Ciccb4zg68iddho7nsc6

セルビア

CATEGORY | セルビア

【2019年版】東欧セルビアの歴史あふれる街・ベオグラード観光スポット10選

2019.02.16

日本から寄贈されたバスが街を走っていたり実は日本との交流があり、親日国であるセルビアの首都ベオグラードですが、日本人にとっては馴染みの少ない場所かもしれません。そこで今回はベオグラードのおすすめ観光スポットやホテル、治安などをまとめていきます。

  1. ベオグラードおすすめ観光スポット①ベオグラード要塞
  2. ベオグラードおすすめ観光スポット②カレメグダン城址公園
  3. ベオグラードおすすめ観光スポット③聖サヴァ教会
  4. ベオグラードおすすめ観光スポット④クネズ・ミハイロヴァ通り
  5. ベオグラードおすすめ観光スポット⑤スカルダリヤ
  6. ベオグラードおすすめ観光スポット⑥聖ミカエル大聖堂
  7. ベオグラードおすすめ観光スポット⑦共和国広場
  8. ベオグラードおすすめ観光スポット⑧聖マルコ聖堂
  9. ベオグラードおすすめ観光スポット⑨ユーゴスラビア歴史博物館
  10. ベオグラードおすすめ観光スポット⑩NATO空爆ビル
  11. ベオグラードおすすめ観光スポット⑪歴史と治安
  12. まとめ
Dblkqkonbrcq1aeqzqtn
引用: https://www.instagram.com/p/BthcnF7FQmP/
【ベオグラード要塞(Belgrade Fortress)】ベオグラードの街を一望できる街のシンボル。サヴァ川とドナウ川との合流地点の丘にそびえ立つ要塞。カレメグダン公園を含む大小それぞれの4つエリアにより構成されており、ベオグラードにおいて最も古い建造物「トルコ式の墓」をはじめとした、当時の要塞の城門や外壁が残されています。他にも第一次世界大戦時に実際に使用された戦車や大砲が展示されており、「軍事博物館」と「教会」そして「記念碑」などベオグラードの歴史を知ることのできる観光スポットです。
Xm9w6frvkio6t2v1kgae
引用: https://www.instagram.com/p/BmTkQGrhVIe/
この街において最も美しい景色が見られる場所としても有名で、ベオグラードにおいて人気の高い観光スポットへは毎日多くの観光客が足を運びます。夜にはライトアップされた要塞が神秘的な美しさを放ち、夕方にはきれいな夕焼けを体験でき、いつ訪れても美しい魅力をもつ人気スポットです。
Yajg1osyrqwl9tl0fdbh
引用: https://www.instagram.com/p/BtsspaFlLBx/
【カレメグダン城址公園(Kalemegdan Park)】ベオグラードの中でも最も美しい最大級の公園。観光地としても有名なスポットでもあると同時に地元の人々に憩いの場ともなっているため、多くの人が思い思いに過ごす姿が見られます。スタンボル門をくぐった所の「時計塔」は、内部を見学することができ、付近には武器や戦車など多数の展示品も見られます。
Tpizxdmvzfghcoy9clke
引用: https://www.instagram.com/p/BtrWyRHIpLo/
園内には、第一次世界大戦勝利を記念した「ポペドニク(勝利の像)」が立てられており、その右手には剣を、左手にはハヤブサを乗せ、高台からいつもベオグラードの街を見守っています。こちらには動物園もあり、夏のシーズンには恐竜のフィギュア展などが開催され、家族で楽しめる施設が整っています。カフェやレストランも揃っているため、穏やかな川を眺めながら美味しいランチやコーヒーをいただくのも気持ちがいいですね。
Kspktqkcbaoor17u0axb
引用: https://www.instagram.com/p/Bg1C_KghZMW/
【聖サヴァ教会(St. Sava Temple)】世界屈指の正教会大聖堂は必見の最大規模を誇ります。その圧倒的な存在感と威厳に満ちた姿は圧巻の建物。セルビア正教会創建者となる聖サヴァから名前が付けられたこちらの教会は、「オスマン帝国のシナン・パシャにより聖人の遺体が焼かれた」とされるヴラチャルに建てられています。この場所からはベオグラードの街全体が見渡せ、記念碑的な建物として信者だけでなく、世界中から多くの観光客が訪れるスポットとなっています。
Xavhlcfg8mjs1bcoe3lc
引用: https://www.instagram.com/p/BsIplq4gJy5/
1935年に着手した建設は、現在もなお未完の状態です。地下の礼拝堂は豪華絢爛な造りで圧巻の華やかさです。その礼拝堂を見るだけでも、十分に見応えのある教会は、夜になるとライトアップされますので暗闇に浮かび上がる迫力の教会は、ロマンチックでもあり、明るい時間帯とは異なる崇高な姿も見られます。
Qybsb6gjgihn3glcd8ed
引用: https://www.instagram.com/p/Bhm8wavB5A4/
【クネズ・ミハイロヴァ通り(Ulica knez Mihailova)】東ヨーロッパにおいて最も美しい歩行者天国の一つ。ベオグラードの中心部に位置するこちらの通りは、常にたくさんの人で賑わい、両側に建てられた建物の多くは1870年代の歴史ある建造物ばかり。ベオグラードの中でも最も古く貴重な建造物ということで法律により保護されています。ヨーロッパでおすすめのクリスマスショッピングスポットとして選ばれるほどのオシャレな通りは、歩行者天国で歩きやすくカフェやレストラン、屋台にホテルなどが建ち並び、世界的にも有名なファッションブランドのお店も軒を連ねるスポット。
Ltm6frymn8qfxqau8eqs
引用: https://www.instagram.com/p/gkQD17J6HT/
買い物をしなくても歩いているだけで刺激的で楽しめますが、中でもクリスマスシーズンになると、華やかなイルミネーションが飾られロマンチックな空間が続くおすすめスポットです。ベオグラードの中心部「テラジイェ広場」や「カレメグダン公園」へ続く道にもなっており、地元市民をはじめ観光客もたくさん行き交う場所です。この付近でホテルを取ると観光にも買い物にも便利な立地で助かります。
Sazrbwrzw4pdddg3gzav
引用: https://www.instagram.com/p/BntqbtHHZYN/
【スカルダリヤ(Skadarlija)】”ベオグラードのモンマルトル”とも呼ばれている街は、ベオグラードの中心部に位置し、ボヘミアニズム溢れる精神と街並みが特徴的です。20世紀になると詩人が集まる街として有名になり、この土地から輩出された歌手や俳優も数多く見られるほど。「共和国広場」からおよそ400メートル続くカーブの道沿いには、歴史的に有名なホテルやレストラン、水飲み場のセビリが建ち並ぶエリアです。そんな地域でホテルを取るのもきっと素敵な滞在になると思います。
Khlphdawazzdsmdikpxn
引用: https://www.instagram.com/p/Bt0ioljBlnR/
中でも伝統的なセルビア料理を提供しているレストランが多く軒を連ねており、地元の人々をはじめ観光客にも人気の場所となっています。連日2万人ほどが訪れると言われるスカルダリヤには、独特の雰囲気が漂いこのエリアでしか味わえない魅力を感じられるはずです。
Mrah9hylsud5aqb4g2uk
引用: https://www.instagram.com/p/Bq3znAFhpgI/
【聖ミカエル大聖堂(St.Michael's Cathedral)】「セルビア正教大聖堂」とも言われていますが、正式名称は聖ミカエル大聖堂です。セルビア公ミロシュ・おぶれのビッチ一世により19世紀に建設された新古典主義様式の建築物。シンプルかつ重厚感のある建物は、バロック風の塔と金色の装飾が印象的な大聖堂となっています。セルビア人のほとんどは正教会の信者であり、こちらの大聖堂はベオグラードの主教座であるため、たくさんの方が祈りを捧げに訪れる場所です。
D1h7gzwb7dm11mnk0riu
引用: https://www.instagram.com/p/BsP5ShOHL_4/
威厳のある空気が漂い、天井画や祭壇の迫力は必見の価値あるスポット。他の教会とは異なる建築様式が見られ、ぜひ訪れておきたい場所です。ただ、大聖堂の内部では、カメラ撮影禁止となっています。神聖な場所である大聖堂ではルールを守って気持ちよく見学しましょう。
Hhxmv2tmsjkxtyh3bm2t
引用: https://www.instagram.com/p/BtnQqgBHQxj/
【共和国広場(Trg Republike)】ベオグラードにおいて、公共交通機関の拠点でもあり、最も賑わう場所の一つ。そして一年を通して、市民や観光客など多くの人々が行き交う広場周辺には、「ベオグラード国立劇場」や「セルビア国立博物館」、そして「ミハイロ公像」などのベオグラードを代表する施設が揃っています。さらに、ベオグラード初となる現代的なショッピングモール「スタクレナツ」も建つ場所ですので、毎日活気のある広場は散策にもおすすめのスポットです。ガラスがたくさん使用された印象的なショッピングモールもぜひ覗いてみてください。日本とは異なるお店の雰囲気や商品が並び買い物も楽しめます。
S52cfdq32emxcipjoxtf
引用: https://www.instagram.com/p/BknVfoPgJyD/
F7bnseae3y0jfe14emkj
引用: https://www.instagram.com/p/BgcTKAHh6iJ/
【聖マルコ聖堂(Crkva Svetog Marka)】美しい「タシュマイダン公園(Tašmajdan park)」の一角に建てられた聖マルコ聖堂は、独特なレンガ造りの外観が印象的なセルビア正教会の建物です。市民の憩いの場所としても昔から親しまれており、周辺は緑豊かな公園になっているため散策するにも気持ちの良いスポット。シンプルな構造の建物で、厳かな雰囲気が感じられると思います。内部に飾られている美しいイコンの数々も必見であり、夜にはライトアップされ、昼間とは異なる表情が見られます。
Db7fkg3zdlxpqibsflds
引用: https://www.instagram.com/p/Bttcg0yhyEh/
Yse3w0mzcuimcxbnrhxw
引用: https://www.instagram.com/p/BkqE6Ijhm5z/
【ユーゴスラビア歴史博物館(Museum of Yugoslav History)】偉大な指導者として知られるチトーの霊廟がある博物館。「花の家」と「5月25日博物館」、そして「旧博物館」と3つの施設から構成されています。花の家には、世界各国の指導者から一目置かれていた指導者チトーの霊廟があり、旧ユーゴスラビア大統領であり、民族間の緩和に努めた英雄は、花に囲まれ永眠することを願い、この地に実現されました。植物園のような建物内部を進むと、ガラス張りの天井に緑が生い茂った場所に出て、大理石で作られたチトーのお墓を見学できます。そして彼の私物も一緒に展示されており、見ることができます。
Uujf7a9oykrznjzjjlk4
引用: https://www.instagram.com/p/BkYT4bGhDNZ/
5月25日はチトーの誕生日であり、彼の70歳の誕生日を記念してベオグラード市からのプレゼントとして建てられた5月25日博物館。一方で、旧博物館では、チトーが世界中から受け取った多数のギフトを見ることができます。中にも日本から贈られたものも見つけることができ、華やかさはありませんが、ユーゴスラビアやチトーの歴史を知ることができ、訪れる価値は十分にあるスポットです。
Nokfpollh7zzylugxwy5
引用: https://www.instagram.com/p/BlLH-4QFL3h/
【NATO空爆ビル】「クネズ・ミロシュ通り(Kneza Milosa Street)」にはコソボ紛争時にNATOの空爆により破壊された当時の建物がそのまま保存されています。他にも1999年に攻撃を受け、破壊された建物がいくつも残されているベオグラード周辺です。多くの人がショックと悲しみで言葉を失うスポットですが、平和の尊さと戦争の残酷さを目の当たりにする瞬間です。現在はほとんど復興され、平和な雰囲気のベオグラードですが、戦争の悲しみを忘れないようにというメッセージを世界に発信し続けています。
旧ユーゴスラビア時代の内戦や紛争により、過去には侵略や破壊、復興を繰り返してきた歴史をもつベオグラード。そんなセルビアの首都ベオグラードの治安状況はどうなっているのか気になるところですね。
Wblpyan4jhj2qibqpcxz
引用: https://www.instagram.com/p/Bt5j3EzhNBW/
現在のセルビアでは、海外旅行をする際の最低限のことを気をつけていれば、安全に観光を楽しむことができる治安になっています。スリや置き引きなど自分の持ち物には常に注意しておきましょう。いかにも高級ブランドのものを身に着けたり、自ら目立つ格好をするのは避けるべきです。バッグは斜めがけにし、ホテルや空港での待ち時間や食事している時、チェックインカウンターでも自分の持ち物から目を離さないようにしましょう。食事の際もむやみにスマホやカメラをテーブルに置くのは控えたほうがいいです。
Jaywbh3ipbmhvzhsttt6
引用: https://www.instagram.com/p/Btt5iVMn80C/
ホテル選びの際は、特にベオグラードではどこも比較的治安面で心配することはありませんが、やはり街の中心部に近い方が人通りもあり、観光客も多いため、よりホテル滞在も安全ではないでしょうか。夜の人気のない道は避けるなど、基本的なことを心がけていれば治安に関しては快適に過ごせることでしょう。
セルビアの首都ベオグラードでおすすめする観光スポットやホテル、現在の治安状況についてまとめてきました。治安問題は海外旅行するにあたり最低限のことを気をつけていれば、比較的安全に観光を楽しむことができる地域と言えると思います。世界遺産や歴史的建造物や街並みが魅力の美しい街です。様々な楽しみ方ができる施設も整っていますので、ぜひベオグラードでの時間をお楽しみください。
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BlFZOu6Hfj0/