根島にある温泉は全て島の南部に集中していますが、これらの温泉へは「釜の下キャンプ場」が近くて便利です。中でも近くにあるのが足付温泉と松が下雅湯で、特に「松が下雅湯」は泉質が硫化鉄泉で、神経痛や冷え症、胃腸病に効くと言われています。水着を着用して入るのが原則ですが、水着がない場合も足湯の利用ができます。
A0rmcdwdqoyngnzpmloo
引用: https://www.instagram.com/p/BoWZR83H5pR/
この「松が下雅湯」は24時間いつでも利用でき、夜には灯りがともって雰囲気があります。すぐ近くに更衣室やトイレもあり、利用しやすい温泉です。「釜の下キャンプ場」からは徒歩で約12分となりますが、駐車場もあるので車で来ることもできます。
Xl3p7y2vp3jrh71l7tpd
引用: https://www.instagram.com/p/BtNLrd6ha-C/
伊豆諸島にある式根島ですが、伊豆大島や八丈島を含む伊豆七島の中には含まれていません。式根島を含めて8つの島がありますが、この式根島は新島のすぐ南西にあり、行政的にも東京都の新島村に属しているのです。島は他の7つの島と同様に、火山活動によってできた火山島です。
T76ar1qwwblwmiazgk90
引用: https://www.instagram.com/p/BskxMBLBk8f/
式根島は、島全体が火山活動による溶岩でできているため、島の周囲は太平洋の波によって浸食された海食崖と呼ばれる断崖になっている所が多くあります。数少ない美しい砂浜の海岸や温泉、絶景の景色が眺望できる展望台が観光スポットになっています。
O8e7wyh6issgsfp8xqic
引用: https://www.instagram.com/p/BaF7vkFDqoG/
式根島のキャンプ場でのキャンプには、テントなどキャンプ用具の持ち込みが必要になるため、車でフェリーを利用するアクセス法が考えられます。式根島へのフェリーは伊豆半島の下田港から、神新汽船のフェリー「あぜりあ」が1日1便運航されています。
Detd1zyf2tibbd0bikfi
引用: https://www.instagram.com/p/BsNACA6HgoG/
このフェリー「あぜりあ」は下田港を9:30に出港しますが、曜日によって各島へ立ち寄る順番が異なり、式根島への到着時刻は月、木、土が13:00、火、金、日が12:45になります。ちなみに、水曜日は運休です。なお潮位の関係で自動車航送ができない日があります(ダイヤなどは神新汽船HP参照)。その場合は、キャンプ用品を手荷物でコンテナ輸送する方法もあり、港に到着したら受け取るシステムです。最初からこの方式を利用して、現地でレンタカーを借りる方法もあります。
Ssihx6yawbi886lpdhqm
引用: https://www.instagram.com/p/5oNs9txLVr/
フェリー「あぜりあ」での自動車航送料金は、車長4m~5m未満が18660円、5m~6m未満が22390円になっています。この料金はドライバー1名の2等運賃を含んでおり、同乗者がいる場合は別に乗船料金が必要になります。旅客料金は月によって変わりますが、大人で2等が4000円程度で特2等や1等は料金が高くなります。なお、料金はHPで確認ができます。
Mfzbybqksdgqbrxtjyo6
引用: https://www.instagram.com/p/BpMQQ8RlKWu/
式根島で「凪グランピング」を利用する場合は、東京から式根島へ高速船を利用してのアクセスが早くて便利です。東京から式根島へは冬季以外の季節運航で、期間によってダイヤが異なりますが、夏は最も利用しやすいダイヤになり、所要時間も最短3時間以内となっています。
Ihxjdm2pho0lbpz8dczw
引用: https://www.instagram.com/p/BXuj9LoHjMm/
この高速船は東京の竹芝桟橋から出港して式根島へ向かいますが、東海汽船が運航するセブンアイランドと呼ばれる水中翼船になります。定員254名で全て座席指定になり、予約サイトからの予約が可能です。料金は月により変動がありますが、2019年4月では大人8930円となっています。
Uf6w2ad6aawrt9osnuuc
引用: https://www.instagram.com/p/BtlPp3JhVGU/
高速船の料金が高いので、それより安くという方には大型船でのアクセスも可能です。同じく東海汽船の「さるびあ丸」による運航で、やはり東京竹芝桟橋から出港して式根島へ向かいます。1日1便の夜行便で、東京が22:00発で式根島に翌朝9:05着という約11時間の船旅ですが、季節によっては時間が短縮されます。、
Olfh715foesw0tacffmu
引用: https://www.instagram.com/p/BtLO4gPFx6q/
この「さるびあ丸」の料金は、2019年4月料金では、大人が2等で5820円と高速船にくらべるとかなり安くなります。ただ、特2等では8740円とほぼ同額、ベッドでゆっくり寝ることができる1等では11650円と高速船より高くなります。この夜行便の船は、旅行の日程を有効的に組めるメリットもあります。
Khlskhwv8y7o9ggbjiwv
引用: https://www.instagram.com/p/BSQnJQWA_HC/
伊豆諸島にある式根島にはキャンプ場が2つ、グランピングが1つあります。今回は、利用にあたっての料金や持ち物を含め、これらの施設の詳しい情報を紹介しました。青い海と断崖、そして遠くに見える島々と絶景の素晴らしい式根島は、温泉や海水浴場、星空の夜とキャンプには最適な島です。ぜひ、これらの施設を利用して、式根島の素晴らし自然を堪能してください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/73yja4ryFe/