Q4wssoorw036liomjypg

香川

CATEGORY | 香川

【2019年最新】直島へ女一人旅!アートを堪能おすすめプラン

2019.02.17

香川県、瀬戸内海に浮かぶ人気の島「直島」。アートの島と呼ばれる直島には数々のアート作品があります。そんな直島は一人旅にはぴったりな場所!女一人旅にぴったりのアートに触れられるおすすめのスポットや、建築物など満喫プランをご紹介いたします。

  1. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン1 「ANDO MUSEUM」
  2. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン2 「地中美術館」
  3. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン3 「角屋」
  4. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン4 「直島パヴィリオン」
  5. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン5 「南寺」
  6. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン6 「はいしゃ」
  7. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン7 「かぼちゃ」
  8. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン8 「きんざ」
  9. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン9 「護王神社」
  10. 【香川】直島へ女一人旅!アート作品に触れられる旅行プラン10 「桜の迷宮」
  11. まとめ
Oanb7eqarqr8koloajzt
引用: https://instagram.com/p/Boa-gAeBAPS/
アートの島と呼ばれる香川県「直島」。直島はアートの島と呼ばれている通り、島のいたるところに数々のアート作品があります。アート作品をいかすために、直島には、標識や看板などがほとんどありません。いくつかのエリアに別れており、それぞれ魅力的なアート作品がたくさんあります。そんな直島は女一人旅にぴったりの場所。直島に行ったら絶対に見たい建築物や触れてみたいアート作品をご紹介いたします。
Qop2qrsh2fc0oq8udtd4
引用: https://instagram.com/p/BrxF8rBD_2P/
直島にある「ANDO MUSEUM」。こちらは有名建築家、安藤忠雄氏の設計による建築物。安藤忠雄氏らしいコンクリートの打ちっぱなしが目を引く建物です。直島の木村地区にある築100年を超える木造民間をリノベーションしたもの。安藤忠雄氏によって新しい命が吹き込まれました。昔のよさはそのまま残しつつ、コンクリートや光を活かした現代風の建物に生まれ変わっています。とても小さな建物ですが、安藤忠雄氏の有名作品として人気があります。
C91sug2atm5ykgjfu9ab
引用: https://instagram.com/p/BrxF0Lljjy0/
館内には、安藤忠雄氏のストアもあり人気があります。安藤忠雄氏に関する書籍や、ミュージアムオリジナルグッズなどが取り揃えられており、お土産にも人気です。
Nwc2gkjhsl8xykfroelz
引用: https://instagram.com/p/Bt3KIZuldrF/
直島にある「地中美術館」。直島のアートに触れるならおすすめの美術館です。地中美術館は、香川県の登録美術館です。たった3人の作家の作品を展示している美術館です。個々の作品をいかすように館内はとても工夫されており、作品を体感できるような空気作りがしてあります。建築も含めての作品になっており、美術館全体でアート作品を楽しめます。そんな地中美術館を作ったのが、安藤忠雄氏。直島に数々のアート作品を残している、安藤忠雄氏の代表作とも言われ、美しい瀬戸内海に浮かぶ島だからこその景観をそこなわないように設計されており、地中に埋設されています。館内は、自然光が降り注ぐ明るい空間で、季節や時間によって光のはいりかたが違ってくるため、館内のアート作品の見えかたも変わってきます。
R5x22zdhyfdtgnc1kzvu
引用: https://instagram.com/p/Bsc3mujAa0C/
館内には有名なアーティスト、「クロード・モネ」が手掛けた斬新なアートや、空間を活かした作品が特徴な「ウォルター・デ・マリア」、光そのものをアートとして展示する「ジェームス・タレル」、この3人の有名アーティスト作品が展示されています。 せっかく美術館にいったなら、ゆっくりカフェでティータイムもおすすめ!!館内にある、「地中カフェ」は、瀬戸内海を一望できる絶景カフェです。一人でも気軽に立ち寄れるカフェです。美術館らしいおしゃれな空間で美味しいコーヒーや紅茶、デザートなどが頂けます。
引用: https://i.pinimg.com/736x/b0/cc/46/b0cc465b68427af6d53506de289d56f9.jpg
家プロジェクトで一番最初に完成した「角屋」。角屋はもともと民家として使われていました。築年数はなんと200年を超える古い建物で、こちらの建物は、直島にすむ人々もプロジェクトに参加し、たぬさんの方の手によって手掛けられた作品です。
Uh0vjnmqlfrinlwmmbix
引用: https://cdn.4travel.jp/img/tcs/t/pict/src/37/22/84/src_37228409.jpg?1423231091
Ddnr4imaesbtgptsqarp
引用: https://instagram.com/p/BtqKDgtH2Xa/
直島、宮浦港にあるランドマーク、「直島パヴィリオン」も有名アート作品のひとつ。宮浦港でひときわ目を引くアート作品で、町制執行60年を記念して作られた作品です。直島諸島は全部で27の島々からなっており、28番目の島ときう意味を込めて作られました。中に入ることができるので、アートに実際に触れられる貴重な作品です。
Sdkhdo1ytsl8bwiczsrp
引用: https://instagram.com/p/Btp7pZdh0IP/
Yu588bkotemvbslojbiv
引用: https://instagram.com/p/BspjzQkH-e6/
直島家プロジェクトの作品でもある「南寺」。こちらは、直島で開催されている直島家プロジェクトの一環で建てられた、安藤忠雄氏の作品です。南寺は、ジェームス・タレルの作品のサイズに合わせて安藤氏が設計をした有名な建物です。ジェームス・タレルは、安藤忠雄氏の設計した地中美術館にも作品がある方です。アメリカカリフォルニア州ロサンゼルス生まれの方で、世界を代表する美術家です。
Wmvow2cx0olm6joyhpky
引用: https://instagram.com/p/BpHeR-dlYmH/
1999年に設計された南寺は、もともとこの土地にお寺があったということからそう呼ばれるようになりました。昔は、南寺の周りにもたくさんの自社仏閣があったそうです。南寺の建物は真っ暗。壁づたいに中へはいっていくと、だんだんと暗闇に目がなれ、少しの光が見えてきます。この暗闇の体験こそが安藤氏の作品の特徴で、ここでしか体験できないアート作品です。南寺はとても人気があるので、整理券が配られます。絶対に入りたいという方は早めに整理券をもらうことをおすすめします!!
Spqxecwcqyiddtmfodj2
引用: https://instagram.com/p/BiWVtNJB7GM/
家プロジェクトのひとつ「はいしゃ」。こちらはもともと歯医者さんとして使われていた建物をアート作品としてアレンジしました。建物のよさは残しつつ、家のいたるところにほどこされた彫刻や絵画は見事です。「舌上夢」というテーマで作られたはいしゃは、どこか異空間にいるような錯覚になれる不思議な場所です。
Rmxlhbwjvjfz3xaovxpm
引用: https://instagram.com/p/BthwC1jAzUD/
Hujcbrsx7gjxqmgxob4r
引用: https://instagram.com/p/Bs9rcfpniUl/
宮浦港にある人気のアート作品、「かぼちゃ」。こちらは直島でも最も有名なアート作品とも言えます。これを目当てに直島に訪れる方も少なくありません。赤いかぼちゃと黄色いかぼちゃがあり、どちらも中に入ることができます。インスタ映えスポットとしても人気です。
R0ndcghsymdtfjq5lzp5
引用: https://instagram.com/p/BsSmmb6AjVX/
Zadt3mjjdcv75npu0qsz
引用: https://instagram.com/p/6T16uGKxZS/
直島家プロジェクトのひとつである「きんざ」。きんざは家プロジェクトのアート作品の中でもとても小さな作品です。もともとは民家として使われていた小さなお家。築年数は百年以上と言われるとても貴重な建物です。昔の古民家の良さをそのまま活かしたアート作品に仕上げており、屋根や柱などはそのまま残し、伝統的な技術をつかいながら、現代的アートに仕上げました。過去と現代の技術が融合した素晴らしいアート作品です。こちらのぎんざは完全予約制の作品ですので、見学の際には、ひとりずつ建物の中に入って見学となります。ゆっくりと観賞できる空間です。
Jlibpc1qmqz44qi2tglw
引用: https://instagram.com/p/BtnLlXglROJ/
観賞料金/500円
Yzrp8ihpw9evdxmrnhyo
引用: https://www.google.com/search?q=%E8%AD%B7%E7%8E%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE+%E7%9B%B4%E5%B3%B6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi6w5Xupb3gAhUO5bwKHYOKAYYQ_AUIDigB&biw=1536&bih=723#imgrc=xqaUj6KPdweGoM:&spf=1550218480587
直島に江戸時代からある有名な神社「護王神社」。こちらの神社の改築にあわせて、家プロジェクトのアート作品として生まれ変わりました。見事な本殿と石室は、ガラスの階段で繋がっており、神社の古き良き歴史をのこしつつ現代的なアートに仕上げた階段です。地下の石室と地上の本殿が繋がりひとつの作品になっています。もちろん神社のよさはそのまま残っており、伊勢神宮などの神社建築の様式はそのままに、現代的にアレンジされた直島らしい神社です。
S5pbmioxdlg5hnp4dxjq
引用: https://www.google.com/search?q=%E8%AD%B7%E7%8E%8B%E7%A5%9E%E7%A4%BE+%E7%9B%B4%E5%B3%B6&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi6w5Xupb3gAhUO5bwKHYOKAYYQ_AUIDigB&biw=1536&bih=723#imgrc=wa2VXZJLg41ENM:&spf=1550218480587
Y3rnfpuprxrs4fbxvc2z
引用: https://instagram.com/p/BSWMkTjD0vH/
安藤忠雄氏の設計で人気のスポット「桜の迷宮」。こちらは2016年に完成した人気スポットです。もともと植えられていた130本の桜の木を活かした自然のアート作品です。まだ植えられたばかりで桜は小さな木ですが、将来的に桜が成長し、満開になれば桜の迷宮になることは間違いなしです。これからの発展が期待できる人気スポットです。
Fwgl90jtnkar1ysrlsnn
引用: https://instagram.com/p/Bg-QKS8AifG/
直島のアート作品巡りはいかがだったでしょうか?女一人旅でも気軽にまわれる有名スポットを中心にご紹介いたしました。こちらを参考に直島の旅を満喫してください♪
サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: http://d2kwcz501vadsp.cloudfront.net/p/news/wp-content/uploads/2015/06/150627_naoshima.jpg