Jczdng0ug9eysje0ej57

チリ

CATEGORY | チリ

【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力

2019.02.17

今年の長期休暇には南米チリのアタカマ砂漠へ行ってみませんか?ここでは「【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力」をまとめます。広大な砂漠や塩湖など、日本では見られない絶景が楽しめますよ。チリ観光の際は是非参考にしてくださいね。

  1. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力①アタカマ砂漠はどこにあるの?
  2. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力②月の谷を歩いてみよう
  3. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力③幻想的なタティオ間欠泉
  4. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力④アタカマ塩湖は想像以上に巨大
  5. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑤野生のフラミンゴを発見
  6. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑥インカ帝国時代の遺跡から見る絶景
  7. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑦夜は世界一の星空に感動
  8. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑧旅の拠点「サン・ペドロ・デ・アタカマ」
  9. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑨高地を旅する際の注意点
  10. 【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力⑩アタカマ砂漠へのアクセス方法
  11. まとめ
引用: https://www.instagram.com/p/Bs_hLPZnBFv/
アタカマ砂漠は南米チリの首都サンディエゴから北へ1,600㎞のところにある巨大な砂漠です。東西の幅は160㎞とそれほどではありませんが、南北にはおよそ1,000㎞の広がりがあります。山に囲まれているため、海からの湿気が全て遮断されている超乾燥地帯です。
引用: https://www.instagram.com/p/BtcSUHvA8QH/
そのため降水量が極端に少なく、砂漠のなかでも最も乾燥している砂漠と言われています。そうした過酷な環境のため、過去には東西交易の拠点であったにも関わらず「死の道」と呼ばれていました。現在ではアタカマ砂漠ツアーが組まれるなど、チリの大人気の観光スポットとして大勢の観光客に親しまれています。
引用: https://www.instagram.com/p/BsNUgdagymg/
アタカマ砂漠を観光するなら是非月の谷を歩いてみましょう。月の谷はアタカマ砂漠で最も大きな見どころ。月の谷という名前のゆえんは砂漠の表面がまるで月面のようだから。たしかに砂漠の世界は、これまで経験してきたのとはかなり異なる世界です。表面にできている穴のようなものがクレーターに似てなくもありません。
引用: https://www.instagram.com/p/BtZwKZ9A1ce/
月の谷はデコボコの地面と砂漠地帯に大きく分けられます。デコボコ地面を歩いている時は、地面をよく見てみましょう。何やら白い結晶が見えますが、これはなんと塩。その昔、月の谷は海だったため固まった海水がまだ残っているそうです。また月の谷にはチリの富士山と呼ばれるリカンカブール山が見える絶景ポイントもあります。見逃さないよう気をつけてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BtdoZi7nuTm/
アタカマ砂漠を観光するなら、同じアタカマ高地にあるタティオ間欠泉へも行ってみましょう。タティオ間欠泉は標高約4,500mのところに湧き出る天然湧水。ここを観光するのは日の出の頃がベストタイムです。マイナスを下回る気温の中、高温の間欠泉が吹き上がると真っ白い湯気がモウモウと立ち上ります。
引用: https://www.instagram.com/p/Bp4KCZKlc6L/
そこに昇ったばかりの朝陽が差し込むさまは、なかなか見事な景観。白い湯気がとても幻想的ですよ。なお間欠泉は1つではなく、あちこちに吹き上がっていますので観光の際は足元に気を付けましょう。また間欠泉を覗き込むのも危険なので、やめましょうね。
引用: https://www.instagram.com/p/BHSG0n0A0S2/
アタカマ塩湖はアタカマ砂漠に並ぶ大人気観光スポット。アタカマ塩湖はアタカマ砂漠の中央部にある湖で、チリ最大の塩原となっています。世界ではボリビアのウユニ塩湖に次いで2番目に大きい塩湖です。想像以上に巨大なのできっと驚くのではないでしょうか?
引用: https://www.instagram.com/p/Bba7Fd3nBR1/
ごつごつとした茶色の岩塩が湖面のほとんどを覆っていますが、見どころは水が張っている部分の美しさ。空の色や雲、山が鏡のような湖面に映る様は、絶景と言っても過言ではありません。なおこの地域は野生動物の生息地でもありますので、動物たちを驚かさぬよう落ち着いて観光しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BN0V3fejjNZ/
アタカマ塩湖では、野生のフラミンゴを見ることができます。アタカマ塩湖の中にはチャクサという湖があり、フラミンゴが集まる場所として有名です。そのため、この地域はロス・フラメンコ国立保護区に属しています。
引用: https://www.instagram.com/p/BheEa4ngL11/
フラミンゴの種類は世界で6つあるそうですが、チャクサ湖で見られるのはアンデ・フラミンゴ、チリ・フラミンゴ、ジェームス・フラミンゴの3種類。フラミンゴが湖に立っていると、鏡のような青い湖面にピンク色の姿が映ります。その美しい景色は絶景といえるほど美しいもの。感動して言葉を失うかもしれません。
引用: https://www.instagram.com/p/BiD3ARCnN1r/
アタカマには他にも観光スポットがいろいろあります。その1つがプカラ遺跡です。プカラ遺跡は1200年頃のプレ・インカ時代につくられた居住遺跡とされています。当時は要塞として用いられていたようです。プカラ遺跡に行くなら、遺跡の頂上から見える景色を堪能しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BfMVaXGDZVI/
アタカマの街並みや、その周囲にある山脈が一望できますよ。遺跡の周囲には野生動物も住んでおり、運が良ければ野ウサギを見ることができるでしょう。プカラ遺跡からの絶景を是非楽しんでくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt7CIh2BARK/
アタカマに宿泊するなら、必ず夜空を見上げましょう。実はアタカマは、世界で最も美しい星空が見られる場所として有名なのです。その景色は絶景中の絶景。美しい星空が見られる条件はいくつかあります。第1に星の光を邪魔する光が周囲にないこと、第2に標高が高いことです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt1SmIUgOQi/
アタカマはその条件を満たしているため、とても美しい星空が見られるのでしょう。さらにアタカマ砂漠でなら、もっと美しい絶景が見られるとのこと。もしアタカマ砂漠の星空ツアーがあれば是非参加したいですよね。ネットではそうしたツアーの情報があまり出てきませんので、現地のツアー会社に問い合わせてみるとよいでしょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Btjg_Z7lNr_/
アタカマ砂漠やアタカマ塩湖を観光するなら、旅の拠点はサン・ペドロ・デ・アタカマに置きましょう。サン・ペドロ・デ・アタカマはボリビアにほど近く、チリでは最も歴史の古い街なのだとか。街の標高は約2,400m。チリからボリビアのウユニ塩湖へ抜ける陸路ルートの入口にもあたりますので、いつも多くの観光客で賑わっています。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt6HZhJAkoF/
ホテルなどの宿泊施設をはじめとして商店や飲食店、バーなどがある綺麗な街です。旅の拠点にするにはおすすめですよ。またサン・ペドロ・デ・アタカマにも博物館や教会などの観光スポットがありますので、是非行ってみましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/BOBt38HFzPU/
アタカマは標高がかなり高い地域。サン・ペドロ・デ・アタカマで約2,400mの高さがありますし、タティオ間欠泉に至っては標高4,000mを超える高地にあります。そうなると気をつけたいのが高山病。自分は大丈夫と思っていても、その時々の体調によっては高山病になる恐れがあります。念のため日本から高山病の薬を持参するのが良いでしょう。また高地ではゆっくりと動くように心掛けてください。具合が悪くなったら、我慢せず現地の医療機関に相談しましょう。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt3Jodkl48b/
さらに高地では標高が上がれば上がるほど気温が下がりますから、防寒着を用意していった方が良いでしょう。なかでもウインドブレーカーは軽くて持ち運びに便利ですのでおすすめです。あるいはヒートテックなどをあらかじめ身につけて防寒しておくのも効果的。せっかくの旅行ですので、体調管理はしっかりしましょうね。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt7pkVlB9QG/
最後に日本からアタカマ砂漠までのアクセス方法についてご紹介します。まず日本からチリの首都サンティアゴにあるアルトゥーロ・メリノ・ベニテス国際空港まで飛行機に乗り、さらにそこからカラマにあるエル・ロア空港へ向かいます。カラマからはバスでサン・ペドロ・デ・アタカマへ。アタカマまでは長距離バスが毎日3~6便出ています。乗車時間は1時間半ほどです。
引用: https://www.instagram.com/p/Bt7isijlsou/
その他、サンティアゴから飛行機を使わず長距離バスで直接アタカマへアクセスすることも可能です。乗車時間は約20時間とかなり長いですが、毎日6便ほど運行されています。料金は乗車日や曜日、時間、混雑具合によって異なるとのこと。チケット購入の際、最安値になる乗車日や時間を尋ねると良いでしょう。バスですので飛行機で行くよりも時間はかかりますが、その分料金は安く済ませることができます。旅の予算やスケジュールに合わせて検討してみてくださいね。
引用: https://www.instagram.com/p/BaEIydOhp1u/
ここでは「【2019年版】フラミンゴに感動!南米アタカマ砂漠と塩湖の魅力」をまとめましたが、いかがでしたか?砂漠や塩湖などチリのアタカマにはとても魅力的な観光スポットあるのがわかりましたね。野生のフラミンゴも是非見てみたいでしょう。日本からは少し遠いですが行って損はありませんよ。アタカマの大自然を楽しんできてくださいね。